スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

広告における唯一の目的とは?コピーライティングの本質

      2016/10/12

広告における唯一の目的とは?コピーライティングの本質
今回のテーマは、

広告における唯一の目的とは?
コピーライティングの本質

について紹介します。

先日待ちを歩いていると

「世界のユニークCM特集」

というようなイベントに遭遇しました。

世界中の宣伝広告から

奇抜なアイデアだったり、
面白いCM、美しいコマーシャルなどを

ピックアップして紹介し、

どれが一番良かったかを
採点するようなイベントでした。

確かにみな笑ったり、感動したり
楽しんでいたのですが、

何だか違和感を感じました。

マーケティングの本質と
かけ離れていると感じたのです。

これからコピーライティングの
本質を紹介して行き、

効果的な広告を作る
秘訣を紹介して行くつもりですが、

ここで一つ質問です。

広告における
唯一の目的とはなんでしょう?

・・・
・・

========
結論
========

広告の目的は

人に行動させること

・・・

前回、ゴミのような広告に溢れている現状を
お話ししたのですが、それはこの結論を忘れている
人が多すぎるからです。

「詳細を問い合わせて欲しい」
「ペイパルを使って現金をさっさとよこせ!」
「今すぐクレジット番号を入力してくれ」

…など、あなたが消費者に何を求めていようが、

読み手が「行動」してこそ、
広告の元が取れるのです。

広告はジャーナリズムではありません。

なにかニュースが起きたことを
伝えるのはジャーナリストの仕事であって

大衆に情報が正確に伝わっているか。
大衆が多少なりにでもそれで楽しんでいるのか。

が、彼らにとっては重要なのです。

でも、コピーライターの仕事、
広告を書くのなら、

ただ読んでもらうだけでは十分ではないのです。

「あー、、キレイで素晴らしい広告だな…」

と感心されて、読んでもらって、その後すぐ
ゴミ箱のミカンの皮の上に捨てられてはいけないのです。

「人々に感動と情熱を与える…」

絶対にダメです!!…

あなたの仕事は、人々に今すぐ行動して
注文をしてきてもらう必要があるのです。

あるいは、注文させるよう仕向ける情報を
求めてきてもらう必要があるのです。

ここがコピーライティングの本質です。

行動をとってもらう目的を忘れ
一切の広告を出しては行けません。

お互い時間もないので
ダイレクトに行きましょう。

きれいごとは抜きにしましょう。

スポンサーリンク

ビジネスマンが広告を出す目的

私たちが広告を出す理由…

それはただ一つ、

お金儲けのため

だけです。

現代に蔓延る(はびこる)広告はなぜこんなにも
お粗末なものが多いのでしょうか?

