スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

騙されやすい人、カモと詐欺の法則、バーナムの法則の活用法

      2016/10/08

騙されやすい人、カモと詐欺の法則、バーナムの法則の活用法
今回のテーマは、

騙されやすい人、カモと詐欺の
法則、バーナムの法則の活用法

について紹介します。

世の中には騙されやすい人が
実に多いと見えて

「カモは毎分生まれる」
(There is a sucker born every minute.)

と述べたのが、
バーナムの法則として知られる

フィニアス・テイラー・バーナムさんです。

バーナムさんはアメリカで
19世紀に活躍した興行師で、

大型サーカス団を創設し、
数々の奇抜なショーを打ち出したことで有名です。

彼が組織したサーカス団

バーナム&ベイリーは、
(現・リングリング・ブラザース&バーナム&ベイリー)

今でもアメリカ全国を巡回します。

バーナムさんの奇想天外な
演出は人気を呼び、

多くの人とたちをひきつけています。

スポンサーリンク

バーナムの法則とカモと詐欺の法則

例えば、

サルの頭に魚の下部を付けたして
人魚に仕立てたり、

或いは小人をショーの目玉として出演させ、

実際は4歳の小人を
11歳と公表し葉巻を吸わせ
ワインを飲ませて観客を驚かせていました。

そのことから
バーナムさんには「いかさま王子」の
あだ名がついたくらいなのです。

しかし彼は、

大衆が支払ったお金に見合う
楽しみを得ているのであれば、

何ら悪いことではないと
公言してはばかりませんでした。

むしろ法的な詐欺に対しては
極めて厳しく批判的な立場をとっていました。

その斬新なアイデアによって

彼は「宣伝界のシェークスピア」と称され、

「プロモーションがなければ
大変な事態になる、、誰も来なくなるよ」

と言うのが口癖で、

現代の広告や販売手法の
パイオニアとも言われています。

バーナムの法則の活用法

バーナムさん自身は、
人々を楽しませるためだとしながらも、

自分が打ち出したアイデアが
多くの人を絶え間なく引き付けた経験から、

人は騙されやすいと考え、
このバーナムの法則を唱えたようです。

確かに今日の社会では、
振り込め詐欺や未公開株の購入
などの不祥事がしばし紙面をにぎわせます。

これは何も日本の現在に限ったことではなく、

17世紀にオランダで起きた
有名なチューリップバブルの経済事件を始め、

古今東西、いつの世でも
見られる事なのです。

どう見ても明らかに怪しい話
であるにもかかわらず、

実に多くの人たちが
詐欺の被害にあっています。

まさに

「カモは毎分生まれる」

とおうバーナムの法則の
言葉どおりなのかもしれません。

騙されやすい人の心理傾向

またバーナムの法則は、

また人が占いを信じる事の
科学的証明としても知られています。

「あなたは人前では快活に
振る舞う傾向がありますが、

実は非常に繊細で傷つきやすい性格です。」

とか

「誰とでも仲良くやれる
外交的な性格ですが、

これと決めたらテコでも動かない
頑固な部分もあります」

など、誰にでも該当するような
内容でも自分にだけ該当するように
受け取る心理傾向があります。

つまり、裏を返せば、

人は自分の性格を曖昧にしか
認識していないため、

他人から診察されると
都合のよい部分だけを信じてしまう
というものです。

これを「ラベリング効果」
とも言いますが、

権威ある対象から認定された
評価を人は信じやすく、

専門家や評論家の言う事を
「何となく信じてしまう」傾向があります。

こうした心理傾向を知っておく事は重要です。

世の中良い人ばかりでなく、

弱みに付け込んで詐欺を働く
人もいるからです。

騙されやすい人ほど、

カモと詐欺の法則、
バーナムの法則をしっかり
理解しておくべきでしょう。

スポンサーリンク

 - 徹底活用!世界に伝わる○○の法則..