スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

広告において影響力と説得力は正義である、広告モラルを考える

      2016/10/12

広告において影響力と説得力は正義である、広告モラルを考える
今回のテーマは、

広告において影響力と説得力は
正義である、広告モラルを考える

について紹介します。

これからコピーライティングを
学んで行けば、

あなたは人を動かせるようになるでしょう。

ここで、

広告において「影響力」と
「説得力」は正義であると心得ましょう。

広告とモラルについて
考えすぎる人が多いです。

人に影響力を与える…
説得して説き伏せる…

こう聞くとビビってしまう人が多く、
なにやら良くないイメージを
持つ人も多いです。

、、がそれは誤解です。

広告を作るコピーライターにとって
影響力を与える事は重要なのです。

ここであなたに質問です。

あなたのビジネスを今後
ますます成長させていくために

世界有数のコピーライターが密かに活用する、

広告心理に関する秘密のテクニックや原則を
あなたは知りたいと思うでしょうか?

もし、答えがYESならば、

これからのあなたの見の前には、

全くの新しい世界が開かれる事を
お約束しましょう。

説得の技術をマスターしたエキスパートによる
秘密をあなたも使う事ができるからです。

彼らは、人間の心の深い部分にある
欲求を引き出して、

財布の口を開きお金を使わす方法を熟知しています。

そして、その方法の全てを
これから公開して行きます。

スポンサーリンク

大衆煽動は良い事?悪い事?

前回紹介したように

心理学トリックを駆使する…

などと聞くと「モラル的にちょっと」
と尻込みする人もいます。

ここでちょっと以下の
単語を読んでみて欲しいのですが、、

「説得」「影響力」

・・・

そしてもし、この二つの単語にあなたが
「恐れ」「不安」の感情を抱いたならば、

これからこのサイトを読み進めることは
止めておいた方が良いでしょう。

無難なサラリーマンや公務員にでもなり、
安定した暮らしをすると良いでしょう。

それで困る事もなければ
非難される事もありません。

、、が、

ビジネスでの成功を手に入れ
豊かな暮らしをする事も同時にほぼ
不可能と思っておいた方が言いでしょう。

別に冗談で言っているわけではありません。

(実は、既にあるテクニックをこの文章中で
利用しています。詳しくは今後シェアして行きます)

でも、多くの人がこの二つの
単語を見て思い浮かべるのは

お金もないし、疑う事も知らない
大衆の弱みに付け込み

大衆煽動しマインドコントロールし
悪人のようにカネを稼ぐ悪巧みが浮かぶ

…事でしょう。

しかし、あなたも私も、

既に毎日のように
こういったテクニックの影響を、
意識的にも無意識的にも受けているのです。

だからこそ、良い商品、サービスを広告する為に
このテクニックを使うならば、

それはまったくに合法的で、
倫理的で、道徳的なのです。

広告モラルは商品によって変わります。

だからこそ自分が自信を持って
勧める商品を売ってください。

そしてそれを売るための広告戦略は
いっさいの躊躇をなくして欲しいのです。

セールスマンの目的は仲良くなる事?

一つ質問です、

もし仮にあなたが車の販売店に入ったなら、、

そこには必ず車のセールスマンがいますね。

彼らの目的は何だと思いますか?

あなたは車のセールスマンと
他愛のない世間話をするだけ…

と考えていますか?

お茶を飲みながら楽しく会話して終わり…

・・・

絶対に違うはずですね。

車をあなたに売りたいのです。

そして熟練のセールスマンほど、

心理的駆け引きを使う
コミュニケーションの達人です。

あなたを「冷やかし客」から「買い手」に
持って行くのが営業マンの目標なのです。

あなたが無駄話をしながら、

美しく塗装されたスポーツカーのフォルムを見て、
皮張りの高級感あふれるシートの匂いを嗅いで、
550馬力の強力なエンジンを積んだ車が欲しい…

そう思っている瞬間から、

その親切だったセールスマンは、

まるで本を読むように、
あなたの心を読み取っています。

好むと好まないにかかわらず、

彼はあなたをうまく引っ張りながら、

心地いいほど説得力ある
ステップを踏んで行くのです。

あなたの反応一つ一つに合わせて、
素早く、途切れることなく、コントロールしながら

セールスまでのステップを経て行くのです。

当の本人はそんな事に気づきもしないまま…

そして、広告の目的も同じです。

「広告とは紙の上のセールスマン」

という言葉がありますが、

セールスが仕事であり目的なのです。

モラルを気にする人は
この辺りの信念がぶれています。

広告には「影響力」と「説得力」が必要

セールスマンの目的は
あなたと友達になる事ではありません。

楽しませて楽しく
おしゃべりすることでもありません。

あなたのお金をポケットから出して
自分のポケットに入れる事

それが目的なのです。

冷静に考えて下さい。

セールスとは本来そういうものです。

もちろん、その買いものに
あなたが満足している事は前提ですが…

インチキなツボやアリもしない金融商品を
売りつける事は詐欺であり、犯罪です。

しかしお客様が欲しいものを
しっかりセールスのがセールスマンの
唯一無二の目的なのです。

そして、広告の目的も同じです。

広告を読んでもらい、

クスッと笑って
楽しませることではなく、

多額の現金を払って商品を買ってもらうよう
毎日消費者を説き伏せることが目的です。

影響力を与える必要があるのです。

でも大半の消費者はそこに気づいてません。

しかし、その広告の裏にある
膨大なリサーチと研究され尽くされた
テクニックを…

テレビでも新聞でもラジオでも、

コマーシャルは
ただの言葉の寄せ集めではありません。

視聴者を冷やかし客から買い手に移すための
綿密に組み合わせたエレガントな
コミュニケーションなのです。

我々は消費者でありながら、
マーケッターです。

常に広告において「影響力」と「説得力」
は正義であると心得る必要があるのです。

最後に広告の神と呼ばれた男の
名言を紹介して今回は終わりましょう。

「広告が邪悪になるとき、
それは邪悪なものを広告してるときだけだ」

デイビッド・オグルヴィ(伝説のコピーライター)

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意