それは広告に関わる人間が、

どうすれば人に買ってもれえるか?
を全然分かってないからです。

購買心理を理解していないのです。

彼らは何か洗練された気のきいた事を
言いたがる傾向にあります。

コマーシャルフェステバルで
一位をとるのが目的ではないはずです。

周りにちやほやされるような
こぎれいな言い回しを考えているだけです。

多くの広告代理人など自称プロの人たちは

クリエイティビティを気にして
何か芸術作品を作るよう広告をつくり、

クライアントの為にお金を費やそうとします。

大半の広告主も広告代理店も、

興味を掻き立て、財布を開かせ、
お金を払いたい!と思わせる方法を
分かってないのです。

本質がブレていっています。

私はそんな広告界に風穴を空ける為
このコンテンツを作っています。

逆に、購買心理を理解して
コピーを書き始めたならば、、、

あなたのビジネスは盤石なものになります。

あなたの広告を読んだお客様が
急いで行動を起こし、

たくさんの現金を喜んで
払ってくれるようになるのです。

安心して楽しんでこれからの
コンテンツを楽しんで行って下さい。

そして広告の目的を
もう一度再認識してください。

禅マスターが教える広告の極意

こんな話を最近聞きました。。

あるアメリカ人の記者が、

チベットに行って年老いた
禅宗の僧侶にインタビューをしたそうです。

二人はまず落ち着いてお茶でも飲もうと
席に座ったのですが、

その記者は僧侶にしゃべらせもせず、

自分の人生で自分が知っている事を
自慢げに語り始めたのです。

記者がワーワーとしゃべりまくしたてる間、
僧侶は湯呑にお茶を注ぎ続けました。

でも、記者はおしゃべりを止めなかったので、

お茶は湯呑のふちから溢れだし、
床にこぼれて行きました。

そしてようやく驚いた記者は
しゃべるのを止めてこう言ったのです。

記者:
「何やってるんですか?
もうそれ以上は入りめせんよ…

お茶はすでに湯呑から溢れてます。」

僧侶:
「そうだね…」

「でもこの湯呑もあなたの頭も同じだよ、

たくさんの事が頭に詰まり過ぎていて
新しいことが入ってくる余裕がないんだよ。

まずは頭をからっぽにすること
そして新しい事を学べるようにしなくてはね…」

そうです。

これからこのサイトから学んでいくあなたも、

新しい考えと言うものに
寛大になって欲しいのです。

オープンマインドになって
新鮮な気持ちで吸収して欲しいです。

コピーライティングの本質を学び、
実践して行くためには、

まず柔軟な頭を持ってください。

これまで様々な広告に関する
勉強をしてきたでしょうし、

マーケティングテクニックを
学んできたでしょう。

そんなあなたにも恐らく
新しい発見があると思います。

でも、、

私の言葉を信じてはいけません。

これからこのサイトでシェアする言葉を
信じてはいけないし、

信じないのもいけません。

私がこれから言う事全ては
最高であり、正しくて、正解だ

なんて思ってほしくはないのです。

ビジネスに置ける唯一の正解は、

「結果」だけなのですから。

アイデアも実行しなければ
ゴミ以下の価値で終わります。

実際に行動に移す事が成功への道

そして、このサイトの情報を読み

「ああ、、そうなんだ
コピーライターってすごいんだな」

と言って、結局、

ポテチを食べながら、
くだらないクイズ番組を見る
生活に戻って欲しくはないのです。

実際に広告にテクニックを
取り入れてほしいのです。

広告を作りそれを出し、

そして見込み客を行動させ、
あなたの売る商品を売ってほしいのです。

そして収入を上げてお金持ちに
なってほしいのです。

広告の目的に沿って
人を行動させるテクニックを
使って欲しいのです。

ただノウハウを読み信じるだけでは、
あなたの懐に一円たりとも入ってきはしません。

ただ信じただけで、
オイシイ食べ物が食卓に並ぶことはないし
キレイなスーツを身にまとえないし
新しい車を買う事もできません。

私はあなたに体験して欲しいのです。

これから私が話していく
広告テクニックを使って出す成果を。

そして、あなたの
ビジネスが成長し、預金が増え続け

あなたの商品の為に、
現金を支払い、銀行に振込み、

クレジットカードで支払い、
ペイパルの口座を増やしていってくれる
人々の数が増えて行く…

ビジネスで最もワクワクする瞬間です。

このゾクゾクするような
スリルな体験をして欲しいのです。

そのためにどうするか?

それは広告の目的を決して忘れず、

これからこのサイトで紹介して行く
心理原則を実行に移していくのです。

ひとつでも何かピンと
来るものがあれば、

それをあなたのビジネスに
応用して欲しいのです。

あなたが何を売って行こうとも、

このサイトで紹介する方法は
必ず成功をサポートして行くものになるでしょう。

コピーライティングの本質に沿った
様々なテクニックを紹介して行きます。

そして、あなたがこのサイトを
役に立ったと思ってくれた日がやってきたとき

私もまた成功をおさめた事になるでしょう。

それでは最後に、

お互いの成功のために伝説の
コピーライターの言葉で締めくくりましょう。

「広告の99%はたいしてモノを売っていない」

By デイビッド・オグルヴィ
伝説のコピーライター

広告で物を売り、お金を稼いでいきましょう。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意