スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

仕事で脳を使う前の準備体操、頭のウォーミングアップが必要

      2016/10/22

仕事で脳を使う前の準備体操、頭のウォーミングアップが必要
今回のテーマは、

仕事で脳を使う前の準備体操、
頭のウォーミングアップが必要

について紹介します。

脳というのは筋肉と同じように、
使うほど鍛えられるのです。

頭が良くなる秘訣は

「脳にいかに負荷をかけ
良く使う機会を設けるか」

と言えるでしょう。

そして「脳は身体の一部…」
という観点に立つと、

運動と思考力は密接な
関係にあるのではないでしょうか。

こう考えると脳の動かし方の
ヒントとなります。

どのような仕事であれ、
仕事を始める時には

なかなか気分が乗らない
時があるものです。

取り合わせ深く考える事が
要求される仕事ほど、

なかなか取りかかれなかったりします。

一般的には、

仕事を始める時には、
余り考える必要のない
作業の方が入りやすいです。

色々考えなければできない
仕事になると、

その大変さが予想でき
億劫になります。

集中するためには準備体操
ウォーミングアップがどうしても必要です。

あまたの働きもエンジンと同様で
温まるまで結構時間がかかります。

ウォーミングアップの
時間は準備として

「使っても仕方がない」

と心に決める事です。

スポンサーリンク

仕事で脳を使うとき頭が働かない時

長時間勉強しようと思えば、
それに耐えうる持久力が必要ですし、

短い時間で問題を解くには
瞬発力が欠かせません。

そして身体をスムーズに
動かす為には準備体操が必要ですが、

頭を動かす時も同じです。

例えば、レポートなり
原稿なりを二時間書く時間を
取りたいとします。

文章を書こうとすれば、
よく考えなければならないので、

とても疲れます。

最初の二時間を構想などに費やし
ようやく1時間書いて、

また二時間休んだり、考えたりする。

そしてまた1時間書いて、、

となると、結局
6時間も使って二時間しか
書いていない事になります。

6~8時間費やしても
二時間しか進まないという日が続くと

「自分には集中力がないんじゃないか」

とイライラするでしょう。

しかし、そこでイライラしても
仕方がないのです。

「なぜ、自分はなかなか
集中に入れないんだろう」

と思って、じれていたり
落ち込んでいたりするよりも、

休んでいる時間を含めて

「トータルで1日2時間時やればよい」

と思う事です。

脳のウォーミングアップは必要なもの

スポーツでも例えば
サッカーやバスケットボールなど

スポーツ競技の多くは
30分から1時間ほど、

その間に休憩を挟むものです。

人間はそれほど長時間

脳をフル回転させて集中を
持たせることはできないのです。

休んだり、イライラして
書けない時間も含めて

無駄な時間と考えず、
計算のうちに含めてしまうのです。

スポーツでは
必ずウォーミングアップが必要です。

陸上選手は100メートルを
10秒で走るとしたら、

その10秒のために、
永遠と準備をしなければなりません。

本当に集中するのは
一瞬に過ぎません。

そういう意味では、

本番ではない時間を
ウォーミングアップや筋力を鍛えるなど

色々な練習に使っているのです。

仕事でも勉強でも、
考えながら行う作業も

それと同じように、
深く集中に入るためには、

その集中時間の何倍かの時間が
必要だと割り切ってしまうのです。

仕事で脳を使う前の準備体操が大切

長時間、同じ密度で
集中しようと思うよりも、

いったん集中したら、
それをできるだけ途切れないように
する方法を考える方が大切です。

特にプロの世界で勝敗を
分ける差というのは、

技術のさよりもむしろ
集中力の差とも言えます。

集中力のコントロールが
上手い人ほど勝てる人なのです。

こうした観点から
スポーツの試合を見て、

一流選手と呼ばれる選手の
動作を見ていると面白いです。

一流選手の凄さは
一瞬の集中力の凄さにあります。

その状態に入る前に
どんな動きをしているか?

イチロー選手などはその
独特な動きの例と言えるでしょう。

こうした考え方は
ビジネスや日常生活の場で
色々と活かせるるものです。

またはっきりとした統計は無いですが、

長距離走が得意な
持久力のある人は、

勉強もコツコツとできる
タイプが多いような気がします。

逆に短距離走や瞬発力が
必要な運動が得意な人ほど、

アイデアや閃きで
仕事も勉強もこなす…

というイメージがあります。

頭も身体もウォーミングアップが必要

いずれにしても、

身体を使うのも頭を使うのも
効率的なやり方があるのです。

仕事でも勉強でも、

長い時間働いたり勉強すれば
言い訳ではありません。

いかに集中力をコントロール
するかどうかで成果は変わるのです。

アスリートと同じように
私たち知力を使うビジネスマンも

自分の集中力を引き出すよう
パフォーマンスを発揮できるよう
工夫するべきなのです。

だからこそ頭の準備体操も大切です。

音読や単純計算は
ウォーミングアップに
非常に効果的なものですが、

ギアが上がらないときでも
イライラしてはいけません。

できない状態にイライラ
しすぎてしまうと、

気持ちばかりが焦り、

自己嫌悪に陥って
さらに集中できなくなってしまいます。

そういう事がないように、

自分をコントロールしていく
必要があるのです。

仕事で脳を使うときも
頭のウォーミングアップを
取り入れてみてください。

次回からさらに詳しく、

こうした集中力を維持する為の
マインドセットやテクニックなどを
紹介して行きます。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法