スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

アイデア出しの時間帯、自分の集中できる時間帯を持ち効率化

      2016/10/22

アイデア出しの時間帯、自分の集中できる時間帯を持ち効率化
今回のテーマは

アイデア出しの時間帯、
自分の集中できる時間帯を持つ事

について紹介します。

よくよく考えれば、

私たちの日常生活においては、
24時間集中する場面が求められます。

例えば、

レストランでメニューを
読むのも集中する作業です。

料理をつくると言う時も
集中する作業です。

テレビを見るのも集中してみれば
内容の頭の入り具合が変わります。

寝る時も集中して寝る方が
しっかりとした睡眠が取れる訳です。

理想を言えば、

24時間集中できる状態が
望ましいでしょう。

しかしやはりそれは現実的では
ありません。

集中するためには、

自分が最も集中できる時間帯
ゴールデンタイムをしっかりと
把握する事も大切です。

一日のうちで

最も効率的に仕事ができ、

アイデアを出す考える事が
できる時間を

自分で分かっていると、
効率よくスケジュールを組めます。

そしてその時間だけは

色々と邪魔が入らないように
工夫をしておくのです。

その時間には、

いつでもできるような事はしないのです。

前に紹介した
スティーブンキングのように

午前中は執筆時間の
ゴールデンタイムと設定して、

この時間だけは誰にも
邪魔させないという事です。

スポンサーリンク

アイデア出しの時間帯を設定すると

会社にいる間は

なかなかそう簡単には
自分だけの時間帯を作る事は
できないかもしれませんが、

例えば9時から10時の1時間だけは

クリエイティブな時間と設定し
ルーティンワークはしないと決める。

そして集中して考える
時間帯にするのです。

もし、どうしても同僚や上司など
周囲の邪魔などが入って
考えにくいというのであれば、

出勤時間よりも1時間出社して
自分だけの時間を作るといいでしょう。

朝はゴールデンタイムに最適で

集中力が最も高く
アイデアが出やすい時間帯ですが、

或はほとんどの人が
退社した後の1時間を充ててもいいでしょう。

個人的に言えば

朝ほど集中力が高く、
夜になるほど集中力はなくなると感じます。

なので集中できる時間帯は
朝一番と言える訳ですが、

アイデアはリラックスした夜に
出ることもあります。

寝る前のお風呂の時間を
アイデア出しの時間にするなど

効率化する工夫はいくらでも
できるはずです。

最もリターンの高いタスクはなに?

こうした効率化した
頭の使い方をする為には、

まずは時間を管理する必要があります。

自分の毎日の行動を把握し、
そこから適切な時間割をする訳です。

その為にお勧めの方法は、

まずは1日或は、一週間の
生活を細かく時間割にしてください。

30分単位でまずは
細かい動きを把握するのです。

そしてあなたがやっているタスク

或はやりたいと思っている
タスクを書き出します。

そしてそのタスクに優先順位を
付けてください。

「最重要」「ある程度重要」
「片手間で可能」「どうでもいい」

を言うレベルでSABCと割り振ってください。

そしてSのタスクを自分の脳が
最も効果を発揮できる時間にやるのです。

その時間にABCと言ったタスクを
やっては行けない訳です。

最も力が発揮できる時間に
最もリターンの高い行為だけをやる

これだけで人生が変わって行くでしょう。

またこうした時間管理を徹底すると
無駄な時間をカットできますし、

効率的に時間を使えるようになります。

自分の集中できる時間帯を持つメリット

そして時間管理と言う点から言えば、

制限時間を設ける事も
当然ゴールデンタイムを持つ事に
結びつきます。

喫茶店やファミレスを活用するのも、

場所を変えて気分を変える事で
集中を図る事でもありますが、

制限時間を設ける事にもなります。

せっかく制限時間を設けても、

集中できなければ
ゴールデンタイムになりません。

タイムリミットがある中で
どれだけできるのかという意味で、

幼いころから
百マス計算などをして

時間を競う訓練をするのも効果的でしょう。

大人になっても

アイデア出し時間帯、
自分の集中できる時間帯を決め、

その時間帯に生産的な事を
できるようになるでしょう。

また時間的には長くなりますが、

受験勉強も制限時間が
あるという意味で、

集中力を高める効率化の
非常によい訓練になります。

大人の受験勉強は集中を学べる

よく受験勉強をしすぎると、

考える力がなくなったりする
といわれますが、

しかし実際には、
そんな事はあり得ないでしょう。

厳しい受験勉強を
やってきた人間ほど

考える力が下がると言う
統計データもありません。

大人になってからも
こうした制限時間のある
試験勉強などを活用できるといいでしょう。

制限時間内に
集中する、アイデアを出すなど

時間を有効活用する訓練になります。

答えがある事を考えるのと、
答えがない事を考えるのでは

たしかに脳の使い方は違いますが、

時間帯の有効活用と言う点では同じです。

テストを目指して勉強するのは、

テスト日が決まっているから
逆算して段取りをしていく
能力が必要になります。

その点で、上手く期間を限定して
集中に入れるのです。

受験という目標に向けて

制限時間の中で
きちんと段取りを決めて勉強できた人は
集中力がかなりついているはずです。

いずれにせよ、

アイデア出し時間帯、
自分の集中できる時間帯を持つ

事は人生を効率化し仕事で
成果を出すためにも重要です。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法