スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

料理と幸運を運ぶ開運キッチン、運気を上げる台所の特徴と作り方

      2017/12/28

料理と幸運を運ぶ開運キッチン、運気を上げる台所の特徴と作り方
今回のテーマは、

料理と幸運を運ぶ開運キッチン、
運気を上げる台所の特徴と作り方

について紹介していきます。

台所と言うのは、人体で言う
消化器系に対応しているので、

家族の健康に直結する部分です。

運気を良くする台所を作ることで
家族の健康運はどんどん上がっていきます。

出来るだけ台所も清潔を保ち、
明るくあたたか雰囲気を作っていくことが
望ましい事でしょう。

また、キッチン、台所は

火(ガスコンロ、電子レンジなど)
水(冷蔵庫など)

という正反対のものを同時に置く場所で、
陰陽のバランスが崩れやすくなり、
運気の変動が激しくなります。

しっかりと運をよくする台所を
作っていきましょう。

台所の掃除、整理整頓で運気が上がる

開運食と言うものを
以前紹介しましたが、

さまざまな素材を美味しく料理し食べれば、
作る人も、食べる人も幸せになります。

まさに家族に幸運を運ぶという事、

食べることは生きる上で
欠かせないだけでなく、

食べる楽しみもあるわけです。

人生で最も重要な
アクティビティの一つです。

健康も運気も愛情も司る
台所は大切な場所です。

でも、そんな台所が汚れていたら、、、

いざ料理をしようという時に
洗いものが溜まっていたり、

調味料がバラバラに散財していたり、、、

これではおいしい料理も作れないし、
愛情も運気も生まれません。

汚れて乱雑な台所では
おいしいものを作ろうという
気力も奪われてしまいます。


まずは運気アップの基本である
掃除、整理整頓が大切なのです。

まずは台所にモノをごちゃごちゃと
置くのをやめて、必要のないものは
捨てましょう。

整理整頓が済んだら、

シンク・換気扇・冷蔵庫・
電子レンジ・炊飯ジャー・ポット・
ガスレンジ・換気扇などの

汚れをしっかり取ります。

台所は様々な機能が備わっているため
汚れ方も様々です。

汚れたらすぐに拭き取るクセをつければ、
いつも清潔でキレイな台所を保てます。

そして基本の掃除、整理整頓を
しっかりとした上で

運気を上げる台所を作っていきましょう。

運気をよくする台所の特徴、作り方

以下、運の良くなる台所作りの
コツについて解説します。

○円形にテーブルで気を集める

台所にはぜひ、丸みを帯びた
テーブルを置くようにして下さい。

丸みを帯びたテーブルと言うのは
内側に気を集める力があります。

なので場のエネルギーを
増幅してくれるのです。

結果的に、本来の食卓の持つ
家族団欒の喜びが増すでしょう。

そして家族の幸運レベルが増し
仲良くなっていきます。

中華料理の円卓を思い出して下さい。

あれは古代中国の賢者が
編み出した開運のコツでもあるのです。

テーブルは丸みを帯びたものをお勧めします。

また台所では、
火と水の間に気を中和してくれる
「木」つまりグリーンを置く事もおススメです。

小さな観葉植物を置くと
陰陽のバランスを中和してくれます。

キッチン、台所の匂いに注意


○生活臭が残らない工夫

ガスコンロなどが家の中心にある場合は、
換気扇を回したとしても、

生活臭が残ってしまいがちです。

なので窓のそばにガスコンロがあるような
設計のキッチンが望ましいですね。

また、玄関からすぐ、ガスコンロが
視界に入るのも生活臭が残り問題です。

生活臭は出来るだけ外が理想です。

またキッチンで
ごみが発生するのは仕方ない事です。

しかし運気的に言えば、

本来世紀を吸収すべき食物を
調理する場所に腐臭が漂うのはよくありません。

なので、ゴミ箱はできるだけ小さいものにし、
常にゴミを捨て去るよう気を使いましょう。

キッチンにゴミ袋をそのまま置いて、
ゴミがたまったらゴミ置き場に出す
という事をしている人もいますが、

この特徴は風水的には最悪です。

しっかりゴミ箱を使いましょう。

さらにゴミ箱はきちんと蓋のあるものを
使うのが便利ですね。

ゴミ収集の日に合わせて
まとめて出すのが普通かもしれません。

しかし理想は毎日、残さずに
捨ててしまう方がベターです。

台所の運気で気を使いたい殺気と生気

○骨董品やドライフラワーなどは
殺気を放つのでキッチンにおかない事。

生気を吸収する為に
ゴミをなるべく置かない
と言いましたが同じように、

骨董品やアンティークの物は
前に使っていた人の気が残っています。

またドライフラワーも、
花から生気を抜き取られているため、

キッチンにおく事はふさわしくないです。

こう言ったものから発せられる邪気や殺気は
食事と共に体内に入り込みますので、

食欲が奪われたり、栄養を十分に
摂取できなくなったりと、

結果的に家族のだんらんの場が乱れる
恐れがあります。

もちろん捨てる必要はないので、
ぜひ、他の場所に移すようにして下さい。

台所では空気をキレイに


○よどんだ空気をためない事。

料理を作る人が、腕前を十分に
ふるまえるようにするには、

キッチンの色合いと言うのは、
温かい色か、自然な木材質のものがお勧めです。

食器や調理器具と言うのは、
洗ったらすぐに収納して表に出さないのが
運を良くするキッチン作りの基本です。

食器を洗わないでいたり、
生ごみをキッチンにため込むと
空気がよどんでしまいます。

不快なにおいを発して運気を
悪くするので気を付けましょう。

結果的に、料理を作る人も
キッチンに立つことがストレスとなって、
料理の質も落ちてしまいます。

そんなストレスを受けた人が作った
料理を食べることで、

胃腸の働きも低下し、
消化不良になる事があります。

楽しい気分で料理を作ると
食べる人にもそれが伝わります。

以上が台所、キッチンにまつわる
風水テクニックです。

開運にとって大切な台所

風水では一家の主婦が
その家に住む人の運気を育てると言います。

その主婦の運気が一番強く表れる
場所が台所なのです。

料理と幸運を運ぶ開運キッチンは
家族の絆の土台となります。

つまり、運のいい家を作るためには
運の良い台所を作ることから始まります。

開運の面から言って、台所は
家の中でもかなり重要なポイントです。

なので最後に
どうすれば主婦が働きやすい
キッチンになるかを考えましょう。

主婦が台所で作業する時間は
1日のうち4~6時間近くあると言います。

そのため台所が働きやすくて
効率的な場所になっていれば、

主婦にかかる時間的、肉体的な
負担も軽くなります。

例えば、食洗機などを使えば
後片付けの時間も短くできます。

こうした機器を安易に導入
することの賛否はありますが、

空いた時間で家族のだんらんも増えたならば
それはいいことと言えます。

食欲というのは人間の本能です。

おいしいものを食べたいからこそ、

人は時間と手間をかけて
食材を加工して料理を作るのです。

おいしいものを食べると幸せを感じます。

大事な人たちと一緒に食べれば、
その幸せは何倍にもなるでしょう。

「料理は愛情」と言いますが、

愛情をこめて料理をすると、
その気持ちは相手に伝わりますね。

愛情も運気も目に見えませんが
どちらも実感のあるリアルなものです。

古代の知恵と現代の効率性を
上手く組み合わせ、

さらにその上でぜひ以上の事を念頭に
運の良いキッチン作りを心がけて下さい。

 - 運気を味方に付ける成功法則