スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

脳を覚醒させる瞑想状態と集中状態の違いとコントロール方法

      2017/08/02

脳を覚醒させる瞑想状態と集中状態の違いとコントロール方法
今回のテーマは、

脳を覚醒させる瞑想状態と
集中状態の違いとコントロール方法

について紹介します。

どちらも脳の作用であり、
一緒くたにしている人も多いですが、

瞑想状態と集中状態とは
何が違うのでしょうか?

この違いを知っておくことは重要です。

英語で言えば、
瞑想は「meditation」
集中は「concentration」

どちらも脳の機能、思考を
使った状態と言えますが、

両者は微妙に異なるものです。

簡単に言えば、
集中は「力」をもたらし
瞑想は「知恵」をもたらします。

集中は、現実の世界における
成功に欠かせません。

そして瞑想も、
心の世界の成功に欠かせないのです。

心身ともの成功する道こそが
人間力(運気の器)を高める道ですが、

目に見える技術や知識は
集中によって身に付きます。

目に見えない技術や知識は
瞑想によっても身につくのです。

思いを完全に集中すれば
天才的な能力を得ることができます。

しかし人生の真理を得るためには
瞑想が必要です。

そしてどちらも高めれば
脳は覚醒していくでしょう。

両輪をバランスよく鍛えて始めて
人生の成功と言えるのです。

「集中と瞑想」と「妄想、空想」の違い

消極的な精神状態に入る事が
集中状態だと考える人が多くいます。

しかしそれは勘違いです。

家の中や山の中に
引きこもり心を落ち着ける…

それは集中状態ではありません。

また瞑想状態は、
ただ物思いにふけったり、
バカな夢を見たりする事ではありません。

空想や妄想は
唯ぼんやりと考える事ですが、

瞑想は目的を持って
思いを集中することです。

空想は簡単で楽しいですが、

瞑想は最初は難しく、
うんざりするものです。

空想は怠け心や贅沢心から生まれますが、
瞑想は努力と訓練から生まれます。

ここからセルフコントロール
自制心の極意を学ぶことができます。

空想は、心のコントロールを失わせ、
時のその人を危険にさらすことがありますが、

瞑想は、しっかりと心を
コントロールし、その人を守ります。

瞑想によって気高い
思いの集中するには、

心と体の両方の
エネルギーが必要なのです。

願望と集中力が結びつくと、
瞑想の状態が生まれます。

そしてまじめに努力をすれば
いつか必ず清らかさ、知恵や、幸せや、
安らぎと言った収穫が得られます。

そして脳はこれまでになく
覚醒していく事でしょう。

それは瞑想という気高い心の果実なのです。

科学的な根拠がないと言う理由で

瞑想は一般的には怪しい
と言うようなイメージを
持つ人も多いかもしれません。

しかし、

スティーブ・ジョブズ、
ビル・ゲイツなど

瞑想の習慣を取り入れる
成功者やアスリートは多くいます。

ブッダやイエスキリストなど
偉大な宗教家は皆一様に
瞑想の習慣の重要さを説きました。

そしてこの重要さは十分
現代のビジネスマンにも当てはまります。

このスキルはセルフコントロール
という面において特筆すべき
メリットがあるのです。

脳を覚醒させる竹でなく
運気の器を高める上でも
ぜひ実践してほしいものです。

集中力は最大の力となる

そして集中力は「力」をもたらします。

集中力が身につくほど、
あなたはますます有能になり、
社会で高く評価され、

その結果、色々なチャンスに恵まれ、
さらなるキャリアアップにつながります。

そして人生を幅広く楽しめるのです。

しかし現代社会では、
日常生活でもそのような空想状態に
陥っている人も珍しくはありません。

24時間消極的な精神状態にある人は

たいていうまく集中できず、
上の空の状態になります。

この状態が続いてしまうと、

集中力は衰え、
何事にも集中するのが難しくなります。

何度も言ってきていますが、

集中する為には、
意志の強さが必要なのです。

優柔不断な人というのは意志が
弱いために精神を集中できないのです。

特定の話題や考えに
焦点を合わせられない

と言うのは心が弱いと言う事です。

同じくある話題や考えから離れることが
出来ないのも心が弱いのです。

テレビや携帯電話やEメールに
集中を途切れさせるのも、

大きな心の弊害と言えます。

集中力をコントロールする

という事はつまり、

内容なんであれ、どんな
問題でも心を集中できる事、

また調和を乱す考えを
追い出すことができる人

こそ、真の心の強さを
持っている人なのです。

集中力とは、

終始一貫して『心の強さ』
以外の何物でもありません。

人は集中することを通じて

精神的、肉体的エネルギーを終結させて、

エネルギーが作動している
状態を保つことができます。

集中状態になると、

一つの考えや言動、行動
計画に注意がむけられます。

そして素晴らしい結果を出すことが出来ます。

だからこそ、あちこちに心を
迷わせてしまいがちな人は

社会において多くを
成し遂げる事が出来ないのです。

そういう人は、無駄に
エネルギーを浪費させる人です。

ただ、漫然と働き、考え、
話し、行動して、計画する。

…焦点を合わせるべき問題から
関係ないことへと頭脳をさまよわせると
集中することはできなくなるのです。

集中とは、あなたが

「今集中したい。集中できる。集中するのだ!」

と言った瞬間に始まるものなのです。

集中も瞑想もどちらも
思考を使ったトレーニングです。

そして集中状態と瞑想状態
この二つをコントロールできる力、

脳が覚醒したこの状態こそが
あなたの本当の資産です。

毎日少しずつでも良いので
高める鍛錬をして続けていきましょう。

少しずつで構いません。

鍛えて行くに従い徐々に瞑想状態も集中状態も
その状態を伸ばして行く事が可能です。

そしてそれを仕事や勉強、
メンタルコントロールに応用する事が
可能になってくるでしょう。

この習慣を持てば、
必ず人生は向上していくと
私は確信しています。

ぜひ参考にしてください。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則