スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

褒めることの脳と人間関係へのメリット、褒め上手な人の特徴

      2016/10/24

褒めることの脳と人間関係へのメリット、褒め上手な人の特徴
今回のテーマは、

褒めることの脳と人間関係への
メリット、褒め上手な人の特徴

について紹介します。

長年の間に形作られた
自分の思考パターンや心を
変えることは確かに難しいですが、

ボケ防止、脳の機能を高める為にも、

柔軟性を持った考え方を持ち、
固い頭を柔らかくする努力が
必要になってくるのです。

そこでとっておきのテクニックは、

「褒めること」

なのです。

褒めることの脳へのメリットは
計りしれないものがありますが、

他人を褒めることは
対人関係を円滑にするだけでなく
自分の脳へのメリットもあります。

どんな会社にも一人くらいは、
褒め上手な人がいるでしょう。

そんな人物はたいてい、
頭のキレる、仕事のできる人の
部類に入っているものです。

実際のところ、

人を褒める事は
頭を良くする効果があります。

人を褒めると言うのは
案外難しいものですが、

相手を良く観察し、
どこを褒めるか長所を発見し、

褒めるタイミングも良く
考えなければ行けません。

その一連の作業が頭への
刺激となり、

褒め上手の脳はより冴えていくのです。

スポンサーリンク

脳は自然の状態では褒めることが難しい

人は自然な状態で意識しなければ、

ネガティブ思考になり、

消極的で否定的な発言が増え、

自分や自分の周りの能力や将来を
悪く捉えてしまう

傾向があると言われています。

これは原始時代に周りの過酷な
環境から生き延びる為の

サバイバル本能からきているようですが、

文明が発達した現代社会は
命の危険はそうないわけです。

ネガティブ思考になると、

なかなか物事を肯定的に
捉えることができなくなり、

自分も他人の評価も正確さを欠き、

本当は良い面もたくさんあるのに、
悪い面だけを見てしまうようになります。

うつ病患者の多くも、

物事のポジティブな面に鈍感で、
ネガティブな面には敏感な傾向が
あるそうです。

これがひどくなれば、
認知症に繋がることもある
恐ろしい思考の癖でもあります。

先ほども言ったように、

ネガティブ思考というのは
本能からきているわけですから、

短所ばかりでなく、

人生や仕事、人間関係に対して
慎重になれるという長所もあります。

しかし度を過ぎれば、

人生の楽しみを半減させてしまいますし、

脳の認知機能を衰えさせる
ことにもなります。

だからこそここで褒め上手な人
になるときにも、

ネガティブ思考を
捨てる必要はありません。

あえて、意識的に積極的に

自分の他人の良い面を探すことを
習慣に取り入れ、

そしてその部分を積極的褒めると、

脳の認知機能も高まって来る
メリットがあるわけです。

褒める事の対人関係のメリット

さらに褒めると
相手の気分を良くして
対人関係が良くなるメリットがあります。

良く人を伸ばすには褒めるのが大切

などと言われますが、

中にはそれまで目立たなかった人が、
他人から褒められたことをきっかけに

見違えるような才能を
発揮し始めることも少なくありません。

これは他人から褒められた嬉しさから
脳内にドーパミンが出るからだ
と言われています。

ドーパミンは「やる気ホルモン」
とも言われますが、

快感に呼応して意欲を高めるように
働く物質の事です。

これによって、やる気がより高まって
仕事、勉強、スポーツなどに打ち込んだ結果、

自分でも驚くような潜在能力が
引き出されると言う訳です。

つまり、「褒められる事」は
脳にとって最高のご褒美のようなものです。

褒めることは脳が活性化する
素晴らしいメリットがあるのです。

褒め言葉というご褒美をもらうと、
脳はドーパミンを出して幸せな気持ちになり、

その気持ちをしっかりと
記憶に刻み込むのです。

そして「またあのご褒美が欲しい」
と意欲をかきたて、

様々な回路を活発に働かせるのです。

人間関係も良くなりますし、
そして脳の柔軟性もより高まります。

脳が活性化する他人の褒め方

そしてそんなメリットを享受する、
他人から褒められるようになるために、

またとない方法があります。

それが自分から他人を褒めることです。

