スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

モンテッソーリ教育の特徴:子供の可能性と自主性を伸ばす

      2016/10/22

モンテッソーリ教育の特徴:子供の可能性と自主性を伸ばす
今回のテーマは、

モンテッソーリ教育の特徴:
子供の可能性と自主性を伸ばす

について紹介します。

モンテッソーリ教育の特徴は、

子供の発達をとことん見つめ、
子供の自主性を信じ、伸ばすの育児です。

一見、英才教育のような
イメージを持っている人もいますが、

それはモンテッソーリが目指す
理想の教育ではないので注意下さい。

「子供って、どうしてこうなの?」

という疑問に対するヒントを与えてくれるのが、
モンテッソーリ教育なのです。

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育とは何か?

モンテッソーリ教育は、
簡単に解説すると、

すべての人間の奥底に秘められている、
本来の良さや未知の可能性が、

自らの力で表れるのを
サポートする為の

教育環境や援助の仕方の体系の事です。

イタリアの医師、
マリア・モンテッソーリさんが、

生理学的な根拠に基づいて
構築した教育法です。

子供の中に潜む本来の良さや
未知の可能性が表れるためには、

1.自由に選ぶ(自由選択)

2.選んだことを繰り返しする

3.繰り返しながら集中する

4.完了感、充実感、幸せ感を
持って終了することで、
本来の正常な状態を生き始める(正常化)

という4つのステップを踏むことが
大切だとモンテッソーリさんは説きます。

モンテッソーリ教育では、
子供がこのプロセスを踏むための、

適切な環境を用意し、
大人がサポートしてあげることが
必要だと考えられています。

マリア・モンテッソーリの生涯

Maria Montessori
マリア・モンテッソーリ
(1870~1952)

1870年、イタリア生まれ、

医師を志し、女性初の唯一の
医学生としてローマ大学に学ぶ、

「知的障害児」の治療教育の
成果から子供の「集中」する力を発見する。

医学博士号を取得後、

イタールやセガンなどの
「障害児治療教育」に示唆を受け、

生理学的根拠に基づく
独自の教育法を構築する。

1907年、ローマに最初の
モンテッソーリ教育実践の場
「子供の家」を開設する。

著書「モンテッソーリ・メソッド」が
出版されたのを機に、
国際的に認められるようになる。

よき理解者だった息子のマリオとともに、
各地で教育改革のために活動する。

教員の養成を続け、
1952年オランダで死去。

モンテッソーリ教育のおける遊び

子供の五感を育て、
自然に数や子ど場の感覚を育てる
「教具」があります。

園では、つまむ、切る、
貼る、縫う、通す、など

指先を扱う遊びや

注ぐ、ねじる、打つなどの
手や腕を使った遊びが見られます。

スポンサーリンク

 - 究極の勉強法と至高の学習法