スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

思考力を磨く為アイデアは形にする、具体化アウトプットする

      2016/10/21

思考力を磨く為アイデアは形にする、具体化アウトプットする
今回のテーマは、

思考力を磨く為アイデアは
形にする、具体化アウトプットする

について紹介します。

「こうすれば儲かるかもしれない」
「こうすれば生産性が上がるだろう」

など、アイデアを生んだとしたら、

それは実際に試すことが必要です。

試しに実行してみることが

思考力ならぬ「試行力」
と言えるかもしれません。

どれだけユニークなアイデアでも、

それを形にしてアウトプット
しなければ上手く行くか分かりません。

机上の空論ばかり口にしても
それは何も状況を変えません。

いくら考えていると言っても

アイデアなり何らかの
成果を出さない限り意味はありません。

具現化せず、成果がなければ、

「下手な考え、休むに似たり」

ではないですが、

考えていないのと同じです。

それはアイデアではなく
ただの妄想と同じです。

思考力を磨く為アイデアは
形にする事が肝心です。

スポンサーリンク

思考力を磨く真のアイデア力とは?

そういう意味では、
考える力というのは成果主義なのです。

思考力というのはアウトプットして
具体化しなければ磨くことはできません。

朦朧として五里霧中の中を
さまよっているだけでは、

考えるとは言わないのです。

もちろんいろんな可能性に
頭を遊ばせる事は必要ですが、

ある期限の中で具現化して
結果を出さなければ、

何もなりません。

考える力はつかないのです。

ところが、人というのは
どうしても、

アイデアを立ててもなかなか
実行に移せないものです。

何か本を読んでいて面白そうな
アイデアを見つけたとしても

「自分にはできないや」
「今は忙しいし」
「これを頼むのは面倒だな」

などと思い込んでしまい、
具体化せずに終わってしまう人が
多いです。

もし試しにでもやってみれば、

何かしらの生産性が上がった
かも知れません。

もしかしたら大金持ちになった
可能性だってあります。

しかし、アウトプットがゼロならば、

それはチャンスを捨てている
ということなのです。

考える力をつけるのアイデアの出し方

世の中に受け入れられている
ヒット商品を見ても、

驚くような発想力が
あるとは言えないものも多いです。

以前流行ったのが、

セブンイレブンの行った

「冬のアイスクリーム」

キャンペーンです。

流通業界では昔から
気温が28℃以上にならないと
評価は売れないと言うデータがありました。

でも

「冬もアイスクリームを食べたい」

という素人発想でも、

従来の常識にとらわれずに
行動に移した所うまく行ったのです。

アイデアというのは

思うつくのが大切なのではなく

「実際に試してみたらどうなるか」

を重視しなければいけません。

思考を磨く、考えると言うと、

非常に個人的な作業のように
思えるかもしれませんが、

それを社会的な作業に
変えていかなければ
意味がないということです。

その点では

「考える」ことは必ず
他の人からのチェックを受ける
という事になります。

アイデアは形にする、具体化
アウトプットするからこそ、

この世にインパクトを与えるのです。

例えば、研究者であれば論文を書いて
発表する事を前提に考えているからこそ
考えがまとまるのです。

「全く自由に考えてみろ」

と言われて、

「論文も書かなくていい」

などと言われていたら
全く考えが進まないのです。

私も、学生時代に
起業アイデアをずっと考えて、

行動には移さずに
考えている気分に浸っていた
事がありますが、

自分はアイデアマンだと
調子に乗っていましたが、

結局何も生み出しませんでした。

あまりにも非生産的だった事を反省し、

小さな事でも形にするようにしてから、

考える力もつき、
考えが進むようになりました。

アイデアは具現化しないと意味がない

そう言う意味ではアウトプットの為に
仕組みを作ることも重要です。

何月何日までに
何かしらのテーマを書くと
決めて自分に課していると、

そこに向けていろんな
思考が集約していくのです。

結果を見据えて考えるからこそ、
考え続ける事もできるし、

考えを進める事もできるのです。

「考えたけれども
アイデアが出ませんでした。」

というのでは

「評価なし」で、
考えなかったのと同じです。

もし、考えても
今日アイデアがでないならば、

「○○まで時間を下さい」

と、期日まで必死に考え続ければいいのです。

何らかの結果が出るまで
考え続けるという粘着力が

「考える力」や「思考力」を磨き
強固なものにするためには

絶対に必要なのです。

アイデアは現実社会に価値を加えるもの

社会的に見れば、
考えるとは価値を生み出す作業です。

商品に付加価値をつける、
システムを改善するというような事は

すべて考える事から生まれています。

考えないてできる仕事もありますが、

そうした仕事は楽ですが、
発展性がなくてつまらないです。

私はかつて単調なアルバイトも
たくさんやりましたが、

常にどうすればもっと
効率的にやれるかを徹底的に考えました。

状況を把握しながら

どう受け答えすれば
流れがうまく行くのか、

工夫する事を楽しむようにしてきました。

ちょっとしたアイデアでも
具体化したから、

生産性が上がるのです。

そうしなければ、

アルバイトなどは自分の時間と
エネルギーの単なる切り売りに
なってしまうと思ったからです。

ルーティンな仕事から
脱出する方法は、

唯一考える事だけだと言ってもいいでしょう。

人生を変えるアイデアの価値

まず

「考える事は現実に対して
有効なアイデアを生む事だ」

とポジティブに捉えてみましょう。

自分が考えた事が、

現実を改善するように使われ、
現実をよくする状況を生み出していきます。

自分が考えたアイデアが
現実を組み替える、

こう思えば、かなり
やる気も出てきます。

「具体的結果を出すように考える」

というアウトプット癖が身に付くと、

世の中で、漫然としか
考えない人と、

常に結果を出そうと考えている人とが
はっきりと分かれて見えてきます。

そして思考力を磨くため、
考える力をつけるために、

「ああ、この人は頭を使っているな」

という人を自分の周りから見つけて、

その頭の使い方を学ぶのです。

考えるというスポーツで
自分より上手い人を見つけ、

モデルにして、上達していくのです。

アイデアは具現化して
具体的結果に結びつけましょう。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法