スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

投資における恐怖と欲望、お金の二つの心理、感情を理解する

      2016/10/15

投資における恐怖と欲望、お金の二つの心理、感情を理解する
今回のテーマは、

投資における恐怖と欲望、お金の
二つの心理、感情を理解する

について紹介します。

前回、心理コントロールという
要素を紹介しましたが、

投資やビジネスなど

お金を生むゲームにおける
根源的な感情を生むのは

恐怖と欲望なのです。

投資は「恐怖と欲望のゲーム」
という言葉もありますが、

これはどういうことでしょうか。

「まだまだ上がるはず」

と欲望にかられてチャートを
ろくに確認もせずに

一番高値で買ってしまい、

買った途端に急落した株価に
恐怖を覚えて安値で売ってしまう、、

このような失敗を多くの
人が繰り返すからでしょう。

スポンサーリンク

投資における恐怖と欲望

欲望も恐怖も、ごく普通の
人間としての心理です。

しかしその心理の通りに
動いていたら投資は絶対に成功しません。

本能としては大切なものですが、

本能通りに動いて
投資で勝つ事は不可能です。

絶対に無理なのです。

本能通りに行って上手く行くのであれば、

この世界にはもっと成功者がいます。

本能をコントロールできる
極少ない人だけが勝利をつかむ世界です。

自分の心理動向をコントロールして

いかに「儲けたい」という
気持ちを抑え冷静に買い時を見極め、

周囲が高値に踊らされているのを尻目に
自分はそこから降りる

あるいは「負け」と
見たらすぐに損切りするか。

ここが最も重要なポイントです。

投資における二つの心理を乗りこなすには

もちろん人間である以上
感情や心理を捨てる事は出来ません。

だからこそ「コントロール」なのです。

とにかく客観的、
冷静になる事が重要です。

マーケット全体を見渡し、

自分以外の人々の心理の動きを把握し、

しかるべきところで買い、
タイミングを見計らって手放す。

銘柄と「売り」と「買い」の
タイミングさえ見誤らなければ、

大きな失敗はしないでしょう。

自分の心理をコントロールし

人々とマーケットの心理を把握する
これが要なのです。

なぜお金は恐怖や欲望を生むのか?

投資をする目的は富を作る事であり、

悪い事に使うためではありません。

投資のために経済や金融を勉強するのも

より良い楽しい人生を送る事が
目的なのです。

しかし、投資を始めると
欲望が際限なく膨らみ

「もっともっと儲けたい」

と思う気持ちが芽生えます。

これが危険です。

欲望自身が悪いものではないですが、
その心が暴発すれば厄介です。

お金を強く欲しがるようになると

悪い事をしてでもお金が
欲しくなってきます。

欲張りの人間をお金は嫌うのです。

お金儲けに執着しすぎると
運が落ちてしまいます。

そして稼いだお金を悪い事に
使うようになります。

…これではせっかく努力
したことが本末転倒です。

さらに一度お金を手にすると
今度はそれを手放したくない、、

と言う恐怖が生まれるのです。

お金は追いかけると逃げてしまう

このような姿勢でいる人の
ところにお金は集まりません。

お金を追いかけるとお金は逃げます。

女性も一緒です。

女性も追えば逃げます。

お金を追わないようにする事で
逆にお金に追われるようになるのです。

富を築くために投資をするのに
お金を追いかけてはダメなんて

矛盾していると思うかもしれません。

確かにある程度の恒産が
出来るまでは

「お金を貯めよう」と
思って頑張る事も必要ですが、

ある程度の財産が出来てきたら

無闇に執着するのは
辞めた方が良いでしょう。

細かく損得勘定ばかりしているような
人のところに大きなお金は
寄ってこないからです。

お金持ちの人は「お金を貯めよう」
とは思っていない人がほとんどです。

自分を鍛えて、スキルを発揮した結果、
お金が集まっていると言う感覚です。

しかしお金がお金を呼ぶので
自然にお金持ちになります。

デフレスパイラルならぬ

「お金持ちスパイラル」

というところです。

古今東西に見られるお金にまつわる恐怖と欲望

こうしたお金にまつわる恐怖と欲望という
二つの心理は古今東西にみられる

人類普遍のテーマでもあります。

シェイクスピアや
まだ株式市場が無い時代の神話にも

こうしたテーマはありました。

日本でも例えば、

こぶとり爺さんと言う物語では

欲張りの爺さんは
無欲な爺さんのこぶまで
つけられてしまったのですが、

このストーリーから学べるのも

欲張ってはならないと言う事です。

他人の幸運をうらやみ
分不相応に欲張る事は身を滅ぼします。

他にも例えば、

猿蟹合戦の物語は「因果応報」
桃太郎は「勧善懲悪」です。

日本に古来より伝わる昔話には

人間心理と社会心理が
凝縮されています。

子供向けのお話だと思われがちですが、

大人になって改めて触れてみると
意外と気づかされる事がたくさんあります。

投資にも活かせる
エッセンスがたくさん発見できるのです。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則