スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

集中力が高い人、集中力の低い人の特徴、集中力を発揮させる秘訣

      2017/08/02

集中力が高い人、集中力の低い人の特徴、集中力を発揮させる秘訣
今回のテーマは、

集中力が高い人、集中力の低い人の
特徴、集中力を発揮させる秘訣

について紹介します。

脳には大きな可能性がありますが、

それを使いこなせるかどうかは
本人次第とも言えます。

これまで伝えてきた通り、

人生を豊かにする偉大な力が
フォーカスの力、集中力ですが、

集中力が高い人、低い人の特徴は
どういう違いがあるのでしょう。

ここで一言で集中力といっても、
色々な捉え方があります。

集中力を発揮する際に、

「集中力とは何か」

をしっかりとイメージして取り込むのと
そうでないのとでは、

その効果に大きな差が出てきます。

集中力とは何か、

とイメージできれば
あなたの集中力は格段に高まります。

ここで私が考える集中力と言うのは、

「このような自分になりたい」
「こういうことを実現したい」
「この仕事を立派に仕上げたい」

と言った目的を実現する為に、

自分の能力を、
時、場所、状況に応じて

適切に配分し集中させる力を言います。

そして人間力、運気の器を高めるのに
最も重要な力も集中力だと考えています。

ここで集中力が高い人、低い人の
特徴を観察する事は、

今後自分が集中力を発揮させる
上で参考になるでしょう。

集中力が低い人の特徴

集中力が低い人の特徴として
ある女性の例を紹介します。

熱心に仕事をしていたある女性は、
その能力と実績を買われて

責任のあるポストに昇進しました。

この女性は一見、
集中力が高そうに見えます。

自分の能力を適切に配分し
熱心に仕事をしていると
思われましたが、

彼女は新しいポストに
ついて数日すると、

旅行に行く話ばかりを
するようになったのです。

昇進で安心した彼女の頭は、
旅行に出かけることで
一杯になったのです。

それから一カ月後の
彼女は解雇されました。

その理由は
「ポストに不適格」と言う事でした。

気に緩みが不注意につながり
不運を招いたのです。

二つのものを同じ場所に
置くことができないように、

遊ぶことを考えながら
仕事に集中することはできないのです。

ある意味成功の罠とも言えますが、

慢心すれば集中力が低下し、
成果も下がると言う罠です。

ここで、

「遊びや楽しみを考えずに仕事をしろ」

と言っているのではありません。

「仕事をする時には仕事に集中しろ」

と言う事なのです。

仕事をしながら
個人的な楽しみに心を奪われていたら、

気持ちが散漫になり
不注意になるのは当たり前です。

これが集中力が低い人の特徴です。

集中力が高い人の特徴

働くときは思い切り働き、
遊ぶ時は思いっきり遊ぶ、

これが私の信条です。

そして成功できる集中力の
高い人の特徴でもあります。

娯楽に身をゆだねるならば、

娯楽以外のものを頭から追い出すことで
集中力は高まります。

愛について考えるときは
愛の事だけを考えれば、

これまでにないくらいの濃密な愛を
育てることができるのです。

メリハリをつける事が
集中力を発揮させる秘訣です。

現代人は何をしている時も
いくつもの考えが頭をよぎっていることが
多いような傾向があります。

「家族と遊びながら、
仕事のプロジェクトを考え、

過去の出来事に後悔しながら、
未来の妄想を頭によぎらせ、

別の友人との遊びを計画している…」

思考がフォーカスされていないのです。

それではすべての行動が散漫になり、
すべてが中途半端になります。

心を真の自分とその輝かしい
可能性に集中すれば、

集中力が高まるとともに
自分の対する評価も高まります。

「やるべき時にやるべき事をする」

これは些細なことなのですが、
集中力を高める上でとても
大切な秘訣なのです。

やるべき事に集中して取り組むのです。

いい加減な仕事をして平気でいられるのは、
意志の弱い、集中力が低い証拠です。

心を強くするならば、
小さな仕事でも質の高い働きをしましょう。

集中力も習慣、集中力を発揮させる秘訣

「人間は習慣の動物」

と言われるように集中力も習慣です。

必要に応じて集中できる
ように習慣化することで、

集中力を高めていくことができるのです。

「やるべき時にやるべき事をする」

これをシステム的に行えば、

大きなパワーを養う事ができます。

習慣は人間にとって大切です。

毎日の行動の積み重ねが
あなたの人生を作るのです。

日々の行為全てに集中しないといけません。

目の前のことに集中しないで
システムは完成しません。

毎朝決まった時間に出勤するなら
あなたは安定した習慣を身に付け
システム的に行動しています。

しかし、ある朝は定刻に出勤、
次の日は遅刻し、また次の日は遅刻、
そしてまた定刻に出勤など、

と言う習慣になっている人は
集中力が低い人です。

仕事でもあれこれと手を出して
入れは何も手につきません。

とはいえ、最初から達人に
なれるわけでもありません。

意識して集中することを
あきらめないで、繰り返し繰り返し、
コツコツと続けていくことです。

コツコツが何事も秘訣なのです。

集中を高めれば人生は好転する

まず集中力を高める第一歩として

ご飯を食べる時も
本を読む時も、
人と話している時も
メールを打つ時も

ひとつの事だけに集中する

と言う癖を付ける事です。

ながら食べややながら読み
マルチタスクをすべてやめると言う事です。

一つの事だけをやる
シングルタスクを心がけてみましょう。

この心がけだけでも
集中力がぐんと発揮されるはずです。

目的を実現して、

仕事でも人生でも大きな成果を得るには、

自分の持っている能力を
最大限に生かすような、

集中力の高い人になる必要があります。

最初は集中が低くても心配はいりません。

誰でも始めはそうです。

大切なのはそこで諦めない事です。

コツコツと続けて習慣化することによって
集中力は付いてくるのです。

集中力も習慣だと捉えて、
諦めずに、集中することを意識し続ければ、

自分の集中力が高まってきたと、
手ごたえを実感するときが必ず訪れます。

ある考えを心に定め、
一定の間隔でその状態を保つたび、

あなたは集中力を養っているのです。

何か選んだ対象に気持ちを向け続けると

カメラのレンズが風景に焦点を合わせるように、
あなたの注意が一点に集められます。

なので、何であろうとも自分のしている行動に
気持ちをとどめておく事は大切です。

自分自身に注意深く目を向けましょう。

そうしないといつまでも集中力は低いまま
進歩はとても遅いものになってしまいます。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則