スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ビル・ジョイの法則と科学、テクノロジーは人類を破滅させる?

      2016/10/08

ビル・ジョイの法則と科学、テクノロジーは人類を破滅させる?
今回のテーマは、

ビル・ジョイの法則と科学、
テクノロジーは人類を破滅させる?

について紹介します。

ターミネーターや鉄腕アトムなど、

ロボットと人間の対立…

と言った事例は映画やマンガなど
物語では良く扱われるテーマですが、

実際はどうなのでしょうか?

2000年、当時サンマイクロシステムズ社の
主任研究員だった、

ビル・ジョイさんは

「なぜ未来は我々を必要としないのか」

という論文の中で、

「科学者の進歩は人類を破滅させる」

という法則を唱えました。

これがビル・ジョイの法則です。

スポンサーリンク

科学、テクノロジーは人類を破滅させる?

確かに工業化による
環境汚染などの影響は知られますが、

さらに進んだ科学は人類に
どういった影響を与えるのでしょう。

彼は21世紀の強力な
テクノロジーである

ロボット工学や遺伝子工学、
それにナノテクは、

人類を絶滅危惧種へと導く
脅威になるとしました。

彼は、

「原子力科学者がすでに示したように、
事態が早く進展し過ぎると、

いずれ自らの首を絞める結果となります。

それと同様に、今や科学者は他分野でも、
克服しがたい難問を作りだしている。

従って、問題に直面してから
狼狽しないよう、

普段から準備しなければならない。」

と警鐘を鳴らしたのです。

例えば原子力が
人類にもたらした被害として、

原子爆弾だけでなく、
東日本大震災における
福島第一原発の事故でも、

計らずも見せつけれる事になってしまいました。

ビル・ジョイの法則と科学の発展

さらにジョイさんは
原子爆弾はその構造や製造コスト、

それに原料の入手困難などの理由から、

所有できるのは大国に限られていましたが、

ロボット工学や遺伝子工学、ナノテクになると、

個人でも十分に取り扱えるので
極めて危険な分野であると警告します。

特に人類を滅亡させるようなウィルスを
狂気の科学者が開発すればどうなるかなど
危惧をしています。

しかしビル・ジョイの法則に対する
批判も多いです。

ある学者は

ガンやその他の難病で
苦しんでいる人たちがいるのに

破壊的な用途に転用される危険性があるから

遺伝子工学の開発を
やめるべきとは言えないだろうと反論しています。

科学、テクノロジーと人類の法則

人工知能がこれからどう進化するか?

様々な意見が言われますが、

またビル・ジョイの法則は
コンピューターの潜在能力について

それが人間よりも知能が高くなると、
ロボットによる反乱が起こり、

人間が征服されるのではないか
と危惧していますが、

その主張は19世紀初頭、
産業革命の最中に

イギリスの労働者集団が
機械の使用が雇用を減少させるとして
機械を破壊した

「ラットダイト運動」に似ていると批判され、

ビル・ジョイの法則の考えは、
知識の増進や普及に反対する

反啓蒙主義とされたのです。

科学、テクノロジーは人類を
破滅させるかどうかは分かりませんが、

科学、テクノロジーが
進んで行くのは間違いないでしょう。

人類の発展と科学の発展、

そのスピードが速いのは明らかに
科学の方なのです。

そんな時代にどう生きるか
考えるのは役に立つ事でしょう。

スポンサーリンク

 - 徹底活用!世界に伝わる○○の法則..