スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

カウンセラータイプの聞き上手にピッタリの副業、悩み相談

      2016/10/17

カウンセラータイプの聞き上手にピッタリの副業、悩み相談
今回のテーマは、

カウンセラータイプの聞き上手
にピッタリの副業、悩み相談

について紹介します。

コミュニケーションが上手い人は、
しゃべる人よりも相手の話を聞くのが上手い、

とよく言いますが、

そんな気き上手にぴったりの副業は
悩み相談です。

実際に、世の中には自分の話を
聞いてもらいたい人は多く、

そんな悩みを聞くだけで
稼げる副業があるのです。

悩みを相談したい。。

そんなニーズにこたえるのが

リスニングスタッフと言う仕事で、

その名の通り、
見知らぬ他人の話を聞くことで
お金が入ってくる仕組みです。

スポンサーリンク

実際、現代社会では
職場や家庭、学校で

ストレスを抱える人が増え、

それが深刻化し、うつ病などに
発展する人も多く、

そんな時代背景から
人に悩み相談をしたい、

自分の悩みを聞いてもらいたい
と言う人が確実に増えているのです。

この副業をしている知人が言うには、

「シフトが入っている日は自宅で待機して
電話が入れば相談を受けます。

悩み相談と言っても
基本的にアドバイスはせず。

ひたすら相手の話を
『そうですね』『大変ですね』
などと聞くのが仕事」

と言います。

このリスニングスタッフの仕事を
始めるのは、

このサービスを提供している
会社に申し込んで養成講座を受講します。

内容は、メンタルヘルスケアに関する
基礎知識や聞き上手になるためにスキルや
マインドセット、

相手との正しい距離感など、

の基礎を教えてもらえます。

お金を払って真剣に電話をしてくる人の
相談に乗るのですから、

話を聞くだけと入っても
それなりの対応は身につけておくつようがあります。

とはいえ、高度なコミュニケーション能力や
特別な才能は必要なく、

受講後は試験を受けて合格すれば
晴れてスタッフとして登録されます。

この悩み相談の副業で稼ぐ人の
一日のスケジュールはだいたい、

まずは夜7時ごろに会社から帰宅し、
メールで送られてくる相談予約のスケジュールを確認、

その後、手早く夕食と入浴をしませます。

そして8時になったら副業開始です。

ヘッドセットマイクを装着して
相手からの電話が入ってくるのを待ちます。

事前に予約が入っていれば
その時間にお客さんから電話が入り、

予約がない場合は突然舞い込んでくる
お客さんの相談に乗ることになります。

時間はだいたい1件につき1時間くらい、

相談内容は、仕事の苦労だったり、
恋愛の悩みなど様々とのこと、

中には単に愚痴を
聞いてもらいたいだけの人もいて、

年齢層も、年配の男性から
若い女性、老人の人まで、幅広いそうです。

一件目の相談が終わったら30分ほど休憩します。

真剣に相談を聞くとそれだけ
神経も使うので、休憩は必須だそうです。

そして2件目の電話を受けて
仕事は終了、

最後に相談の内容などを
簡単にレポートにまとめて、

会社に送信したら
その日の業務も終了となります。

レポートの送信まですると
夜の0時を回る事もありますが、

外で働くのではなく
自宅の仕事なので、

すぐにプライベートの時間として
ゆっくり出来るのはメリットでしょう。

また、顔や名前もばれることがないので、
会社に知られる可能性もかなり低いです。

仕事のシフトは基本的に週4回、
1日に平均で2件の相談が回ってきて、

報酬は平均月に3,4万円、
多いで月8万円になるそうです。

スフとは本業に合わせられるし、

在宅で電話だけの仕事なので、
日本国中どこに住んでいても関係なく、

サラリーマンの副業としては最適でしょう。

さらにお客さんからは

「話を聞いてもらえて楽になりました。
本当にありがとう」

と言ってもらえることも少なくなく、

喜んでもらえる仕事として
非常にやりがいのある仕事です。

客商売を本業でしていない限り、

普段の生活でなかなか
他人に感謝される機会は少ないもの、

そういった意味でも

聞き上手の人なら
悩み相談の副業は、

おススメの副業と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法