スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

自分の車を貸すだけカーシェアリングの副業の仕組みと特徴

      2016/10/18

自分の車を貸すだけカーシェアリングの副業の仕組みと特徴
今回のテーマは、

自分の車を貸すだけカーシェアリング
の副業の仕組みと特徴

について紹介します。

自分の車を貸すだけで
維持費くらいは稼ぐことができる、

カーシェアリングという副業に
注目が集まっています。

最近では、「若者の車離れが進んでいる」
という声を聞きますが、

その原因の一つは維持費の高さにあるでしょう。

車を持ちたいが
維持費を負担するのが大変なので、

泣く泣く諦めると言う人も多いはずです、

でもその車を自分が使っていない間、
人に貸せば、維持費の問題は解決できるのです。

スポンサーリンク

この副業で稼ぐ東京在中の知人は、

「元々車が好きだったんだけど、
仕事が忙しくてあまり使わないから
維持費が大変で、、

もしカーシェアリングの副業をしならなければ、
とっくに車を売っていたかもしれない」

と言っていました。

彼は月に1~2回、主に週末に車を貸し出し、
月1万円程度の収入を得ています。

金額的にはそれほど高くないですが、

自分の体を動かすことなく
家でごろごろしているだけで
お金が入ってくるのですから、

副業としては悪くありません。

車を貸し出すには、まず
「個人」「カーシェアリング」といった
キーワードで検索して、

斡旋サイトのアクセスしましょう。

そして自分の車の情報や
貸し出せる日、料金などを登録します。

そして車を借りたい人が現れたら、
詳しい日程や条件をやり取りし、

問題がなければ契約となります。

当日は家の近くまで来てもらって車を渡し、
返す時も近くまで来てもらいます。

相手が来たらチェックシートを見ながら、
車の周りをぐるっと回り、

傷の状態を確認します。

免許証を見せてもらって
問題がなければカギを渡します。

貸し手としての手続きは5~10分程度です。

返却の時も車に問題がないか、
ガソリンが満タンかどうかをチェックして
問題がなければ終わりです。

相手とは「どうでしたか?」などと
軽く会話して終わりです。

返却時間は最初に決めるのですが、
多少遅れても連絡さえもらえれば、

その辺は適当にしているとの事、

肝心の報酬は車次第ですが、

だいたい1日4~5000円が一般的です。

当然高級者やワゴン車など
大きな車ほど高く、

中にはポルシェなどを1日6万で貸す人や
フェラーリを12万円で貸す人もいます。

料金は一応設定金額を載せているのですが、
借り手との交渉次第という部分もあります。

ちなみにマッチングをする業者には、
契約が決まった時点でレンタル料の10%を
手数料として払うシステムになっています。

また契約が成立すれば、
貸し手は月1000円からの保険に、

借り手も月2680円の保険に
入ることになっているので、

万が一貸し出し中に事故があっても
保険でカバーされるので安心です。

また、オークションのように貸し手と借り手が
お互いに評価する機能もあるので
その数字が低くならないよう注意が必要との事、

自分の車を貸すだけで、
相手がそれを使って感謝される

気軽にできる副業として
カーシェアリングはおススメです。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法