スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ポジティブな人生を送る人、ネガティブな人生を送る人の特徴

      2017/08/02

ポジティブな人生を送る人、ネガティブな人生を送る人の特徴
今回のテーマは、

ポジティブな人生を送る人、
ネガティブな人生を送る人の特徴

について紹介します。

人生が二つの道に分かれているとして、

健康で豊かで幸せで向上して行く道と
不健康で貧しくて不幸で堕落して行く道なら

当然、前者の道を歩みたいと
感じるはずです。

ポジティブな人生を送る人、
ネガティブな人生を送る人の特徴

その違いは思考を通じた世界に差があります。

人間は思考を通じて
周囲の世界を選びとって知覚しています。

簡単に言えば、

「世界は、私たちが考える通りにある」

のです。

もし仮に、

自分の周囲の起こる悪いことだけに
注意を向けていれば、

世界は悪の源泉のように見え、
ネガティブな人生を送る人になります。

逆に、

人生の素晴らしい側面を
見出すことができる人は

幸せな人生を歩むことのできる
ポジティブな人生を送る人になれます。

世界が私たちの考えるようにあるならば、
あなた自身が世界をどのようにとらえたいかを
自分で選ぶことができます。

せっかく一度しかない人生です。

あなたは

ポジティブな人生を送りたいですか?
ネガティブな人生を送りたいですか?

どちらにせよあなたの選択次第なのです。

ポジティブな人生を送る人になる訓練

人生をポジティブに変えるための
とっておきのトレーニング方法を紹介しましょう。

私が知っている中で、
意志の力を最大限まで使うための
最高に効果的な訓練方法というのは、

全ての人、物事の中にポジティブな面を見出す

というものです。

万物にはポジティブな面が必ずあります。

だからこそ意識して、
相手の持つ良い面に目を向ける事

その事は、相手を勇気付けるだけでなく
自分自身のためにもなるのです。

私たちが与える物は
すべて自分に返ってきます。

人は誰でも、落ち込んだりした時に
サポートが欲しい場面を迎えます。

そんなときに、
あなたが日ごろから他人を励ましてサポートする
という習慣さえ持っていれば、

相手も自分もパワーが出る事になります。

なぜなら、
ポジティブで元気の溢れるような思いが
自分に返ってくるからです。

身体の健康も同じです。

ポジティブなものを身体に与えれば、
健康体を得ることができますし、

ネガティブなものを身体に与えれば
やがて病気になるものです。

この世界では、自分が人に与えたものを
全て自分に返ってくるようになっています。

ネガティブを与えたらネガティブが返ってきます。
ポジティブを与えればポジティブが返ってきます。

ポジティブな人生をあなたが歩みたければ、
あなたは他人にポジティブを与えれば良いのです。

ネガティブな人生を歩みたければ
あなたは他人にネガティブを与えるのです。

簡単な選択次第で、
ポジティブな人生を送れるのです。

とにかくまず相手を元気付け勇気付ける
この習慣を持って見て下さい。

この習慣を身につけると必ずいつの日か

自分のパワーが上がってることに気づく日が来るはずです。

パラダイムシフトと幸運の関係

自己啓発の世界の世界的名著のひとつに
スティーブン・コビー博士の
「7つの習慣」があります。

この本で出てくる
パラダイムシフトと言う概念も

今回紹介している内容を端的に
表しています。

この「七つの習慣」の一部を引用すると

『私たちは、ものごとを
あるがままに見ているつもりでも、

実はある種の「レンズ」を通して見ている。

そして、そのレンズこそが、
私たちの世界観をつくり出し、
私たちのすべての行動を方向づけている。』

ということです。

今まで見ていたものの見方が変わる事を
パラダイムシフトと言います。

この世界で現実や事実は
たしかに一つしかありません。

しかしそれをどう解釈するかは、
個人個人に無数の選択肢があります。

私たちは色眼鏡で世界を見ているのです。

そしてどんな解釈を選択するかはあなた自身であり、
その選択はコントロールできるのです。

暗いメガネで世界を見れば
世界は暗く映るものです。

明るいメガネで世界を見れば、
世界は明るく見えるのです。

人生の道でどんな道を選びたいか?

まずはそこから想像して欲しいと思います。

まずはポジティブに取り組む姿勢を

特別な技術や資格を身につけようと、
何年も努力しながら、

結局無駄に終わる人がいます。

そういう人たちは、
特別の技術や資格よりも前に、

ポジティブで前向きに
取り組む姿勢を身につける方が必要です。

ダークな部分にフォーカスすれば、
思考はダークに染まるものです。

しかし明るい部分にフォーカスすれば
思考にも光が射します。

不注意や怠慢な気持ちが、
技術や能力を問われる前に

ネガティブな結果につながるからです。

それでもたいていの人たちは、

自分の思考に注目を向けず、

良い仕事が回ってこない環境を嘆いたり、
職を失えば世の中のせいにして文句を続けます。

「不完全」や「失敗」
の原因は探し回るまでもないのです。

不況の中で成功する人もいます。
どんな環境からでも這い上がる人はいます。

すべては環境ではなく
その人の思考が決めるのです。

なぜある人はうまくいかないのか?

それは自分自身の心が、
誠実に働くことを嫌がったり、

良い仕事をしようとする姿勢
義務や課題に満足いくまで取り組む気持ちが
欠けていたからなのです。

そのネガティブな人生を送った原因は、
心の底に楽をしようと言う
怠惰な考えがあったからなのです。

向上心があればチャンスをものにできる

前回も紹介しましたが、
人生は私たちに向上するチャンスを与えます。

しかしそのチャンスをものにして
向上していけるかどうか…

それは、自分があるべき姿にどれだけ
近づいているか次第で変わってきます。

毎月一日でも良いので、

「どれだけ自分が向上したか進歩したか」

ゆっくり考える時間を持って下さい。

もしそのとき、

あるべき姿に到達していないならば

その理由を見つけ、

次の月は、なお一層の努力で
必要な事を達成するのです。

達成できない時があっても、
向上を怠けては行けません。

現状維持は堕落の道でもあります。

計画が実行に追い付かないとすると
その計画した時間は永遠の無駄になります。

その時間は計り知れないほどの損失を出すのです。

遅れる理由は色々とあるかもしれません。

しかし、そのたいていは
行動を起こさない事の言い訳です。

行動をしっかり起こしましょう。

1mmでも成長して行けば人生は変わります。

ポジティブな人生を送る人、
ネガティブな人生を送る人

その差はこうした心の差が現れるだけなのです。

 - 人間力を高める運気の器を広げる成功法則