スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

話したい欲求や心理を理解する聞くスキルが高い話させ上手な人

      2016/10/20

話したい欲求や心理を理解する聞くスキルが高い話させ上手な人
今回のテーマは、

話したい欲求や心理を理解する
聞くスキルが高い話させ上手な人

について紹介します。

例えばこんな場面を想像してください。

仕事であなたが正しいと信じる
方法を考え発表しました。

あなたはありとあらゆる可能性を考え、

これまでの経験を活かして
最高と考えられる方法を選び、

何日もかけて十分な準備をした上で

そのアイデアを発表したとします。

その瞬間に誰かから

「そんな方法じゃダメだ!」

と一方的な断定口調で
一刀両断で切り捨てられたら
どう感じるでしょうか?

これ以上話す気がなくなるものです。

あるいは「文句をつけるな」など
喧嘩になるかもしれません。

そんなときでも、

少し言い方を変えれば
建設的な意見交換ができたのかも
しれません。

ほんの少しの言葉や言い方の
違いで大きな差を生みます。

そしてこうした場面で気づくのが
聞き上手な人と聞き下手な人がいる
ということです。

スポンサーリンク

会話の前提は「心を開く」こと

もし反論がある場合も、

聞き方を工夫すれば内容は変わります。

否定意見を言っても

「どうしてそう思うのですか?」

と尋ねてみます。

相手はたいした根拠がなければ
主張は引っ込めるでしょうし、

相手に根拠があるなら、
有益な情報を得る良い機会になります。

その意見を発展させ、

やり方を部分修正できれば
さらに良いアイデアとなるでしょう。

相手がこちらの考えを
誤解している場合には、

聞き方を工夫すれば説明して
理解してもらう良い機会になりますし、

場合によっては協力者に
なってくれるかもしれません。

こうして対話を続ければ、

相手が不十分な情報から簡単に
「ダメだ」と断定してしまい、
申し訳なかったと、

謝ってくれる場合もあり得ます。

いずれにせよこうした建設的な
話し合いに持って行けば、

相手も自分も賢くなり、
ウィンウィンの関係に持って行けます。

つまり「開かれた心」を持っているほど、
何事に置いてもうまく行くのです。

自分が聞く時はもちろん、
相手に話を聞いてもらう時も、

この辺りの心理を理解しておくと
会話をスムーズに進めることができます。

人の話したい欲求や心理を理解する

こうした聞くスキルは

社会人が伸ばすべき一つのスキル
と言えるでしょう。

聞き上手には

「話したい雰囲気」

を作る力があります。

それは1対1の信頼関係を
作る事ができます。

カウンセラー的な「聞く技術」
というものもありますが、

それは人の相談に乗るために
話しを引き出しやすくするというものです。

「考える力」を伸ばす、

クリエイティブな会話のために
「聞く技術」は、

もっと自然に相手に
話しやすい雰囲気を醸し出すものです。

聞くスキルが高い人は
「うんうん」とただ聞くのが

上手いというより
むしと話させ上手な人なのです。

そのスキルを伸ばすためには、

相手の話したいエネルギー
話したい欲求や心理の水位を
敏感に感じる事が大切です。

例えば、人には

「今日は話したい欲求水位が
レッドゾーンまで溜まっていて、

それをドーッと吐き出さないといられない」

というときもあるし、

逆にその水位が低く、
そんなに話したくないという日もあります。

そういった当ての心理を
見抜くのが上手いのが

本当の聞くスキルと言えるでしょう。

話したい欲求を理解するスキルが高い人

同じ人でも、
その日の気分で

話したい欲求の水位が
上がったり下がったりします。

それを感じ取るのです。

また、常に話したい
欲求が強い人もいます。

経営者などによく見かけますが、

それは、話しながら
自分を盛り上げようとしているのです。

経営者には、決断しなければ
いけない事が多いので、

人に話して肯定してもらう事で

さらに自信、自己肯定したい
という事があるからです。

アドバイスしてほしい訳ではなく、
背中を押してほしい、

そんな時には背中を押せる人が
本当の話させ上手な人です。

あるいは、いつも
不満を持っている人も、

人に肯定してもらいたいので、

とにかく話したいと言う
欲求が強いのです。

そういう人には
肯定しながら話しを聞けます。

聞くスキルが高い話させ上手な人の特徴

どのような人であれ、
話したい欲求や心理の水位が
高い所もあれば、

多少低いときもあります。

そういう相手の話したい
欲求や心理の水位を感じ取りながら、

「今は、あまり話したくないようだから、
無理に話させないようにしよう」

とか

「今日は、話したい水位が高いから、
どんどん話してもらって、
発散してもらおう」

などと

敏感に感じ取って
コントロールできる人が

聞き上手という事ができます。

話したい欲求を理解する
スキルが高いのです。

相手の話したい欲求の水位が
上がっている時に抑え込んでしまい、

自分が話し手ばかりいると、

相手の欲求不満は
どんどん高くなってしまいます。

それでは、今度は

「こいつを相手には話さないぞ」

と思われてしまいます。

聞くスキルはもちろん才能や
生ま育った環境によっても
変わってくるでしょうが

「反応する前に耳を傾ける」

まずはこれを覚えておきたい所です。

ナチュラルで話しを
盛り上げるためには、

この相手の話したい欲求や
心理の水位をきちんと感じ取る
力が必要なのです。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法