スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

エドワード・マーフィーの法則、失敗、間違いの法則の活用法

      2016/10/08

エドワード・マーフィーの法則、失敗、間違いの法則の活用法
今回のテーマは、

エドワード・マーフィーの法則、
失敗、間違いの法則の活用法

について紹介します。

経験則の法則の中で
恐らく最も有名なものが、

「マーフィーの法則」

ではないでしょうか。

この法則を元にした
バリエーションや変速も無数と言えるほど
成立しているからです。

このマーフィーの法則は、

もともとアメリカの空軍の
エドワード・マーフィー大尉が、

「何か間違いが起こるような
要因が内在している場合、

それは必ず表面化する」

(If anything can go wrong it will.)

と言ったことから始まったそうで、
簡単に言えば、

「起こりうるならそれは必ず起こる」という事です。

スポンサーリンク

誰でも多くの失敗を犯します。

それは日常の些細なことから、
一生左右するものまでさまざまです。

よくある失敗は、
電話番号の掛け間違いや計算ミスなど、

大きな失敗であれば、
学校や職業の選択を誤ったり、
投資の失敗をだったりでしょう。

そしてマーフィーの法則が
見事に見抜いているのが、

このような失敗や間違いには
必ず要因があり、

いつかそれは顕在化することです。

この法則は失敗の原因を
究明することの重要性を教えています。

そもそもこの法則は1949年、
アメリカオハイオ州の空軍基地に勤めていた
エドワード・マーフィー大尉によってとなえられらたものです。

彼は極めて有能な技師だったのですが、
同僚の度重なるミスで、

開発中の機械が絶えず
故障を起こす事に腹を立て、

この名言を吐いたと言われています。

当初この「マーフィーの法則」は
計算機科学の分野で知られるようになりましたが、

その後は「最悪の事態を想定しべし」
という考えから、

システム開発や労働災害予防で
重視され始め、

やがてビジネスや人生全般まで
広く適用されるようになりました。

一介の空軍将校の一言が
これほど広い分野まで伝わり、

数多くのバリエーションを生んだのは
まさに驚異的です。

人間が作ったものやシステムには
完全なものはなく、

必ず何らかしらの欠陥や弱点を秘めています。

欠陥や弱点が内在していれば、
必然的に顕在化すると言う
マーフィーの法則の例は多方面で見られます。

またこの法則は、
数十年前に紹介されたにもかかわらず、

この法則をベースにした話題は
いまでに人気を博しています。

マーフィーの法則が人気を呼ぶのは、

誰もが失敗を犯すまいと
努力する者の、

失敗を避けられず、
苦い目にあっているからでしょう。

そしてマーフィーは
それは何ら異常なことでなく、

「人は成功を願い、目標を定めて行動し、
失敗や間違いを犯さないように懸命に努めるが
上手くはかどらずなども失敗するものだ」

と主張したのです。

行為した失敗、間違いの法則の活用法を
考えるのも楽しいものです。

スポンサーリンク

 - 徹底活用!世界に伝わる○○の法則..