スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ユーモア、皮肉を交えた経験の法則をまとめたソッドの法則

      2017/05/07

ユーモア、皮肉を交えた経験の法則をまとめたソッドの法則
今回のテーマは、

ユーモア、皮肉を交えた経験の
法則をまとめたソッドの法則

について紹介します。

お笑い芸人さんがよくやるネタで
「あるあるネタ」というのがあります。

日常生活や人の仕草など、

「そうそう、あるある」

と感じるネタというのは
クスッと笑ってしまうものですが、

人間心理の興味深いところです。

マーフィーの法則」に似た表現は、

昔からあったとされており、
それが「ソッドの法則(Sod’s Law)」です。

これは19世紀に、
イギリスで言われ始めたとされています。

スポンサーリンク

トーストが床に落ちるとき…

「ソッド(Sod)」というのは人名でなく、

イギリスの俗語で
「奴」とか「野郎」のことで、

「ソッドの法則」は「野郎の法則」を意味します。

この法則は「マーフィーの法則」
と異なる点は、

間違いによって最悪の時に起こるものだと、
極端にシニカルに表現している事です。

その典型として

「トーストはいつもバターを塗った側が下に落ちる」

とバターを塗った側が
いつも下になって落ちることを、

ユーモラスに皮肉っています。

もちろん、実際に統計的には
2分の1の確率なのですが、

ショッキングな出来事ほど頭に残る、

心理的バイアスがかかるからこそ、

こうした法則を見出してしまいます。

ユーモアは人生のスパイスになる

さらに、それをエスカレートさせて、

「トーストのバターを塗った側が
カーペットにくっつく確率は、
カーペットのコストに比例する」

とも言っています。

つまり、トーストのバターを塗った側が
着地する確率は

カーペットが高価であればあるほど
高くなると言います。

また、その別の愉快な表現として

「パンはバターを塗った側が下に落ちるが、
サンドイッチなら開いて落ちる」とし、

物体が落ちる時には、
最も被害が出るようになるとします。

日本でも

「泣きっ面に蜂」
「転べばくその上」

など似たような表現があります。

その他「ソッドの法則」
として次のようなものがあります。

・何かを口にすると、
それが良いことであれば実現せず、
悪いことであれば現実になる

・起こらないだろうと願うとその通りになり、
起こると期待すればそうならない

・誰でも懸命に計画を立てるが、
大半は上手く行かない

…などです。

人生が面白くなる法則

ちなみに前に紹介した
マーフィーの法則は、

マーフィー大尉が自戒を込めて
部下や同僚に対して、

不可抗力を理由とせずに、

自ら手ぬかりの内容に
用意万端整えるよう諭したものです。

一方、「ソッドの法則」は
人が運命に翻弄、或いは愚弄される有様を、
シニカルでユーモラスに述べているのです。

だからこそ教訓めいた
暑苦しい教えではなく、

人生を笑い飛ばしてしまおうという
ポジティブな姿勢が見えます。

例えば、その実例として、

アメリカの大手企業の
クアーズ・ビール社の膨大な財産を
相続したアドルフ・クアーズJrさんは

ビール会社で大金持ちになりながら
皮肉なことにビールを全く飲めなかったそうです。

また「ソッドの法則」を逆に
ユーモラスに利用して、

「レインコートを着て傘を持って
出かけた途端に天気になった」

あるいは

「他の町に引っ越したら、偶然、
元の町で知り合った女性に出会い、恋仲になった」

などポジティブにしたものもあります。

クスクスッと笑える人生の法則も
人の心に作用するものです。

マジメで役立つ法則も良いですが、
ユーモア、皮肉を交えた経験の法則も
人生を変える力があるでしょう。

スポンサーリンク

 - 徹底活用!世界に伝わる○○の法則..