スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ドローチャーの法則、競争社会におけるナイスガイとタフガイ

      2016/12/11

ドローチャーの法則、競争社会におけるナイスガイとタフガイ
今回のテーマは、

ドローチャーの法則、競争社会
におけるナイスガイとタフガイ

について紹介します。

もちろん弱肉強食の、

弱きものは食われて滅びる…

というほど厳しいものではないですが、

人間社会も厳しい競争の社会です。

こうした社会の中で生き抜き、

さらに成功し豊かになるには、

何が必要なのでしょうか?

ここでドローチャーの法則は

Nice guys always finish last.

=良い人ほどいつも最後で入ってくる

というもので、

このドローチャーの法則は
人間社会の厳しい生存競争にあって、

ナイスガイの善人である人ほど、
えてしてうだつがあがらず

ワルがのさばる世の中を
風刺した法則です。

スポンサーリンク

競争社会におけるドローチャーの法則

知力・体力・気力を振り絞り、

誰かと戦うためには、

心根が優しいだけでは
立ち行かないかい可能性が高いです。

ここで言うナイスガイは

「良い人」「良い奴」を意味し、

自分よりも相手の利益を考えて
思いやりがあり、

対立を避けて、特に女性に
対して優しく振舞う男、

笑顔を絶やさない平和主義…

皮肉っぽく言えば
お人よしのような人物を指します。

友人としては最高だけど、、

この厳しい競争社会の中では
なかなか力を発揮できないタイプです。

この法則を唱えたのは、

ヨギ・ベラと同じ
メジャーリーグの名監督

レオ・ドローチャーです。

タフガイこそが勝者として生き残る

スポーツの世界ももちろん
ビジネスと同じく、

いやそれ以上に厳しい
競争社会と言えるでしょう。

野球チームを率いる彼は、

ブルックリン・ドジャースや
シカゴ・カブスなど

多くのチームを指揮し、

ニューヨーク・ジャイアンツの
時代にワールドシリーズで
優勝に輝いています。

ドローチャーさんは
忌憚なく物事を言う事で有名で、

審判とはたびたび口論になり、

物議をかもしだす
ことの多い人物でした。

黙っていれば良いものの、

言いたいことは言う性格で
敵も多かったわけです。

ドジャースの監督を務めていた
頃のインタビューで、

彼はトップを走る自分のチームの
好調を維持する為に

「タフ・ガイ」でなければ
ならないと言いました。

そこで最下位だったライバルの
ニューヨーク・ジャイアンツの
監督を始め選手たちを

みんな「お人よし」
「ナイスガイ」だと皮肉り、

「みてみろあいつらを、
みんなナイスガイばっかりだ。

だからジャイアンツは最下位なのさ」

と辛らつに言ったと言われています。

ナイスガイよりタフガイの方がモテる

ちなみにこのドローチャー
の法則の活用法として

男女関係に当てはまる事も
話題になりました。

理想の男性像ランキングでは

いつも「優しい人」が
トップにランクします。

女性は建前では親切で
優しい「ナイスガイ」を好む

…と言いますが、

この言葉に騙されては行けません。

実際にはこのタイプはモテません。

「人を傷つけない、
協調性のあるお人好し」

のナイスガイは、

「友達としては良いけど
恋人としてはちょっと…」

などとと思われてしまいます。

実際には自信に溢れ、
自己主張が強く思いやりのない

「タフガイ、バッドガイ」

つまりワルに惚れやすい…

とドローチャー自身も
それを裏付けるかのように

「多くの男は自分たちの
経験から女性はナイスガイを
好まないことを知っている」

と漏らしています。

確かに学生時代など
真面目で勉強ができる良い生徒

よりもスポーツマン、問題児、
不良の方がなぜかモテたりしました。

得てして人は、

「嫌われたくない」という
心理を抱えてしまうものです。

その結果、ナイスガイであろう
とする自分は損をしている
ケースもあるのです。

格差社会と言われ、日本も

これからグローバル化や
情報化が進めば進むほど、

これからの世の中は、
ますます厳しい競争社会に
なっていくのではないでしょうか。

実際に厳しい時代を生き抜くには、

ナイスガイよりもタフガイの方が、

金銭面や仕事での成功、
異性面でもうまく行きやすいのです。

もちろん、反社会的、法律に
反する事をするのはダメですが、

自分の意見をしっかり持って
周りの意見に左右され過ぎない、

ナイスガイよりタフガイを目指す事が、

弱肉強食の競争社会では
大切な事なのでしょう。

スポンサーリンク

 - 徹底活用!世界に伝わる○○の法則..