スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ユーモアを鍛えると頭の回転が速くなる、脳とセンスを磨く事

      2016/10/24

ユーモアを鍛えると頭の回転が速くなる、脳とセンスを磨く事
今回のテーマは、

ユーモアを鍛えると頭の回転が
速くなる、脳とセンスを磨く事

について紹介します。

このサイトでは再三、

机に向かってお勉強するだけが
脳を鍛える方法ではない、

と言ってきました、

人間同士の関わり
コミュニケーションの中から

脳への刺激は生まれやすいのです。

だから仕事や遊びも一生懸命
楽しんでやることが必要です。

中でもユーモアを鍛えるのは、

脳を鍛え頭の回転が速くなる、
とっても素晴らしい方法になります。

自分が笑って誰かが笑う…

こんなコミュニケーションが
脳とセンスを磨く事になります。

あなたは、

「この人はとても頭がよさそうだ」

と判断する時、
その人の何を根拠にするでしょうか。

学歴、外見、仕事の評価…

など色々な判断基準があるでしょうが、

やはり一番のポイントとなるのは、

その人の話し方ではないでしょうか。

中でもこちらの立場を気遣い、
笑いやユーモアを交えながら
当意即妙の受け答えができる。

そういう人と会話をするのは、
大変楽しいものですし、

そういう人を目の前にした時
多くの人は「この人は頭がいい」と
感じるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