褒め上手な人になるわけです。

他人を褒めることで
メリットを得られるのは、

実は自分自身なのです。

これは「ミラーイメージの法則」と言って、

他人にいつも感謝、尊敬の
言葉を送っている人は

いつか自分も他人から
感謝、尊敬される人になる

という心理学のメソッドでもあります。

他人をよく褒めていると、
その褒め言葉がいずれ鏡のように
自分に返ってくると言う訳です。

逆に非難や嫉妬など、
他人に対するネガティブな言葉を口にすると、

そのネガティブな言葉も自分に返ってきます。

だから周りの人から感謝、
尊敬されたいのであれば、

決してネガティブな言葉を吐いては
いけません。

他人をポジティブに褒めたたえることこそが
自分の評価を上げることにつながるのです。

要するに他人の悪口を言わず、
いつも他人をほめていること

まるで子供の諭す言葉のようですが、

これは脳にとって、
非常に大事な習慣なのです。

人を褒めると、
相手の気分を良くする事ができ、

その相手の気分には自分にも跳ね返ってきて
自分の気分も良くなります。

さらに気分が良くなれば
脳内にドーパミンが流れ

それがさらに脳への
活性化につながっていくのです。

ウィンウィンのメリットのある
人間関係が作れるわけです。

他人の見方、考え方を変えてみよう

ということはつまり、

営業マンなど人と会う機会の
多い職種の人ほど、

褒め上手な人の特徴を持つ人は、

脳を鍛える環境に恵まれている
と言えるかもしれません。

人と会う事で脳への肥やしになります。

人間には様々なタイプがいて、
持っている情報も多種多様です。

考え方も人それぞれなら
見方も人それぞれです。

つまりそれは

自分には無い情報や考え方、
物の見方を学ぶチャンスと言う事です。

これは会社や家に
引きこもっていてはなかなか出来ません。

一方で営業マンは、
色々なところに出向き、

多くの人と会う事が出来ます。

だからこそ、

そこで聞いた意見や物の見方は
自分の意見や考え方と違っていても

頭から肯定したり
否定したりしないで、

多角的に検討してみるのです。

そして出来れば、
どこか褒められるポイントは無いか
長所となるポイントは無いか

探してみると言いでしょう。

対人関係がよくなるだけでなく
脳も鍛える事が出来ます。

人の意見を咀嚼しているうちに
物事を複眼的に考えられる
頭が出来上がっているはずです。

だからこそなるべく

自分とは違った環境で
生きている人と出会う方が良いのです。

その方が脳にとって
新鮮な刺激を得られる
メリットになる事が多いからです。

褒める事で脳が活性化する

人は年をとるにつれて
「決めつけ思考」が進むと言います。

物事の価値観を一つに
決めつけてしまう思考パターンです。

「過剰な一般化、単純化」

と言えるかもしれません。

そして白黒をハッキリ決めてしまい、

例えば、

人に対する評価も好き・嫌い、
良い・悪い、正解・不正解、敵・味方

など決めつけてしまうこともあります。

良い部分もあれば、悪い部分もある
状況によっては敵にも味方にもなる、

そう言った灰色の考え方が
なかなかできにくくなってくると言います。

しかし、本当は人も万物は
陰と陽のように二面性を常に持ち、

決めつけられないものなのです。

だからこそあえて意識を持って
柔軟な思考の「灰色思考」を持ちながら
コントロールをしなければ行けません。

ここで褒めるという単純な行為が
とっておきのトレーニングになるのです。

脳という臓器はもともと
騙されたり、思い込んだりしやすい
存在なのですが、

中でも思い込みやすいのが
「自分の口から出た言葉」なのです。

他人をいつも褒めていると、

脳はまるで自分が褒められたかのような
錯覚を起こして快感を感じます。

これが脳をプラスに成長させる
素晴らしい刺激になるのです。

また前にも紹介した、

他人を褒めていると
「ミラーニューロン」が活性化して、

他人に共感する感受性も磨いてくれます。

つまり他人を褒めると言う行為は、

自分の脳、他人の脳、人間関係
そこから生まれる成果…など

「メリットだらけ」の
効果をもたらすのです。

ぜひ人の為、自分のために
他人を褒めるようにしてみて下さい。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法