スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

トム・モナハンに学ぶドミノピザのマーケティング強力なUSP

      2016/10/11

トム・モナハンに学ぶドミノピザのマーケティング強力なUSP
今回のテーマは、

トム・モナハンに学ぶドミノピザ
のマーケティング強力なUSP

について紹介します。

たった一言「ぼそっ」とつぶやいた言葉が
数千億円ものお金に換わると聞くと

あなたはどう感じますか?

3秒に満たない一言を
何の変哲もないビジネスに
付け加えただけで、

宝くじに何百回あたっても
到達できない売り上げを上げた、

マーケティング業界では
一つの伝説のキャンペーンがあります。

一人の男、トム・モナハンが活用した
「圧倒的なマーケティング」

全く無名だったピザ・チェーンを
世界的大企業「ドミノ・ピザ」にまで
押し上げた秘密は、

効果的なUSPの力なのです。

USPを上手く使い成功した例として
ドミノピザの事例が有名です。

「30分以内に届けれなかったら無料」

この一言のUSPのおかげで、
ピザーチェーンのトップに上り詰めました。

彼のビジネスへの取り組みは
今でも私たちのビジネスに
数多く応用できる話があります。

彼のマーケティングの秘訣を
学んでいきましょう。

スポンサーリンク

ある業界に革命をもたらしたUSPの力

私たちにとっても
とても身近な食べ物の一つが

「ピザ」

ですが、

街には必ずピザ屋があり、
誰でもピザンのデリバリーに
一度や二度はお世話になっているでしょう。

特にアメリカ人はピザが大好きです。

ソファーで座りながら
ピザを食べながらビールを飲んで
アメフトを見るのが至福の幸せ…

という興味深い文化が彼らにはあるのですが、

ちなみにアメリカでは、

電話帳、タウンページを開けば、

「ピザ屋」というのは
一つの項目の一つとして並んでいます。

よく考えればこれは凄い事です。

普通レストランであれば、

中華でも、ハンバーガーでも、
シーフードでも焼き肉でも、

「飲食店」当項目に並ぶものですが、

ピザ屋は「ピザ」の項目が
独立してあるのです。

本来であればピザはイタリア料理の中の
一つの調理法に過ぎません。

パスタもカルパッチョもラザニアも
どれもおいしい食べ物と思うのですが、

アメリカ文化の中で
たったひとつの食べ物「ピザ」だけが

一つのカテゴリーとして確立し、
アメリカでは完全に生活に浸透し、

それは世界にも広がっています。

…そしてここからが大切なのですが、

そんな食文化をたった一人の
男が作り上げたとすれば…

しかもその男は大企業にいた訳でも
大きな資産を持っている男でもなかったのです。

そうです。

それがトム・モナハン

たったひとつのマーケティングキャンペーンで、
世界に新しい食文化を作ってしまったのです。

ドミノピザ成功の秘密

トム・モナハンは

1960年にミシガン州の
インプシランティという街の

「ドミニク」と言う小さな店を
買い取りました。

何の変哲もない普通のピザ屋です。

店舗をフランチャイズ展開で
増やそうとしたモナハンに

前のオーナーは「ドミニク」
と言う名前を使う事を許さず、

「ならば「ドミノ」で良いんじゃないか?」

と言う安易な一人の従業員の提案に乗り、
ドミノピザはスタートしたそうです。

そしてモナハンが最初に
店を始めた頃に、

前オーナーがやってくれたのは、
たった15分ほど商売のやり方を
説明しただけ、

そんな状態で彼は商売を始めました。

その当時の様子を見れば
誰もが成功するなど想像できなかったでしょう。

しかし、

2004年の40年後には

「ドミノピザ」は全世界に7000店舗
毎年40億ドル(≒4000億円)を
売り上げる大企業に成長したのです。

そしてそれを可能にしたものは何か、

他ならぬモナハン自身が言っているのが

「『30分以内にデリバリーできなければ代金無料』

この売り文句こそが我々の
ビジネスの成長に大きく貢献した」

と言う事です。

もちろんUSPだけが要因ではないが

何年か前に、雑誌か何かで

ドミノピザの創業者の
トム・モナハンさん

のインタビュー記事を読んだことが
あるのですが、

その時感じたのは、

モナハンさんの個人的な成功と
会社の成功には様々な要因が
あったんだと言う事。

特にドミノピザの成功の秘密は

フランチャイズ店に哲学を教え込む
その手腕にあると感じました。

とは言え、

たったひとつのUSPのおかげで

ピザ業界において、ドミノピザが
急成長し、優勢になった事も
間違いありません。

そして全米でも有数の富豪になった
モナハンさんは、

デトロイト・タイガースという
スポーツチームを5300万ドル
でポンと買収したり、

クラシックカーを収集したり

慈善団体に気前良く寄付したりして

若くして、一生働かなくて良いほどの
経済的自由を手にしたのです。

これこそが

最高のUSPの威力なのです。

この力を我々も果たして
活用できるのでしょうか?

…もちろん可能です。

USPの恐ろしい力

あなたもUSPの凄まじい価値を
感じ始めてもらえたでしょうか。

USPとは恐ろしいほど威力を持っています。

もちろん、トム・モナハンさんの
成功と言うのは

一夜にしてもたらされたのではないです。

ビジネスの途中で、
破産のふちに立たされた事もあれば、

フランチャイズ店のオーナたちから
訴えられた事もあると言います。

ドミノピザも失敗を繰り返しながら
少しずつ前進したのは間違いありません。

とはいえ「圧倒的なUSP」の力で
モナハンのビジネスの爆発的な成功を
もたらした事は言うまでもない事です。

あなたの商品、サービス、ビジネスに
強力なUSPを考え出すことは、

恐ろしいほどの価値を持っています。

とはいえ、

それは簡単な事ではありません。

本当に良いと思えて、実際に効果のある
USPを思いつくには

何カ月、或いは何年もかかる事もあるでしょう。

しかし、頭を絞って考えて悶々とし続けた
月日も多いに報われるのです。

それほどUSPの威力は大切です。

図書館はアイデアの宝庫です。

あらゆる新聞、雑誌がたくさん
閲覧できます。

自宅でもインターネットで世界中の
企業を自分の業界だけでなく
あらゆる業界を見てみましょう。

素晴らしいUSPのアイデア、ヒントが
そこには存在します。

業界を騒がすようなUSPができたとき
あなたの成功はぐっと近づきます。

ぜひあなたのビジネスのUSPを
考えてみて下さい。

次回具体的なUSPの作り方について
一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

 - マーケティングの極意