スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

若返り美容ダイエット、脳の健康効果も高いケトン食とは?

      2016/10/24

若返り美容ダイエット、脳の健康効果も高いケトン食とは?
今回のテーマは、

若返り美容ダイエット、
脳の健康効果も高いケトン食とは?

について紹介します。

人が新しい環境に適応するには
長い時間がかかります。

にもかかわらず、

これほど生活環境が
激変が起こったのは、

最近の50年間くらいの事です。

100万年単位の人の歴史から見れば、

50年なんて瞬きほどの
時間でしかありません。

環境の激変とそのスピードに
順応できる人もいるでしょうが、

この方な人は少数派でしょう。

むしろ多くの人は環境の激変と
そのスピードを脳は強いストレス
として受け取り、

苦労しているようです。

日本を始めとする先進諸国で、

慢性の疲労、不安、うつ、睡眠障害
などが蔓延するのも、

この現れなのかもしれません。

若返りアンチエイジング
美容ダイエットに関しても、

生活環境の変化、食生活の変化は
大きな要因となっているでしょう。

スポンサーリンク

心身の健康は食べ物の質で変わる

WHO(世界保健機関)は、

自殺、暴力、うつ病などが世界的に
増えている事を報告するとともに、

21世紀における一番の
健康問題は心の健康である、

と指摘しています。

こうした精神疾患や心の不調を
抱える人が増えているのは、

脳へのストレスが大きく
関わっているでしょうが、

最近の50年間で激変したのが、
やはり食べ物でしょう。

私たち現代人の大多数は、

最適な栄養状態に無いので、

本来の脳と心の健康、幸福感、
心の張りを発揮できないまま、

人生を送っているのではないでしょうか。

精神科や心療内科で
治療を受ける人の多くは
薬の服用をしているでしょうが、

実際には薬よりも大切なのが、

長年にわたる不適切な栄養素の
摂取や環境中に存在する毒物、

或は過度の糖分ではないでしょうか、

若返り美容ダイエット、脳の健康効果に
最も肝心なのは、

身体と脳に最適な栄養素を提供する事です。

脳の健康効果も高いケトン食とは?

