スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

副業としての海外仕入れ・海外輸入の基礎知識、仕事の特徴

      2017/08/19

副業としての海外仕入れ・海外輸入の基礎知識、仕事の特徴
今回のテーマは、

副業としての海外仕入れ・
海外輸入の基礎知識、仕事の特徴

について紹介します。

ビジネスは個人でも今や世界を
視野に入れる時代なのです。

グローバル化時代…とは言え、

まだまだ島国根性が抜けきれない
日本人は海外のものが珍しかったりします。

それを仕入れるだけで
普通より高めで売る事ができます。

円高の時代であれば、
ネットを使って海外のサイトから
商品を仕入れ輸入すれば

そのメリットは大きいです。

ここでは副業としての
海外仕入れ・海外輸入の基礎知識
を紹介しましょう。

スポンサーリンク

今やネットで買える時代

以前も海外に出かけて
雑貨などを仕入れるスタイルと
紹介しましたが、

実は海外にまで足を運ぶ
必要すらなくなっているのです。

海外のサイトから個人で直接
商品を購入すれば、

業者の中間マージンがない分
格安の値段で仕入れができ、

それを日本のオークションサイトなどで売れば、
大きく稼ぐチャンスがあります。

海外のサイトを利用する場合、
英語がネックになりますが、

翻訳サイトを使えば問題ありません。

実際にそういった方法を駆使して、
英語がだめでも、海外仕入れ、海外輸入で
稼ぐ人も少なくありません。

イーベイ、アマゾンは誰でも買える

では海外の仕入れ先、輸入元は
どんな所があるのでしょうか、

基礎編として代表的な三つのサイトを紹介します。

1.ebay

ebayは世界最大のオークションサイト

商品数はヤフオクよりも遥かに多い
10億点と言われています、

世界数十国の商品が並び、
利用者は約2億人(ヤフオクは600万人)

このebayで商品を安く仕入れ、
ヤフオクで売るのが王道パターンで、

ヤフオク内でもebayで手に入る
日本未発売商品などが人気です。

2.アマゾン

本やCD、おもちゃ、家電まで
何でもそろっている日本でもおなじみの
通販サイトアマゾンですが、

アマゾンは日本に限らず
世界各国でサービスを展開しており、

そこで生じる価格差に目を付け、

海外のアマゾンで商品を仕入れ
日本のアマゾンで売る

という稼ぎ方もできるのです。

中国のネットは意外にチャンス

3.タオバオ

フォーブスの長者番付にも
ついにランクインした、

ジャックマーが創業したのが、
中国のオークションサイト「タオバオ」

中国の物価は日本の10分の1と安いので、

タオバオで売られる商品も
激安価格なものが多いです。

タオバオで仕入れてヤフオクで売れば
儲け額が膨らむ可能性は大きいです。

例えば、世界中で利用者が増えている
iPhoneのケースなどもタオバオでは
激安価格で売られています。

150円で仕入れ、ヤフオクで
3000円で売れることもあるそうです。

ただタオバオでは偽物も多いので、
仕入れには注意が必要です。

以上、海外仕入れ、海外輸入では
商品によっては仕入れ値の10倍以上で
売れるものもあります。

個人の副業でもできる
事はたくさんあるのですから、

チャレンジする価値はあります。

目利きを聞かせて一品を
仕入れるのも良いですし、

安い商品を大量に仕入れて
稼ぐのも一つの手です。

語学の壁があり手を出さない人が多いのですが、

やってみれば意外と簡単なので、

海外仕入れ、海外輸入の副業に
チャレンジしてさらにお小遣いを増やしましょう。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法