スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

動物取扱業を取得して稼ぐ副業、犬猫のブリーダーの仕事と特徴

      2016/10/17

動物取扱業を取得して稼ぐ副業、犬猫のブリーダーの仕事と特徴
今回のテーマは、

動物取扱業を取得して稼ぐ副業、
犬猫のブリーダーの仕事と特徴

について紹介します。

ブリーダーというのは
犬や猫といったペットの交配・繁殖を
職業とする人の事で、

副業としてする事も出来ます。

母犬と長く過ごした
子犬の方が健康面で恵まれている
という理由から

近年では日本でも、
ペットをブリーダーから購入する
というケースも増えてきています。

ブリーダーとして
副業をするのであれば、

まずはどんな種類の犬や猫を
ブリーディングするのかを決定します。

成功の秘訣は、

ブームに流されることなく
自分の好きな動物の種類を
専門に扱う事です。

育成コストに無理がない種類を選ぶと、
さらに良いですね。

相応の血統や履歴を持つ
雌を入手できるか、

種付けのために健康な雄を
見つけられるかも大きなポイントです。

スポンサーリンク

つまり、信頼できるブリーダーを
探すことが、

自分がブリーダーになるために
第一歩になります。

雌が妊娠した後は
健康的に出産ができるように
準備を整え、

無事に子犬や子猫が生まれたならば、
愛情を注いで育てつつ、

同時進行で買い取ってくれる
オーナーを探すなど、

その手間はかなりのものですが、
動物を飼う事がそもそも好きならば
問題なくこなせるでしょう。

ではこのブリーダーの副業で
どれくらい稼げるんでしょうか。

売買の相場は、
人気犬種であれば

一頭数万円から数十万円、
猫なら十数万円です。

委託ブリーダーならば
販売価格の半分が報酬として
支払われます。

小規模でブリーディングするならば
資格は不要ですが、

子犬や子猫を販売するとなると、

「動物の愛護及び管理に関する法律」

第二章第三節

「動物取扱業の規制」

に基づいて、

「動物取扱業の届け出」

が義務付けられています。

また都道府県によっては、

「動物取扱主任者」

の資格が必要な場合もあるので、
各自治体や地元の保険所に
問い合わせておきましょう。

こうした手続きを煩雑に思うならば
委託ブリーダーというシステムを
利用するのも良いですね。

専門業者から動物を預かり、
自宅で飼育から出産までの面倒を見ます。

動物の目利きや種類の選定といった
専門的な事はすべて業者にに任せておいて、

育てる喜びを味わえるのがメリットです。

また動物の購入料や交配料が
かからないので、

低コストで済むのがいいですね。

生まれた赤ちゃん犬などが売れると
販売価格の半分が報酬として支払われます。

以上、動物取扱業を取得して
稼ぐ副業、犬猫のブリーダーの
仕事と特徴について参考にしてください。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法