さて前回人類が狩猟時代に
活用したと考えられている糖質制限、

ブドウ糖の代わりに
私たちの脳と身体のエネルギー源
となるのがケトン体ですが、

極端に炭水化物など糖質を
制限したときにケトン体は発生します。

これまで医師の間では
ケトン体は身体にとっての悪者である
と考えられていましたが、

実はケトン体には身体と脳にとって
健康上のメリットが多くあるのです。

そう言ったケトン体を発生させる
食生活をケトン食と言います。

このケトン食について
様々な角度から見ていきましょう。

ケトン体で若返りダイエット効果

ケトン体のメリットとして
まず挙げられるのが、

運動せずに体脂肪を
減らす事ができると言う事。

ダイエットを志す人に取って
これほど嬉しい響きの言葉は無いでしょうが、

実は、ケトン食を実践すれば
それを実現する可能性があります。

従来、脳のエネルギーは
ブドウ糖だけと考えられていしたが、

最近の研究では実はケトン体も脳の
エネルギー源になる事が分かってきました。

脳は体全体の消費エネルギーのうち、
約20%を使っていると言われています。

この膨大なエネルギー量を
ケトン体で補ったらどうでしょう。

ケトン体をどんどん作ると言う事は、
中性脂肪をどんどん分解すると言う事、

これは体脂肪を燃焼すると言う
事に他ならないのです。

つまりケトン体回路に
切り替えてケトン体を脳の
エネルギー源にすれば

運動をしなくても自然に 
体脂肪が減る事になるのです。

さらに長寿遺伝子をオンにする
と言う報告もあります。

カルフォルニア大学サンフランシスコ校

島津忠弘さんの研究では

ケトン体回路をオンにすれば
Sirt3と呼ばれる長寿遺伝子が
活性化すると言います。

つまり、若返りダイエットを
自然と実現できると言われるのが、

ケトン食のメリットなのです。

脳を活性化するケトン食の効果

さらに注目したいのが、

ケトン体と脳の関係です。

ケトン体は脳のエネルギー源
として活用できるだけでなく

脳を活性化する事が明らかになっているのです。

勉強や練習も大切ですが、
食生活を変えるだけで

あなたの中の天才を目覚めさせる事ができる

そうした可能性を秘めているのが
ケトン食の力なのです。

2010年にアメリカ・オハイオ州

ケース・ウェスタン・リザーブ大学医学部

シャオヤン博士のチームで
大変興味深い研究報告がされました。

月齢3ヶ月の若いネズミグループと
22ヶ月の年寄りネズムグループに分け、

それぞれのグループに

通常食の餌、ケトン体を誘発する餌(ケトン食)
を3週間与え、

それらのネズミを低酸素圧状態に置き、

認知能力と運動能力を測定しました。

ネズミなどげっ歯類は
新しい環境におかれた場合、

周囲を嗅ぎ回ったり
触ったりしながら歩き回り、

探索行動をする習性があります。

この習性を利用して、
実験に使うネズミたちが

これまで見た事の無い新しい物体を置き

それを探し当てるまでに
どれくらい時間がかかるかを測定し、

探索率を割り出し、脳機能の
向上性を確かめると言う方法です。

ケトン食で脳に機能が改善した

その結果、

若いネズミ、年寄りネズミグループ共に

普通の食餌を与えられた場合より
ケトン食を与えられた場合の方が、

探索率が上がる事が分かり、

さらに年寄りネズミでは

ケトン食を与えられた場合の方が、
認知能力が20%も伸びていました。

この研究では、

年を取って衰えた認知能力も
食餌によて誘導されたケントン体で
改善できる事を示唆しました。

なぜこのようなことが起きるのか?

研究チームの考察では、

ケトン食により、毛細血管が新生し、

このことにより、
脳の血流が良くなり認知能力が
向上したと考えられています。

人間も同様に、

年を取るとだんだん
毛細血管が少なくなり、

血流は悪くなります。

しかしこの実験では

高齢者であっても食事によって
ケトン体を誘導する事ができれば

脳の認知能力を上げられる効果がある
可能性を示唆しているのです。

この実験結果によれば、

標準食では若いラットに比べて
半分程度の認知能力しか無かった
年寄りネズミも、

ケトン食であれば、
標準食の若いラットに迫る
認知能力にまで向上しているのです。

ケトン体は脳を若返らせる。

この可能性を示す非常に
重要な研究結果と言えます。

ケトン食を続ける事の他のメリット

他にも、

ケトン体の数値が上がり、
長寿遺伝子Sirt3が活性化する事で、

細胞の老化予防が期待でき、
アンチエイジング効果も高くなり、

脳にとっても、
認知症やアルツハイマー病の
予防につながる可能性も報告されており、

さらにはてんかんの治療に
効果的とも言われています。

私たちの脳の中では
神経細胞が電気信号でお互いに
連絡をし合う事で

調和の取れたスムーズな活動をします。

しかし何らかの理由で
その電気信号の調和が乱れ、

意識を失ったり、けいれんが起きる
症状をてんかんと言いますが、

もともとケトン食は
20世紀以降、てんかんの
治療食として使われてきました。

そしてハーバード大学神経生物部
の研究チームによれば、

ケトン体には
脳に直接し作用して

てんかん発作を抑える効果が
ある事を明らかにしています。

このような様々な若返りや脳への
さまざま効能を研究者は報告していますが、

私自身の経験や
私の周りにススメてみて

ケトン食を続けた感想として、

体脂肪が減った
ダイエット効果
朝の目覚めが良くなった、
集中力が高まった

と言うのは多くの人が感じているものです。

若返り美容ダイエット、
脳の健康効果も高いとすれば、

試してみる価値はあるでしょう。

今後さらに詳しい研究が進み
ケトン体の効能についての解明が進む
事に期待ですが、

次回は実際にケトン食は
どういった内容で実践すればいいのか、

その具体的方法を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法