スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

盛り上げ上手な人、人の欲求、相手の気持ちを感じる人の特徴

      2016/10/20

盛り上げ上手な人、人の欲求、相手の気持ちを感じる人の特徴
今回のテーマは

盛り上げ上手な人、人の欲求、
相手の気持ちを感じる人の特徴

について紹介します。

人間の基本的欲求として、

自分のことを知って欲しい、
自分のことを話すのが大好き、

自分のことなら何でも知っているから

人の意見も気にせず、

あれもこれもと話の内容も
盛りだくさんになりがちです。

しかしこれが他人に悪影響を与え、

嫌われる大きな原因に
なっていることにあまり気づいていない
人が多いものです。

そんな中「聞き上手」の特徴を
持っている人がいますが、

自分のことを話すよりも
他人の話に好んで耳を
傾けるのだから、

嫌われるどころか、他人から
好印象を持って迎えられるものです。

人は自分の話をしたい欲求を持つので、

その欲求を満たしてくれる人に
悪い気はしないのは当然です。

だからこそ聞く力を鍛えることは
大切なことになってくるのですが、

ここでもう一つ先のスキルに
進む為にはどうすれば良いでしょうか。

バランスよく、適材適所に

「聞く」ことと「盛り上げる」
ことを使い分けることです。

スポンサーリンク

盛り上げ上手な人の特徴

コミュニケーション
人付き合いという観点から見ると、

人から好かれる人というのは
興味深い特徴があるように思います。

前回まで、聞き上手は
話させるのが上手いというが上手い
という話しをしましたが、

確かに、

場を盛り上げるタイプの
聞き上手もいます。

それは、ノリがよく
リアクション上手と言えます。

私の学生時代の知人に

「リアクション女王」

と言われた女性がいました。

授業の中で学生同士で

誰が一番聞く力があるか
というアンケートをすると

彼女がダントツのトップでした。

リアクション上手と言っても
お笑い芸人さんのような

極端なものではなく、

その場がパッと明るくなる
ような雰囲気で、

その彼女のリアクションは

押し付けがましさや
うっとうしさがなく、

ナチュラルなのです。

まさに盛り上げ上手な人の
特徴を持っていました。

盛り上げ上手な人の特徴

アメリカ人は個人主義が
徹底していますが、

パーティーなど集団の場になると、

盛り上げるのがとても
上手い人がいます。

仲間で一緒に盛り上がろうと
そういう雰囲気があるのです。

一人で隅でじっとしている…

という人はあまり見かけません。

人の欲求、相手の気持ちを感じる人は
気配り上手ということで、

パーティーで盛り上げられる人は
能力の高い人という雰囲気です。

例えば、

タレントの久本雅美さんなどは

リアクションが非常に上手く
盛り上げ上手です。

彼女の場合は、

アクションが多少オーバーで、
テンションが高いですが、

それがバラエティと言う
場面では非常に光ります。

たあ、リアクションが
上手く盛り上げ上手であると言うと

オーバーアクションを
想像しがちですが、

別にオーバーに
リアクションする事が

リアクション上手という
訳ではありません。

だからリアクション上手と

「あの人と話していると落ち着く」

という聞き方は決して
矛盾するものではありません。

どちらも、相手の話したい
欲求の水位を敏感に感じ取る
感覚があるのです。

人の欲求を見抜くとも言えます。

その感覚さえ研ぎすまされていれば、

その状況に応じて、
盛り上げたり、静かに聞く事を
分ければ良いのです。

人の欲求、相手の気持ちを感じる

「口は一つ、耳は二つ」

とよく言われ、

話すことより聞くことに
2倍力を傾ければ、

人からの印象も良くできるでしょう。

さらに口と耳だけでなく
体全体を使って聞くことができれば、

相手はノッて来ます。

盛り上げ上手な人は、

うなずき方や相づちなどに
そのスキルの差が見えたりもします。

相手の気持ちを感じたり、

相手の話したい欲求を
受け取るのは、

身体的な技とも通じます。

例えば、

恋愛については、

一般に男性は女性の
欲求を見抜くのが下手です。

それに対しては
女性の方がカンが良いです。

嘘を見抜くのも上手いと言われています。

表に出ていない欲求を見抜くには、

相手の身体の動き、
態度、仕草など、

様々なものを観察する事が必要です。

言葉というのはコミュニケーション
における本の些細な部分です。

それよりも他の部分が
強いメッセージを発していたりします。

本当の聞き上手は「耳」だけを使って
聞く訳ではないのです。

五感を使い、繊細な動きに注目する

するとだんだん人のことが
理解できるようになってきます。

ことに身体を見るというのは
大切な事です。

相手の気持ちを感じるのは
センスや才能、生まれつきだと
思っている人もいるでしょう。

もちろんそういう
要素はあるかもしれません。

しかし本当は観察力に優れているのです。

聞き上手な人ほど、
色々な所に気づく力があります。

聞き上手と合気道の共通点

以前指圧の研究をした友人に
話しを聞く機会がありましたが、

指圧を受けるのが上手い人と
下手な人がいると言う事だそうです。

さらに、

指圧を受けるのが下手な人は、

くすぐったがり屋で
おしゃべりなタイプだと言う

性格の分類までできます。

指圧が受けられない、
おしゃべりだ、

というのは

「人を受け入れられない」
タイプだと言う事です。

体と性格は繋がっている
と言いますが、

整体師は体を触るだけで
相手の性格まで分かることもあるようで、

興味深い話しだと感じました。

「聞く」という事は、

「技を受ける」事にも通じるのです。

技を受け取るというのは、

相手の力を受けると
捉える事もできます。

例えば、

合気道のように
相手の力を受けてずらす

という技術があります。

聞く時にも、相手の言葉を受け、

それがどこに
行きたがっているかを感じる

方位感覚が大切です。

それがあると、
相手の話しを上手くのせていったり、

或は少しずつ
ずらしていったりという
事ができるようになります。

柔道やボクシングのように
攻撃しえた押すような会話は

よく喋って明るい人
いわゆる面白い人の傾向がありますが、

ただ、必ずしも
それが人に好かれるとは限りません。

プロの芸人さんなみに
話しが面白いなら別ですが、

たいてい自分本位の話しに
終始没頭しがちです。

一方で合気道のような会話は
相手の力を上手く使えます。

よく聞いて、引き出して、
そして会話を引き出して
盛り上げて行ける

そうすれば相手から好かれる
コミュニケーションが出来るでしょう。

そしてその為に必要なのは
人を観察すること

人の欲求、相手の気持ちを感じる人

それができるのが聞き上手なのです。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法