スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

スタージョンの法則、あらゆるものの9割はクズの法則の活用法

      2016/10/11

スタージョンの法則、あらゆるものの9割はクズの法則の活用法
今回のテーマは、

スタージョンの法則、あらゆるもの
の9割はクズの法則の活用法

について紹介します。

ボストン・コンサルティング社の
創始者でもある

リチャード・コッチさんの著書

『人生を変える80:20の法則』

でも、

「価値のあるものの80%は、
使う時間の20%で達成される。

逆に言えば、使う時間の
80%は価値のある仕事の
20%しか達成できない」

と書かれています。

以前も紹介したパレートの法則、

「一日の業務の80%は
20%の重要な作業が占めている」

など、80:20の法則は
有名な法則ですが、

実際に重要なのは10%だとしたら…

スポンサーリンク

10:90の法則スタージョンの法則

いずれにしても、
生産性を高めるならば

優先順位の高い重要なものに
絞ってやる事が、

成果をあげる方法と言えるでしょう。

スタージョンの法則、

あらゆるものの9割はクズの法則は

アメリカの空想科学小説家(SF作家)の
シオドア・スタージョンが

1973年に唱え始めた法則で、

パレートの「80:20の法則」を
発展的に解釈したものと言えます。

スタージョンさんは
波乱万丈の人生を送ってきたそうで、

水夫や冷蔵庫のセールスマン、
ホテル経営まで手掛け、

さらにギターの演奏や作曲の他に
多くの小説を残し、

3度の結婚をし
7人の子供をもうけています。

こうした多岐に渡る豊富な人生経験から、
何事も信じてはいけない、

或いは信じられないと言う事を
スタージョンさんは教えられたと言います。

あらゆるものの9割はクズ

そこでそんな経験から

Nothing is always absolutely so.

=絶対的と言えるものは何もない

と唱えます。

絶対的というのは
疑問の余地がないほど決定的な事
を意味しますが、

そんな事はあり得ないと
スタージョンさんは疑問を投げかけたのです。

この言葉以上に彼を有名にしたのが、

この言葉を元にした
スタージョンの法則で

Ninety percent of everything is crap.

=どんなことでもその90%はクズである

そう断言した事です。

90%が「クズ」という表現は
過激ですが、的を得ている気もします。

スタージョンの法則のクズの活用法

“crap”というのは

クズとかゴミとか言った意味ですが、

そこから転じて
バカみたいなもの、ガラクタ
つまらないものという意味として使われます。

スタージョンさんは
多くの批判を浴びた事に愛想を尽かして
この法則を世間に投げかけたのです。

つまり、批判の90%は
とるに足らないバカげたことや
「クズ」みたいなもので、

この事実は文学や映画などの
芸術分野だけではなく、

あらゆる消費財に対する
批判についても広く適応できるとしました。

言い換えれば、
SF小説をクズだとする論拠は
無知に由来するわけだから、

他分野にもあてはまるだろう

というのが彼の主張なのです。

90%がクズで無意味というのは
極端にしても、

限りある時間を有効活用するには、
作業の取捨選択は重要だという事です。

スポンサーリンク

 - 徹底活用!世界に伝わる○○の法則..