成功者とユーモアのセンス

成功を手に入れたいと
思うのであれば、

徹底的に努力する事が必要です。

しかしその過程で、
支払う代償も多いです。

そのストレスで苦しい思いを
する事もあるかもしれません。

しかしその後に素晴らしい
感動が待っているので、

徹底的にやります。

…しかし、たまには

「肩の力を緩める」のが大切です。

そこで、冗談を言って
笑わせようかというような

余裕を持っている人は、

どんな逆境も乗り越えられる
器の大きい人と言えます。

悲観的に考えると
ネガティブなスパイラルにハマり、

楽観的に考えると、
ポジティブなスパイラルにハマります。

そこでユーモアというのは
ポジティブなスパイラルの
きっかけを生むのです。

つまり成功要因に
ユーモアのセンスは欠かせません。

自分のためにも、周りとの
コミュニケーションのためにも

ユーモアによって
脳とセンスを磨くのは価値があります。

ユーモアを鍛えると頭の回転が速くなる

言葉というのは脳の表現です。

だから頭の回転が速い人ほど、
話し方も聞き方も上手いのです。

その人の頭の良さは、
その人のコミュニケーションの
取り方に現れるのです。

例えば最近でも人気なのが

「お笑い芸人」

CMに起用されたり、
好感度ランキングの上位
に入る人気者だけでなく

高額所得者の上位に入る位
社会的成功も手にしています。

つまり脳をうまく鍛え
使いこなしているのです。

テレビなどで見る
ボケ役とツッコミ役の

二人が絶妙のテンポと
間合いで繰り広げるトークに

笑いだけでなく関心の目を
向ける人も多いでしょう。

こういう芸は、センスを磨き
相当頭の回転が速くないと
できるものではありません。

特に瞬間的に判断をして、
アドリブで人を笑わせるのは、

相当脳が柔らかくないとできません。

そういう点からユニークな表現で
人を笑わすことができるお笑い芸人は

非常に柔軟性に富んだ、
優れた脳の持ち主と言えます。

コミュニケーションと脳の関係

そもそも人間は誰とも関わらず、
話をせずには生きていけない生物です。

話しをしないでいると、
脳はあっという間にその機能を
衰えさせてしまいます。

そういうメカニズムで出来ているのです。

最近ではあまり他人と深くかかわらず、

誰とも話をせずに、
一人の世界に没頭するような
若者が増えていると言いますが、

それは脳にとって危機的な
状況と言えます。

笑いのある会話はそうした
状況の潤滑油になります。

ユーモアに限らずコミュニケーション不足が
心配されるのは若者だけではありません。

例えば、中高年の人でも、

会社に行ってもいつもの同僚と
いつもと同じような話しかせず、

家に帰っても家族との会話が
ほとんどないような人は要注意です。

そういう人こそ、頭をフル回転させ、
脳を活性化させるのためにも、

積極的に人と交わって
コミュニケーションを増やす必要があります。

家族でも同僚とでも
笑い話ができる人は、

人生が幸せになるだけでなく、

笑いは健康レベルをあげてくれる
言も実証されていますし、

コミュニケーション能力が高く
センスも高い人と周りに認められ、

仕事での影響力も
自ずと上がっていくでしょう。

幸せになる為に脳を鍛える

ここでもう一度、

脳を鍛える意味や意義を考えてみましょう。

頭が良くなって、記憶力が高まり、
私たちはどうなりたいのでしょう。

試験に受かりたい、仕事で役立てたい、、

もちろんそう言った面はあるでしょう。

しかし究極的には、

「幸せになる為」

と言えるのではないでしょうか。

もっと健康でもっと幸せに
暮らして行ける為にどうすればいいのか、

やはりそのカギを握るのは
脳だと思うのです。

では、私たちにとっての幸せ
とは何でしょうか。

脳に関する研究を深めるにつれ
分かってきたことがあります。

それが

「幸せは、向こうから
勝手にやってくるということ」

例えば、私たちは道ばたの
小さな草花を見て「綺麗だな」
と感じたり、

カーテンを開けてまぶしい
朝の日光を浴びた時に
「幸せだな」と感じることがあります。

或は仕事帰りに冷えたビールを
飲んだ時も、

何より大きな幸せを
感じることもあるでしょう。

笑いで脳は「幸せ」を感じる

しかしよくよく考えれば、

別に草花や太陽が
「幸せの素」というわけでは
ありません。

例えば、

疲れてストレスを感じるとき、

道ばたの草花には
目も入らないでしょう。

嫌な仕事をしなければならない時、

朝日を浴びても「今日も仕事か…」
と余計くらい気持ちになってしまう
ことでしょう。

愚痴や不平不満を言いあって
嫌いな上司と飲むビールは
美味しくも何ともありません。

つまり脳が元気を失って
不機嫌になっている時は、

全てが「不幸」に感じられるものです。

脳が元気で機嫌良くしていれば、

日常のあらゆることに
「幸せ」を感じることができます。

幸せであればさらに
頭の回転が速くなることでしょうし、

さらに脳が幸せを探してくれるわけです。

お金より地位より脳が大切なはず

人生に幸せを感じるかどうかは、

つまるところ

「脳が元気かどうか」

にかかっているとも言えます。

そして「笑い」というのは
その脳を元気にするスイッチのような
役割を果たしていると思うのです。

ユーモアやセンスを鍛えること
磨く事で頭の回転が速くなるわけですが、

これは自分も他人も幸せにする
重要なスキルになります。

幸せを決めるのは、
地位でもお金でもないのです。

どんなに大金持ちの人でも、

脳が健康で元気でなければ
幸せな人生を送ることができません。

お金も、地位もなくても
脳が健康で元気なら幸せになります。

それどころか脳が鍛えられるごとに、
仕事の成果もお金も引き寄せられるでしょう。

またユーモアを鍛えるごとに
素晴らしい人間関係も
引き寄せることができます。

だからこそ、脳を鍛え元気にする、

その為の具体的な方法について
このサイトでは詳しく紹介してきました。

ユーモアで脳とセンスを磨く事

ちょっとした心がけで脳を
元気にしてあげれば、

幸せは向こうから勝手に
やってくるものなのです。

その為にどうすればいいか、

色々ありますが、

お勧めなのは、

やはり笑わせる事です。

人を笑わせる
ユーモアのセンスを鍛えることは、

自分の立場をわきまえ、
かつ他人のことを尊重していないと
できないことであり、

コミュニケーション力の中でも、
最も高い「能力」を要するものなのです。

ユーモアを鍛える・・と言って
難しいことを考える必要はありません。

最初はギャグでモノマネでもいいので、
人を笑わせてみましょう。

テレビや映画、DVDなどをみて
思いっきり笑うのも効果的です。

そして人と笑いながら
会話をしてみましょう。

笑う事で、他人も自分も
幸せな気分になることができ、

さらにそれが脳を鍛える
格好のトレーニングにもなるのです。

スポンサーリンク

 - 脳をとことん鍛える方法