スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

集中力が散漫になるテレビや周りからの雑音、一点集中のメリット

      2017/08/02

集中力が散漫になるテレビや周りからの雑音、一点集中のメリット
今回のテーマは、

集中力が散漫になるテレビや
周りからの雑音、一点集中のメリット

について紹介します。

ここまでこのテーマにおいて
人間力(運気の器)を高めるために

集中力、フォーカスの力が重要である
と言う話をしていますが、

テレビや周りからの雑音というのは
集中力が散漫となる大きな原因となります。

今の世の中は、
昔と比べて、集中力を乱す要因が
格段と増えています。

さらにその数は
物凄い勢いで増え続けています。

自分に身の回りを見ただけでも
その数に驚く事でしょう。

メールや携帯電話に気を取られたり、

テレビやニュースくだらない新聞記事
などを見て時間を浪費していると、

衝動や感情を司る器官を刺激して

集中力を乱すことになります。

こう言ったものに心を奪われている間は

自分を成功へと運ぶ電車の
優秀な車掌にはなれません。

集中力を発揮して
目的を実現しようとするなら、

一点集中せねばなりません。

だから集中力を阻害する
様々な要因をきっぱり話す決意と

もしテレビを見るなら
時間を決めてみると言った

セルフコントロールが必要なのです。

集中が散漫になるもので溢れる中で

光のエネルギーも散漫させるより
一点集中させれば、

信じられないほどのパワーを持ちます。

例えば電気の光を考えてみましょう。

360°に広がる電球は
触ればまだ熱いくらいのものです。

しかしそれをギュッと一点集中させ
レーザー光線にすれば、

鉄をも切る力を得る訳です。

私たち人間の力も同じです。

一つの物事に集中して
エネルギーをかければ、

大きな壁をも乗りこえる事ができます。

エネルギーを分散させるほど
力が弱まる訳です。

そこに輪をかけて最近では、

テレビや携帯電話、メールにSNSなど
周りからの雑音は集中力が散漫になります。

私たちの身の回りには
集中力を乱すものが溢れかえっているのです。

そのひとつひとつをすべて取り除けば、
集中力を発揮する条件が整うのです。

一点集中して目標に突き進めます。

しかしとはいっても
完ぺきな環境を作るのはなかなか難しいです。

例え環境を整えられたとしても、
集中できない事はあるでしょう。

どうすれば、集中できるか、
どうすれば集中が持続できるか、

どうすればさらに質の高い集中力を
発揮することができるか?…

集中力のメリットを
最大限に使える

工夫が必要なのです。

精神の集中力は、

自分自身を子細に観察することで
始めて伸ばすことが可能になります。

どんな種類の発達でも、
綿密な観察から始まります。

自分の考えや感情の1つ1つ
調整しないといけません。

自分自身と自分の行為、

さらに他人の行為を観察すると
自律器官を使うようになり、

それを続けていると自立能力が向上し、

そのうちに

自分の考えや望みや計画を
全て誘導できるようになります。

目の前の事を意識的に心の焦点に
一点に合わせる能力が

本物の集中を可能にするのです。

結局のところ、
焦点を合わせることができるのは、

訓練された心

だけです。

一つの事に考えをとどめ、
全ての器官がその考えを吟味
する時間を与えることが、

本物の集中なのです。

誰しもが持っている集中力を…

「最近の若い人には集中力がない」
「最近集中力がなくなった」

など言われる事もありますが、
果たして本当にそうでしょうか?

いいえ、

集中力というのは
なくなるものではありません。

動物としての人間は、
他の動物たちと同じように、
誰しもが集中力を本能として持っています。

しかし、他の動物たちと違うのが、

私たちの周りには、
集中しようとしてもつい気を取られたり、

集中力を散漫にしたり、
邪魔をしたりするものが
たくさんあると言うだけなのです。

「環境のスピード進化は早い
人間の進化のスピードは遅い」

とある富豪に教わった言葉がありますが、

環境と言うのはものすごいスピードで
発展していきます。

例えば現代人が受ける情報量と言うのは
江戸時代の人が一日に受ける情報量の
365倍もあるそうです。

彼らの一年分の量を一日で受ける…

インターネットやSNSの進化は
凄まじいものがありますが、

縄文時代や江戸時代の人たちと比べ、

私たち人間の進化はそれほど
多いとは思えません。

脳の大きさが倍になった訳でも
身体が倍以上に大きくなる訳でもないのです。

自分の考え、望み、計画、決意
思案を管理できない人が増えているのです。

だからこそこんな時代で
集中を発揮できる力は

最強のメリットになります。

周囲の雑音=成功の敵

現代人は周りからの雑音が多いからこそ、

自分の中の軸をしっかり持ち
目標や目的をはっきり持ち、

そしてそこに向かうために
必要なもの、不必要なものの選別を
厳しくする必要があります。

テレビから流れてくる
どうでもいいような情報や

周囲の雑音に邪魔されて
ふらふらと揺れ動くような人が、

集中力が散漫な状態で
何かを成し遂げるのは不可能です。

最大限の成功を収めれるはずがありません。

成功のためには一点集中なのです。

感情が激したと思ったら、
次の瞬間には冷静になっている…

そんな人は正しく自分を
律することのできない人です。

自分の心の主人でもなければ
考えや願望の主人でもありません。

そのような人は残念ながら成功はできないのです。

自分がイライラしていると
他人までイライラさせてしまう。

努力している関係者のチャンスを
すべて台無しにするのです。

結局人間の能力に
それほど差はありません。

しかし結果には大きな差がつくことがあります。

その要因の一つが集中力なのです。

最大の力のメリットを
発揮するためにも、

それほど大切な集中力を保つため
テレビや周りの雑音など、

余計な騒音はできるだけ断つようにしましょう。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則