スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

セールスマン、マーケティングのプロはお客様に行動を促せる人

      2016/10/11

セールスマン、マーケティングのプロはお客様に行動を促せる人
今回のテーマは、

セールスマン、マーケティングの
プロはお客様に行動を促せる人

について紹介します。

前回マーケティングの最大のミスは、
つまらない事、面白くない事、

だと言いました。

例えばニュース番組で以下の
ようなニュースを流したらどうでしょう。

「今日も平穏で静かな一日です。

公園ではおじいさんとおばあさんが
仲良く手をつないで歩いていました」

…素晴らしいです、平和で
ポジティブな出来事です。

が、誰一人そんなニュースに
関心を持ちません。

視聴率はゼロとなり、
テレビ局は潰れてしまいます。

だからもっと刺激的な、

殺人事件、汚職事件、
政治家の派閥闘争、
海外のスターの動向

を求めるのです。

これが人間の心理なのです。

セールスやマーケティングなど
小難しく考える人が多いです。

○○理論や○○の法則など

もちろん役には立つでしょうが、

本質からブレてはいけません。

そうです。

セールスマン、マーケティングの
プロは行動を促せる人なのです。

「いいね」と思われる事や
「感動しました」と褒められる事でもなく、

見込み客、お客様を
行動レベルまで促すことの
できる人なのです。

そしてその行動は

「購入」まで導かねばなりません。

実際に、広告、マーケティングで
やられているメッセージのほとんどは

「押し」が足りません。。

何らかしらの行動を起こして
もらう所まで辿りつかないのです。

「この新車、カッコいいでしょ」

で終わってしまい、

「この週末ぜひショールームへ
お越しください。

試運転して頂けるだけで
ミネラルウォーター1ダース
プレゼントします。」

と言う所まで至らないのです。

そして試乗した後に
お客様の感情が一番ホットな
場面でクロージングをかけられる

そんなセールスマンが少ないです。

そして、車を買ったらさらに一押しし、
カーナビに保険に高級シートなど
オプションを付け加えて

購入させてもらう。

そこまで考えている
マーケッターが少ないのです。

スポンサーリンク

プロのセールスマン、マーケティングの心得

「新しいシャンプー、新発売」

で終わらせないで、

今すぐ、フリーダイヤルに
お電話下さい。

無料サンプルと500円分の
割引券を今すぐお送りします。

そこまで言わないとダメです。

そしてその無料サンプルを使えば
その後製品を買ってもらうように
誘導しなければ行けません。

ここで

マーケティングの極意

「毎回、常に、行動してもらうように頼む」

ここが肝心です

アメリカで有名なセールスマン
ジグ・ジグラーさんが

興味深い事を言っていました。

「プロのセールスマンと

訪問をただ繰り返すだけの
セールスマンとの差は、

『注文してくれ』

と言えるかどうかの違いだけです。

および腰のセールスマンは
これが言えない・・・」

・・・

確かにそうですよね。

残念ながら日本でも、

「セールスマン、営業職」

というのは進んでやりたがる
人が少ないのが現状です。

しかしビジネスで最も大切なのは

お客様の財布から現金が動く、

その瞬間のはずです。

一流のセールスマン、マーケッターの特徴

一流のセールスマンほど、
行動を起こしてもらうようお願い
することをためらいません。

いくらかっこ付けて
机上の空論を振りかざしても、

クロージングをしなければ
一円のお金も生み出さないのです。

お客様は欲しがっているのです。

買い物が嫌いな訳ではありません。

ただ、人間は怠惰で
動く事を嫌います。

だからこそプロはお客様に
何とか動いて行動してもらうために
知恵を絞る必要があるのです。

しかしたいていのセールスマンは

それ以外の面が有能でも、

遠慮して控えめになったり
変に意識してしまってたどたどしく
なったりしてしまうものです。

マーケターは広告で
どうしてもキレイ事に
終始してしまいます。

しかしこれではプロとは言えません。

マーケティングの勉強をすれば、
多くの事が学べるでしょう。

しかし、このクロージングの
部分を避けてビジネスは
回る事はないのです。

天才的な知識を持った人も、

クロージングのできる素人に
完敗するのがこの世界です。

セールスをしないセールスマン

ある住宅販売の会社に頼まれて

その販売地に1週間ほど
回った時の事です。

私は、見込み客のふりをして
セールスマンの力量をテストするよう
試してみたのです。

ほぼ例外なく、

どの営業マンも、
うまく信頼関係を築き、

丁寧で愛想が良く
テキパキと質問に答え、

親切に担当地区の住宅を
見せてくれたりと、

完璧な仕事をこなしていました。

しかし、、

私に「買ってくれ」と言った

セールスマンは誰もいませんでした。

一方でバカンスで東南アジアの
某国に行った時の事です。

ふらっと立ち寄ったお店で
これでもかとセールスをかけられました。

欲しくも必要でもなかったのですが、
その押しの強さに負け購入しました。

丁寧な事は素晴らしです。
親切な事も素晴らしいです。

しかしセールスマンの仕事は
商品を売ることです。

買ってもらえなければその
存在価値などないのですから。

プロはお客様に行動を促せる人

ある日の事、

4人の整体師が共同で

あるイベントで開催されていた
健康フェアに専門家として
ブースを出しました。

目論見はもちろんお客さんを
増やしたいがため、、

しかし、結局彼らは新しいお客さんを
一人も獲得できないまま
終わってしまいました。

何故でしょう?

あなたの身体をチェックする為に
ぜひ予約して下さい

と誰にも言わなかったからです。

笑顔で挨拶をし、チラシを配り
背骨がねじれていないか確かめ、

血圧を測り、アンケートに答えて
もらっておきながらも、、

一度も行動してくれ
と言わなかったからです。

身近なセールスの機会に
触れてみましょう。

広告を見てみましょう。

どれだけ多くの企業が、

具体的な行動を促すまでに
至っていないかが分かるはずです。

カッコいい写真はいいですが、
肝心の地図が小さかったり、
電話番号が見にくかったり、

最終的にお客様に
どんな行動をとって欲しいか、

そこを考えながら、

お客様に行動を促せる人になりましょう。

それこそがセールスマン、
マーケティングのプロなのですから。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意