スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

パレートの法則80対20の法則の活用法、原因と結果の影響

      2016/12/20

パレートの法則80対20の法則の活用法、原因と結果の影響
今回のテーマは、

パレートの法則80対20の法則の
活用法、原因と結果の影響

について紹介します。

忙しい現代社会で、

やらなければいけないことは
山のようにあると感じます。

常に新しい情報が
流れ込んできて、

あれも、これもやれなければ、、

と振り回されていると
感じる人も多いでしょう。

ここで特に、

そんな忙しい現代のビジネスマンが
知っておくと便利な法則があります。

この世界はとても複雑で
多くの問題を抱えており、

こう言った問題を
解明するのは困難である。。

と思いがちですが、

実は簡単な80対20の比率で、

ほとんどすべての事象が解明でき、
さらに解決もできると言います。

スポンサーリンク

「80対20の法則」が人生を変える

これが、

「80対20の法則」

別名パレートの法則
(Pareto principle)

と呼ばれる法則で、

この法則を活用すると人生が
豊かになります。

パレートの法則は基本的に

「市場経済の出来事の80%の結果は、
わずか20%の要因が影響している」

というものです。

ですから20%の重要な
部分にだけフォーカスして、

の頃は無視してしまっても、

80%の結果は出るということ、

残念ながら、この世界は
平等ではありません。

人の能力や資源に
ばらつきがある以上、

結果を出す出さない差は
生まれてしまいます。

世の中に置いて、
価値や富というものが平等に
配分されるという例は少なく、

少数が多数に影響を与えている…

というのがこの法則の概念で、

さらにその比率は不思議と
どんな分野であっても

80対20となり、

こうして原因と結果の法則の影響は

所有や産物、生産量など
また或いは日常生活や

ビジネスライフになど多くの面で
この法則が見られるのです。

パレートの法則、80対20の法則とは?

原因と結果はこの世を支配する
ルールの一つですが、

その影響力には違いがあります。

以下のその具体例をいくつが挙げてみます。

・1日の行動時間の80%は

自分の知り合いの中の
20%と一緒に過ごしている

・故障の内の80%は
部品の20%に原因がある

・売り上げの80%は、
全顧客の上位20%が占めている

・泥棒の20パーセントが
盗難品の80パーセントを盗んでいる。

…など

あなたも思い当たる節が
あるのではないでしょうか?

このパレートの法則は、

原因と結果の影響が、
多くの事象が単純な比率で起きている
ことを見出した点で、

極めて画期的な法則です。

また分かりやすく、
多くの事例で応用されるので

高く評価されています。

時間は残念ながら有限です。

全てをするわけには行きません。

であれば、

例えばビジネスをするなら、

・売り上げの80%は、
全顧客の上位20%が占めている

…というわけですから、

その20%の顧客を大切にして
彼らのフォーカスした方が、

ビジネスをしっかり発展させる
ことが可能なのは理解できるでしょう。

無駄な努力VS有意義な努力

成功者も凡人も、同じ
24時間を与えられているのです。

であれば、

より結果の出せる数少ない
要素に集中できるかどうか、

それで違いも生まれるのでしょう。

そういう意味でもこの法則は
重要な示唆を与えてくれますし、

そして私たちは少数の労力で

最大の結果を出す為のヒントを
与えてくれる極めて活用法の
高い法則です。

そもそもこの法則は約100年ほど前

イタリアの経済学者

ヴィルフレド・パレートさんが

唱え始めたものです。

彼は貴族の出身で、
数学や物理学の才能に恵まれ、

経済学や社会学の分野で

数多くのすぐれた
理論を打ち立てています。

その一つが

「80対20の法則」

であり、

結果の80%は20%の原因に
基づくとしたのです。

パレートの法則80対20の法則の活用法

またこの法則の活用法として、
パレートさんは多くの場合、

その20%が特に重要なので、
他の80%は取るに足りないから、

まずは20%に努力を
駆けるべきだとしました。

つまり、その肝心な20%
が何であるのか

を見極めることが必要で
あると主張したのです。

仕事というのは、
たくさんあります。

そのどれもを一人で
こなせる訳ではありません。

だからこそ最も結果の出る事
だけに集中しておくことが
大切なのですが、

我々はどうしてもこれができず

結果のでない80%の
いわばどうでもいいことを
してしまいがちです。

この辺りの原因と結果の影響を
上手く見極められる人が、

成功を手にできる人なのでしょう。

パレートの法則を上手く活用できる
ようにすると人生が変わります。

またパレートさんは
これを人間の行動だけでなく、

自然界や社会にも見出したわけで、

この辺りがこの法則を偉大な
物に仕立て上げたのかもしれません。

自分の庭園に植えていた
エンドウ豆を観察した結果、

ほぼ毎年、8割方、

実の詰まったサヤは全体の2割
程度しかできない事に気づきました。

この割合が最初のヒントになり、

後にイタリアの国土の
80%が20%の人々によって
所有されている事実を見出し、

この比率が広く経済から社会にまで
適応できると裏付けたのです。

あらゆる所に見られる原因と結果の影響

ただ注意が必要なのは、

もちろんこの法則の80対20が
いつも厳密にあるわけではないと言う事。

とても役に立つ経験則ですが、

科学法則のように厳密な
法則ではないのです。

自然現象や社会現象は
平均的ではなく、

バラツキや偏りがあり、

常に例外があるわけです。

とは言え、

重要なのは一部が全体に大きな
影響を与えるという事実なのです。

例えば、

・空気中に含まれる窒素の量は約78%、
酸素は約21%とおおよそ80対20である

・正方形に内接する円の面積は78.5%、
それを除く四隅の面積の和は21.5%と
おおよそ80対20である

・ビールと泡の割合は80対20が一番おいしい

・そばで一番うまいのは
そば粉が80%、小麦粉が20%の二八蕎麦だ

など科学的なものから
科学的根拠のないものまで

このパレートの法則
(80対20の法則)は
幅広く見られるのです。

さらに言えば、

これの発展的な法則として、

1パーセントの富裕層が全世界
の富の約半分を所有するなど、

その分布が顕著な例もあり
興味深いものです。

次回この法則の発展系として
生まれた法則を見て行きましょう。

スポンサーリンク

 - 徹底活用!世界に伝わる○○の法則..