スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

脳が活性化する水泳の効果・効能、水中運動のメリットと方法

      2016/10/24

脳が活性化する水泳の効果・効能、水中運動のメリットと方法
今回のテーマは、

脳が活性化する水泳の効果・効能、
水中運動のメリットと方法

について紹介します。

普段仕事で使わない筋肉を
意識的に動かすことで脳は活性化します。

そういった意味でもスポーツは
脳を活性化させてくれるのですが、

中でも水泳と言うのは
素晴らしい効能のあるスポーツです。

我々は普段地上で生活している訳で、

地上で行う運動だけでなく、
水中でする運動であれば、

更なる刺激があると言えるでしょう。

一般の人に行った
あるアンケート調査で、

ダイエットをするために
スポーツをするなら何をするか?

と言う質問に対して、

「水泳」…52%
「エアロビクス」…21%
「ジョギング」…4%

という結果が出たそうです。

確かに最近でも、

スポーツジムや公営プールなどで

老若男女を問わず、

健康増進の為に運動をする
方はたくさんいます。

スポンサーリンク

水泳、水中運動の脳へのメリット

確かにやせるためには

身体の筋肉をまんべんなく効果的に
使ってエネルギーを燃焼させるのが
一番理想的です。

なのでスポーツとして水泳を選ぶ、

というのは理にかなっていますね。

ここではもう少し具体的に
水泳の身体と脳へ与える効能について
考えて行きましょう。

ます水の中での運動が
なぜ脳や身体に効果があるのでしょうか。

そのメリットは大きく4つある
と考えられています。

一つ目が、
呼吸機能に利く「水圧」

二つ目が、
筋肉に利く「抵抗」

三つ目が、
関節に優しい「浮力」

四つ目が、
代謝を促す「水温」

…それぞれ解説しましょう。

水泳、水中運動の血流への効果、効能

水泳やプールの中を歩くだけの
水中運動でも、

陸上とは違う不思議な
効果が生まれるのです。

一つ目は水圧によるもので、

身体に水圧がかかると
圧力によって内部からそれを
押し戻そうとする働きが生まれます。

この働きによって
心肺機能がアップしたり、
マッサージ効果をもたらします。

お腹や胸に水圧がかかると、
水圧を押し返して呼吸をします。

その結果自然と深く呼吸
できるようになるのです。

この結果、呼吸筋が鍛えられて
心肺機能が向上します。

また水深が深くなるほど
水圧は強くなる訳ですから、

水中に入れば下半身から
血流が良くなります。

自然のマッサージ効果で
血液循環が良くなり、

脳へ送られる血液も自然に
増えると言う事です。

全身運動が脳と身体に与える影響

また水中の抵抗は人体に
興味深い影響を与えます。

水の中を進もうとしても、
陸上のように簡単にはいきません。

空気の約830倍ある
水の密度が抵抗となり、

陸上と同じ動きをするだけで
効果、効能がまるで違います。

水泳はどんなにゆったりとした
ペースで泳いでいても、

一生懸命に走るジョギングと
同じくらいのエネルギーを消費します。

しかも全身運動なので、
日ごろめったに使わないような
筋肉も動かします。

さらに水による皮膚刺激を受ける
脳が活性化する効果もあり、

心臓や肺の機能を十分に
使う事も出来ます。

お欲だけでなく水中でゆっくり
歩くだけでもメリットがあります。

水の抵抗は、強い力で押せば
抵抗も大きくなり、

弱い力には小さい抵抗がかかる
ような特性があるので、

動きのスピードや大きさで
抵抗のレベルもかえられます。

マイペースで負荷や抵抗を
調整できるのも

水中運動の大きな特徴です。

老若男女に効果ある運動の方法

ここで

「ゆっくり泳ぐと言っても
やはり疲れるんじゃ・・」

と感じる人もいますが、

水泳の後、疲れるのは
慣れていない最初に2,3回で、

一旦慣れてしまえば、

水泳は浮力があるので、
疲れがたまりにくい運動なのです。

浮力のお陰で本来なら
体重がかかる下半身の負担が少なく、

腰痛やひざ痛を抱えていても
安全に運動できますし、

高齢者でも安心してできます。

また水温にも秘密があります。

人間には体温を一定に保とうと言う
ホメオスタシスと呼ばれる
調整機能があります。

なので体温より低い水に浸かると
