スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

抽象的な言葉を考える理解力、概念と思考と外来語の使い方

      2016/10/21

抽象的な言葉を考える理解力、概念と思考と外来語の使い方
今回のテーマは、

抽象的な言葉を考える理解力、
概念と思考と外来語の使い方

について紹介します。

言葉の分かりやすさというのは、

抽象のレベルによって変わります。

抽象的な言葉を操る訓練も

考える力を養う上では大切です。

例えば、

「エポレットって何?」

と質問されてあなたは分かるでしょうか?

抽象度をあげて答えれば、

「洋服の装飾品です。」

しかしこれでは分からないでしょう。

ここで抽象度を下げて答えれば、

「明治天皇の肖像画を見ると
両肩の部分に房飾りがついています。

あれがエポレットです。

或はパイロットの制服について
いるような房飾りもエポレットです。」

と答えたら、エポレットを
知らなかった人も理解できるでしょう。

具体的なものは理解しやすく
分かりやすい訳です。

スポンサーリンク

抽象的な言葉と具体的な言葉

こうした抽象的な概念と
具体的な言葉の関係は、

色々な所に応用できます。

教科書で言えば、

「速度は距離に比例し、
時間に反比例する」

と言われてもなかなかピンと
来ませんが、

「同じ時間であれば2時間の速さ
で歩けば二倍の距離が行けるし、

決まった距離なら二倍の速さで
歩けば半分の時間で行ける」

と具体例で考えるほど分かりやすいです。

日常生活の場面でも
できるだけ具体的に考えるほど、
問題解決はしやすくなります。

例えば、

「うちの子供は馬鹿で困る」

と相談されれば答える方も困ります。

それを具体的に言えば、

「うちの子供はテストの成績が悪い」

と相談されれば、学校の勉強
すれば良いということが分かります。

それよりも

「国語の成績が悪い」

「国語の読解力が低い」

「文法の理解が不十分」

「助動詞の問題が理解できてない」

「助動詞の活用を覚えていない」

と絞り込んで問題設定をするほど、
自ずと解決策は見えてきます。

しかし具体的に言えば言うほど、

思考の幅も狭まりますし、
効率が悪いのも事実です。

そこで抽象的な概念も
大切になってくる訳です。

抽象的な言葉を考える理解力

私たちは概念を
獲得する事によって思考が
高度になってきました。

だから、

日常用語だけで
すべてを考えようとすると、

どうしても無理が出てきます。

抽象的な言葉と言えば、

外来語がどんどんビジネスシーンに
出てくるようになっています。

例えば

「コンセプト」

という言葉です。

「コンセプトがはっきりしないな」
「コンセプトが出ませんね」

などと当たり前のように
使っていますが、

それはネーミングの事なのか、
それとも狙いの事なのか、

最終ヴィジョンの具体的な
イメージの事なのか、

よく分からずに
活用されている事も多いです。

こういった抽象的な言葉
概念的な外来語の使い方によって

考える力、理解している力
には差が生まれてきたりします。

概念と思考と外来語の使い方

ある野球監督が外来語を
多用するとして注目される事
などがありましたが、

本当に言葉の使い方を
理解していたかは疑問でした。

私たちビジネスマンにとっても
それは同じですが、

本来、コンセプトというのは

「中心理念」「概念」
などのことですが、

「コンセプト」というのは、

ラテン語が元であり、
ヨーロッパの文化の中では
明確なイメージを持っている言葉です。

それを「概念」といってしまうと
ややニュアンスがずれてしまい、

企画を考える時には
いよいよ不明確になってしまいます。

それで「コンセプト」のまま
日本人は使っています。

『広辞苑』によれば

「概念」のほかに、

「企画、広告などで、全体を
貫く統一的な視点や考え方」

と出ていますが、

いちいち、そんな風に
言い換えていては非常に煩わしいです。

しかし「コンセプト」の
意味をしっかり把握して、

「コンセプト」を出せる人は
リーダーになれる、

コンセプトをはっきりさせると、
仕事がうまく行く事を知っているからです。

抽象的な言葉を上手く使える人は
考える力があるという事です。

抽象的な言葉と外来語の使い方

このように常に日本人は、

中国語や英語など外来語を翻訳しながら、

上手く思考の道具を
手に入れてきました。

抽象的な言葉を
獲得する事によって、

考える道具立てを増やしてきたのです。

ただし、抽象的な言葉や
外来語のカタカナ語を使うと、

その人が本当に自分の
頭で考える事ができていなくても、

一応、知的であるかのように
振る舞う事はできます。

ここは注意しなくてはいけません。

いっぱしのことを言っている
ように見えて、

内容が空疎だという事もあります。

「もっとプラグマティックに言ってさあ…」
「ドラスティックなアイデアが必要だね」

などほとんどその意味も知らず
知ったかぶりで外来語を使うのは
みっともないにせよ、

「コンセプト」など
知っているつもりになっている
言葉を使っているケースもあります。

抽象的な言葉や外来語ほど
理解力がなければ使いこなせ
ないのです。

意味を何となくあいまいに
理解して使っている人もよくいます。

どんなに抽象度の高い言葉を使っても、

新たなアイデアが出ないとなると、

結局、考える事が
できないという事になります。

抽象と具体を行き来できる
そんな思考の訓練をしなければ行けません。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法