スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

お金持ちになるに必要な要素は知力?体力?起業家と投資家

      2016/10/15

お金持ちになるに必要な要素は知力?体力?起業家と投資家
今回のテーマは、

お金持ちになるに必要な要素は
知力?体力?起業家と投資家

について紹介します。

お金持ちになるために
必要な要素は何でしょうか?

色々考えられますが、

長期的に富を築くと
言う点から見れば

何を大切にすべきか
見えてくるのではないでしょうか。

そして起業家と投資家という
二つの道をここでは理解する
必要があります。

基本的に私はお金に換えられる
人間の価値と言うのは

「知力」か「体力」かの
二つしか無いと思っています。

2つしかないという
シンプルなものですが、

あなたはどちらで勝負したいと思いますか?

「お金持ちになりたい」

と思わない人はそういないでしょう。

ですが現状では

自他ともに認める本当の
お金持ちと言うのはわずかしかいません。

なぜ多くの人が

「お金持ちになりたい」

と思っているのに
実際にお金を得る事が出来ないのでしょうか?

「給料が少ない」
「景気が悪い」
「家が貧乏」
「人脈が無い」

…など

お金持ちになれない要素を
あげていけばきりがないでしょう。

しかしお金持ちの人が
お金持ちである理由ははっきりとしているのです。

それはお金持ちは
お金持ちになるのの必要な
要素をしっかりと持っているのです。

スポンサーリンク

体力と言う要素を使いお金持ちになる方法

体力と言う要素お金持ちになる

体力で勝負できる
分かりやすい例と言えば、

スポーツ選手です。

日本でも野球選手など
億単位の年俸をもらう人もいますし、

世界に進出して
いい成績を残せる人気の選手になれば、

1年で10億、20億と
稼ぐ事も可能です。

さらに、その地位や名声を活かし
CMや講演をして稼ぐ事も出来るでしょう

なのでお金持ちになりたいから
スポーツ選手になる

という発想は分かりやすいですし、

正しい選択と言えるでしょう。

ですが、

皆が皆スポーツ選手に
なれるかといえばそんなことは
決して無いのは

あなたもご承知のはずです。

現に私自身も

中学時代に自分の人生を
一発逆転するために

格闘家になろうと思ったのですが、

才能が足りないと分かり
すぐ諦めました。

さらにスポーツ選手は
体力が衰えるまでのわずかな間しか
活躍できないデメリットがあります。

稼げる期間が短いのが難点です。

知力と言う要素を使いお金持ちになる方法

一方で、知力は一生ものです。

もちろん年を取れば
多少は頭の回転速度も落ちるでしょう。

しかしその分、知識の蓄積が
ものを言います。

しかも体力勝負のスポーツは
生まれ持ったの体格や才能も
ある程度必要となってきます。

(もちろん才能だけでなく
努力もしていますが)

知力勝負でお金持ちになるなら

勉強さえすれば誰でも
高める事が出来るのです。

だったら勉強して
知力と言う要素を高める

と言う選択肢をとるのは
正しい選択と言えるでしょう。

「でも、、自分は勉強が苦手で、、
難しい勉強や知識を得るなんて無理だ」

と思い人もいるかもしれませんが。

心配は無用です。

今から勉強して専門職に
就けというわけではありません。

知力と言っても

幅広い教養や、深い専門性を
勉強するのではなく

お金持ちになる事に
直結するスキルを勉強すれば良いだけなのです。

お金持ちになる知力、ならない知力

スポーツ選手にはなれない

私たち普通の人間が
お金持ちになり富を築こうと思ったら

知力を磨かないといけないのですが、

普通のサラリーマンでは
難しい事はあなたもおそらく
気づいている事でしょう。

給料と言うのは普通
労働時間の対価ですから

専門的な仕事についている人や
大きな企業に就職している人は

その分収入が良く、

アルバイトやサービス業では
往々にして低賃金です。

しかしいずれにせよ
収入には上限があります。

働ける時間は限られているからです。

どれだけ必死に頑張っても
24時間しか時間はありませんから、

その中での収入しかえられないのです。

もちろん仕事につく目的は

お金持ちになる事だけではありません。

個人の価値観や人生の目標によります。

それを他人がどうこう
言う権利はありません。

人を助ける仕事がしたくて
医者や弁護士になる人もいれば、

国際的な仕事がしたくて
商社に入る人もいます。

アルバイトをしながら
ダンサーやアーティストを
目指す人だっているでしょう。

いずれにせよ、

肉体労働以外で仕事をするなら
知力と言う要素は必要ですが、

お金持ちになる知力、
ならない知力というものがあることは
知っておいた方が良いでしょう。

普通の人がお金持ちになる2つの要素

体力ではなく知力を使って
お金を稼ぐのがほとんどの人の
選択肢ですが、

職業や会社によって
収入に幅はあっても、

あくまで普通の人が
普通に働いてお給料をもらうだけ

では「富を築く」レベルの
お金持ちに達する事はほぼ不可能です。

多くの人が生活費を稼ぐのが
やっとと言うのが実情です。

しかし普通の人がお金持ちになるには
どうすれば良いかと言うと、

方法は二つしか無いのです。

一つが

アントレプレナー(起業家)

もう一つが

インベスター(投資家)

世界中を見渡してみて、

映画スターやスポーツ選手を除けば、

富を築くお金持ちと言うのは
基本的に上記二つのどちらか、

或は両方のカテゴリーに
属している人がほとんどです。

例えば

ウォーレン・バフェット
ジム・ロジャース
ジョージ・ソロス

彼らは世界の三大投資家
と呼ばれていますが、

彼らは3人とも

スポーツ選手どころではない
巨額の富を自分の頭脳一つで
稼いでいる人たちで、

彼らの資産は100兆円を超えている
と言われています。

さらに3人とも
アメリカの中流もしくは
どちらかと言えば貧困過程の出身です。

決してもともと豊かだった訳ではなく、

知力を磨き、投資をして
お金持ちになっていったのです。

さらにその投資先は
彼らだけに許されている特別な
権利ではなく、

私たち誰もが公平に
その機会を与えられているのです。

もし私たちが普通の人でも
彼らのような知識を身につければ

ビジネスや投資に関する
知力を身につければ、

彼らと同じ土俵に立つ事は
十分に可能なのです。

男女の関係もなく、
誰にでも平等にチャンスがあると言う事、

つまりこれが
「ゼロを1にする」

普通の人がお金持ちになるのに
必要な要素と言えるのです。

スポンサーリンク

 - 金運アップとマネーの成功法則