スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

インパクトのある表現や言い方、逆説的の本当の意味と使い方

      2016/10/21

インパクトのある表現や言い方、逆説的の本当の意味と使い方
今回のテーマは、

インパクトのある表現や言い方、
逆説的の本当の意味と使い方

について紹介します。

以前ある有名人の講演会に参加した時、
話が面白くて感動しました。

その思い出があったので、

時間を経て同じ人の講演会に
再び参加したのですが、

冗談も含めてまったく同じ
話をしていたことの驚きました。

よくよく聞けばどの会場でも
その人はまったく同じ話をする
とのことです。

まったく同じ話でも
場所を変えれば新鮮な訳で、

もちろんそれは素晴らしい
戦略だと思うのですが、

いつも聞いている家族や
職場の人なら

「また同じ話?」となってしまいます。

また自分の脳にとっても
同じ話ばかりしていれば
マンネリに陥り、

思考力が低下する恐れもあります。

ここで、良いトレーニングになるのが、

同じテーマ主張であっても
表現方法や言い方を変えるということです。

この工夫次第で聞き手にとっても
話手にとっても、

メリットが生まれる訳です。

スポンサーリンク

インパクトのある表現や言い方

ここで一つの表現方法として
紹介したいのが、

「逆説的」というものです。

よく現代国語などで出てくる問題に

「これは逆説的な思考だが」
「逆説的だが」

と言った言葉が出てきます。

読んでいる時には、

ただ「逆なんだな」と
思って読んでしまうが、

ただ逆という意味ではないのです。

「逆説的」というのは、

一般的に言われている
本当だと思われている事に対して
逆のことを言っているが、

それが真理をついているケースの事です。

『広辞苑』には、

「普通とは逆の方向から
真実を述べるさま」

と出ています。

つまり、真理をついていない、
ただ逆を言っているということとは
意味が違います。

例えば今の若い人に

「きちんと<逆説的>という
事を説明して見なさい」

といって見ると、

上手くできない人も多いです。

上手い説明というのは

「逆説的」という言葉に関しては

もうこれで分かったから
誤解はしないと思わせる事が
できるかどうかです。

逆説的の本当の意味を理解すると

そこで考える力が
あるかないかが問われます。

「逆説的」という言葉は
辞書で調べれば出てきます。

それを分かった上で
どういう事かをもっと分かりやすく
説明するためには、

具体例が必要です。

それは「逆説的」という
言葉が似合うような事態を

自分の知っている範囲から
拾ってくる事ができるかどうかに
かかってきます。

「逆説的」という
キーワードの網を持って

自分の頭の中をざーっとすくいます。

「逆説的なものってあったかな」

と、考えてみる訳です。

そのときに、知識が
全くないと苦しいです。

自分の経験の中から探すしかありません。

自分の経験の中から探すと

「勝つと思うな、思えば負けよ」

くらいしか思いつきません。

勝つと思うと負けるのだから、
確かに間違いではありません。

表現として逆説的の使い方

でも知識があれば、

「日本で一番有名な逆説表現は?」

という課題にも考える事ができます。

例えば、

親鸞の「悪人正機説」の

「善人なおもて往生をとぐ、
いわんや悪人をや」

(善人が極楽往生できるのだから、
悪人は言わずもがな、当然極楽に行けるのだ)

という言葉を思いつく
言もできるでしょう。

始めて聞いた人のほとんどは、

「普通は善人の方がより
極楽に行きやすいだろう、、
逆じゃないの?」

と思うでしょう。

しかしそこに深い真実があります。

かなり興味深い逆説的な
フレーズの使い方です。

或はイエス・キリストの
教えには逆説的表現は非常に多いです。

「右の頬を打たれたら、左の頬を出せ」

とか、

「貧しき者は幸いなり」

と聞くと、一瞬
逆じゃないかと思うでしょう。

なぜ逆説的な
表現を使うかと言うと、

聞いている人に

「え、うそ!」

という感じのインパクトを一瞬与えて、

「それで何なんだ」と、
聞く人を強く惹き付ける事が
できるからです。

さらにその意味する所を聞いていくと

「そうだったんだ…」

と認識が変わる訳です。

インパクトのある表現として逆説的の使い方

逆説的というのは

「パラドキシカル(Paradoxical)」

という言葉の訳語です。

「逆説的」という概念を
もつ事によって、

それを技術として使えるのです。

親鸞の時代では

「逆説」という言葉もなく、

自分自身の表現を逆説的
とは言っていませんが、

それでも技術としては使っています。

逆説的という事が
具体的なイメージを伴って
分かるようになれば、

例えば、

「イチローも、そういう
逆説的表現を使っているな」

と気づいたりします。

例えば、

「自分は天才ではありません。

なぜかというと僕は自分が
やっている事を全部説明できるからです」

などという表現をします。

そういわれると、

「えっ、そうか…」

と聞く方は一瞬混乱します。

しかしよく考えてみれば

「全部説明できる事こそ
天才じゃないか…」

となります。

普通に表現するよりも
インパクトがあり印象に残ります。

こうした表現の工夫は、

それまでのアプトプットの
積み重ねがあるからこそ、

生まれるのではないでしょうか。

アウトプット力というのは、
放っておくとすぐ衰えます。

しかしトレーニングしていれば
年を取るほど伸びるのでは
ないでしょうか、

またこのように「逆説的」
という概念を知る事で、

同様の効果的な表現が
目に入ってくるようになります。

「逆説的」という
概念を私たちが持つ事によって、

他の事が見えてきたりします。

つながらないものが
つながってくるようになるのです。

インパクトのある表現としての
逆説的の本当の意味を理解し
効果的な使い方をしましょう。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法