スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

文章力、リサーチ能力を活かした副業、ウェブライターの仕事

      2017/08/18

文章力、リサーチ能力を活かした副業、ウェブライターの仕事
今回のテーマは、

文章力、リサーチ能力を活かした
副業、ウェブライターの仕事

について紹介します。

情報化時代、今や誰もが
情報発信できる時代ですから、

インターネット上に掲載される
情報も質が求められています。

逆に言えば、多くの企業なども
文章を書く人を求めています。

そこで、

インターネットのホームページに
掲載される文章を執筆するのが
ウェブライターとしての副業です。

場所と時間を選ばない、

平日の空いた時間や週末などに
まとめて一気にこなせるので、

副業として人気の高い仕事です。

スポンサーリンク

要望に会う文章を書く

基本的には書いて欲しい側が
テーマを設定して依頼するのに
応えていく仕事です。

ライターといえば以前は、
雑誌に投稿するなど、

限られたテーマしかなかったのですが、

現在は多くの人が無数の
テーマで文章作成を依頼してきます。

文章力やリサーチ能力などの
実績が評価されれば、

原稿単価を倍以上にアップさせる
ことも不可能ではありません。

仲介してくれるので安心

仕事を始めるにあたっては、
ライターを募集している企業を
探す事になりますが、

仲介業者を利用するのも
一つの方法です。

仲介手数料はありますが、

せっかく書いたのに、
報酬をが払われず泣き寝入り、

といった事態は避けられます。

専門サイトでは、
在宅で仕事ができる人の
登録を随時受け付けています。

登録後は、
募集をかけている案件をチェックし、

自分にできそうなものを見つけて
エントリーします。

それを応募先が見て気に入れば、
仕事が発注されてきます。

数を増やして稼ごう

基本的に、400文字程度の原稿につき、
300円程度が相場と、

単価は安いものの、
複数の記事をまとめて
依頼されることが多いので、

とにかく量をこなすことが大事です。

慣れれば書くスピードも上がるので
効率も良くなってきます。

そうなれば一般のアルバイト
よりは稼げる程度になるでしょう。

このウェブライターの副業で
求められるのは、

誰が読んでも分かりやすい
文章を書く能力と、

依頼案件に関して
リサーチできるテクニックです。

空いた時間を有効活用できることから、
サラリーマンや主婦の方が
副業としている例も多いです。

文章作成はパソコンがなくてもできます。

携帯電話があれば文章は打てますし、
実際に携帯電はサイトに掲載されている
テキストの中にはそうして書かれたものもあります。

文章力に自信があるなら、
ぜひチャレンジして見てください。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法