熱を逃がさないよう身体が働き、

代謝力が高まるのです。

つまり水中にいるだけで
エネルギーが消費されるので、

脂肪燃焼のシェイプアプ効果
がある訳です。

これはもちろんダイエットへの
メリットとなる訳ですが、

他にも体温調整機能が向上し、
免疫力が高くなり、

全身の神経に刺激を与えるため
脳の健康にも効能がある訳です。

脳が活性化する水泳、水中運動の方法

以上様々なメリットが
ある水中運動なのですが、

無理せず脳と体の健康維持を
計るためには、

プールを利用すると良いでしょう。

「仕事で疲れた後に、水泳を
やった後はすっきりして気持ちいい」

と絶賛する人も多く、

まさに全身の筋肉を使う運動なので
脳への覚醒作用が働く証拠です。

さてそんな水泳、水中運動の
具体的な方法ですが、

基本は「ゆっくり長く」泳ぐ事です。

クロールでも平泳ぎでも
あなたの好きなスタイルで良いので、

ゆっくり長く泳ぎましょう。

全身の筋肉を使い
心身を活性化させるには

「速く短く」よりも
「ゆっくり長く」の方が
効果が高いのです。

目安としては最初は
距離やスピードを気にせず

20分間泳ぎ続ける事を
目指してみてください。

また最近ではプールに
ウォーキング用のレーンが
用意されている所が多いです。

ここでもゆっくり長く
歩く事から始め、

筋トレやストレッチなどの方法も
行ってみましょう。

最初は大変に感じるかもしれませんが、

徐々に慣れてきたら
バリエーションを加えましょう。

泳法を変えてみたり、
身体の動かし方を変えていけば、

更なる効果が期待できるからです。

脳が活性化する海の恵みのメリット

また泳ぐと言ってもプールだけでなく、

その場所を海や川にまで
目を向ければ更なるメリットがあります。

特に海の効能は素晴らしいです。

ここでタラソセラピー
”Thalassotherapy”

と言う自然療法があるのですが、

ギリシャ語で海を意味する
”Thalassa”と言う言葉から来る
セラピーです。

タラソテラピーは、

生命の根源とも言われる
海の恵みを体内に取り込むことで

身体の自然なバランスを取り戻すことを
目的とした自然療法です。

このセラピーは海水や海藻や海泥など
海の資源を用いることで、

人体を体内から活性化させ
心身の機能を高めていく

フランスで確立されたセラピーです。

既に多くの国で治療や
病気予防に活かされており、

保険の適用対象になっている
国もあります。

タラソテラピーを確立した
整理生物学者ルネ・カントンさんは

「人体は生きた海の水槽である」

と言う言葉を残しています。

人間の血液は海水ともっとも
似た成分であると言われます。

人類の起源は海にある…

かどうかは分かりませんが、

海で泳いだり遊んだりする事は
脳へ大きな影響がある訳です。

あらゆる生物の源は海と言われます。

その恵みが心身の健康に繋がる
というのは理に適っているでしょう。

海には脳を癒し活性化する効能がある訳です。

科学的な根拠を知らなくても、

ただ海をボーッと眺めたり
砂浜を歩いたり、寝転んだりする

だけでのが気持ちいい思いをするのは
誰もが感じるはずです。

水の力を使った脳の活性化を習慣化しよう

やはり人間の脳も人工の施設より
自然の中で最も活性化する訳です。

なのでプールで水泳に限らず

海に出掛けて泳いだり、歩いたりと
水中運動をする事も

非常に大きなメリットがある訳です。

自分の好きなスポーツを楽しみ、

憧れのマリンスポーツで
好奇心を満たすようなものに
チャレンジするとなお良いでしょう。

ライセンスをとってダイビング、
川べりでカヌー、
フライングフィッシュなど

その気になればやりたいことが
ほとんどできます。

キレイな海でダイビングをして
キレイな魚を見る事は、

心に大きな刺激を受けます。

つまり脳が活性化するのです。

興味を持って知らない世界を体験することは
脳にとっても刺激的な事です。

もちろん普段から海や川に行ける
と言う訳ではない人もいるでしょうから、

日常はプール、ときには海や川、

と、場所にも工夫をして

そして水泳を基本とした
スポーツに挑戦すれば、

脳を活性化する効能もあり、
素晴らしい習慣になるでしょう。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法