スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

いつも冷静な人、冷静でいられない人の特徴、冷静コントロール法

      2017/08/02

いつも冷静な人、冷静でいられない人の特徴、冷静コントロール法
今回のテーマは、

いつも冷静な人、冷静でいられない人
の特徴、冷静コントロール法

について紹介します。

集中力や自制心を強くすれば、

人間は冷静になれます。

そして、冷静であればあるほど、
正しい判断が出来るようになります。

その判断が成果を生むのです。

いつも冷静な人の特徴は、
論理的に思考、決断、行動できる人です。

逆にいつも冷静でいられない人は、
感情的に思考、決断、行動する人です。

そして成功をするためには
冷静である必要があります。

感情的に振り回されて
いつの間にか成功していた

と言う人物を、私は未だ
かつて見た事がありません。

そしてこの冷静さと言うスキルは
伸ばしていく事の出来るスキルなのです。

例えば、一般的に人間は、
朝は冷静でいられる傾向にあります。

「嫌な事も一晩寝たら忘れてしまった」

と言う経験は多くの人が
持っていると思います。

朝は心がリセットされ、
リラックスしているので、

一日の中でも
最も冷静でいられる時間帯です。

反対に夜の時間は、否定的な
気持ちになる人も多いでしょう。

「上司に叱られた」
「仕事で失敗した」
「友人に傷つくことを言われた」

…など嫌な出来事があれば、

余計なことまで考え
落ち込んでしまったり、

冷静ではいられなくなります。

こう言ったように
一日の中でも感情の揺れは起こります。

冷静さをコントロールする方法

基本的に良い決断をする場合、
冷静であることが有利になります。

ポジティブな状態での決断は
良い結果を生むと考えがちですが、

ネガティブであれ、ポジティブであれ、
感情が揺れているときの決断より、

冷静でいるときの論理的な
決断を繰り返す方が、

人生は優位にコントロールできるのです。

私があるとき師匠になかなか
貯金が出来ないと言う悩みを打ち明けた所

「疲れているとき、ストレスを感じたとき、
怒っているとき、不安なとき、寂しいときに
決して財布に触れてはいけない」

…と教わりました。

最初意味が分からなかったのですが、

その教えを実践すると
なぜか無駄使いが減り、

貯金が貯まっていった事に驚きました。

私たちは何か感情的な
ダメージを受けたとき

それを埋めようとしてしまいます。

パチンコに行ったり、
お酒を飲みに行ったり、
ショッピングで散財したり、

衝動買いや無駄使いは
そんなときに起こります。

しかしダメージを
どうこうするのでなく

ただ感情が揺れている
ときに財布を持たない

と言うルールを持つだけで、
冷静な自分を取り戻す事が出来るのです。

感情に揺らされる無駄な買い物がなくなり、
自然と貯金もできるようになります。

冷静で論理的に
思考し、決断し、行動できる人、

つまり、
集中した方法でエネルギーを
管理して作動する状態を保てる人は、

自分の仕事や行動をすべてコントロールし、

その結果、

他人をコントロールするパワーも
手に入れれるのです。

自分の全ての動きを意義ある
目的を持つものにし、

全ての思考を崇高な目的
を持つことのできる人です。

今の時代において、

冷静でいられない、感情が激しい人は、
上手く成功できない可能性が高いです。

いつも冷静な人、いられない人の特徴

そして感情の冷静なコントロールが
できる人は態度にも表れます。

いつも冷静な人
教養のある人ほど、

慎重にゆっくりと話をします。

そして落ち着いた物腰に
磨きをかけています。

意識的に心を集中し、

一度の一つの事に心を向けるのです。

それ以外のことは頭から追い出します。

逆に、いつも冷静でいられない、
感情に揺れ動いている人は、

ゆっくり暗く話したり、
早口でまくし立てたりと、

リズムが一定ではありません。

そしていつも複数の事を
考え空想する傾向にあります。

そして人と話す時も、
メールを気にしたり、
他人に意識が向いていたり、

人の話をしっかり
聞いていなかったりします。

あなたが冷静な態度を
磨くのであれば、

誰かと話をしているときは、
全注意力をその人に向ける事です。

注意力をぶらしたり、
さらしたりしてはいけないのです。

他の事に心を奪われることなく
意志と知性を同時に働かせて下さい。

それだけで冷静さを
取り戻す事ができますから。

冷静さと言うパワーをどれくらい持つのか?

朝起きてから、その日一日

どれくらい冷静さを保って
いるか試してみて下さい。

時々、自分の行動の一覧表を作り

決められたことが守れているか
どうかチェックして下さい。

守れていなければ、、

翌日からは守れるようにしましょう。

冷静でいれるほど、
集中力は高まるのです。

決して慌てて行動しないように、

そして集中力が高めれば
自分の可能性も高まることを
忘れないでください。

集中=成功です。

自分をコントロールして
心を一点に定める能力を磨けば、

目の前の事に取り組む真剣さが増し、

その結果、

必ずと言っていいほど、
成功のチャンスが多くなるのです。

或は、最も大切な仕事や

人生を向上させる重要な
アクティビティは、

朝の冷静な時間に終わらせる
ように心がける。

この習慣を持つだけでも
人生は大きく変わるでしょう。

朝の時間を大切にしよう

そして冷静さを磨くためには
まず朝の時間を大切にしましょう。

夜の時間には

感情に左右すると問題がある
ビジネス文章やメールなどは
書かないように気を付けましょう。

感情が高ぶった状態で
そういった作業をすると、

攻撃的になったり、
感情的になったりして、

ビジネス上の問題に
悪影響を与えるかも知れません。

朝であれば気持ちがリセットされ、
冷静でりラックスした状態なので、

思考に偏りがなく、
客観的に論理的に考えることができます。

同じ理由で、
重要な判断をする時、
戦略を立てたりアイデアを導いたりするのも

朝の時間に行うと良いでしょう。

冷静な人ほど朝の時間を
有効活用する特徴があります。

そして冷静でいられない人ほど
夜に感情を高ぶらせてしまうのです。

こうした特徴を理解して、

冷静コントロール力を
少しずつ磨いて行きましょう。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則