スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

アイデア勝負の特許で一攫千金を狙う副業、発明家の仕事と特徴

      2016/10/17

アイデア勝負の特許で一攫千金を狙う副業、発明家の仕事と特徴
今回のテーマは、

アイデア勝負の特許で一攫千金を
狙う副業、発明家の仕事と特徴

について紹介します。

身の回りの困ったことを
解消する為のアイデアが

実用品の考案につながった例は
たくさんあります。

発明というのは自宅に居ながら
手軽にできる一方で、

もしかしたら大きな収入になるかもしれないと言う
可能性を秘めた、夢のある副業です。

もしも取得した特許を、
企業が買い取るとなると、

かなりの額が期待できます。

一攫千金を射止めた
発明主婦や発明会社員も
意外なほど多いですね。

スポンサーリンク

副業で発明するとして
どれだけ稼げるかと言うと、

基本的に、
特許品が企業によって商品化する際、
発明者との間にロイヤルティ契約が結ばれます。

これは売り上げの何%かを支払うと言うもので、

そのパーセンテージは
ケースバイケースです。

例えば、価格500円の
商品に対して2%のロイヤルティ契約を結ぶと、
一個売れるたびに10円、

1万個売れれば10万円の収入になります。

ただここで発明家として副業で
稼いでいこうとする際に、

問題がひとつあり、

たとえ素晴らしいアイデアがあったとしても、
それをどのようにして形にして、

どのようにして特許を取るかといった
事務的な事をするのが、

個人でやるには難しい所です。

その解決法としては、
発明協会や発明学会といった
支援団体に入会してアドバイスを
受けるのが一番です。

年会費を支払う事で、

特許に関する相談に乗ってもらう、
取得に必要な資料を閲覧する、
他の人のアイデアを参考にする、
発明コンテストに出品する、
企業に橋渡ししてもらう、

など、様々なサポートを
受けることができるのです。

特許を取得した後は、
毎年全国で行われている

「特許・情報フェア」

のような特許品を
企業にプレゼンテーションできる場に
出品するなどします。

実際、主婦のアイディア製品の多くは、
こうしたフェアで企業の目に留まったものです。

また商品化される前でも、
経済産業省主催の「グッドデザイン賞」をはじめ、

プロダクトを応募できる賞があるので、
まずは賞を取った上で企業に売り込むと言う
道も開かれています。

以上、アイデア勝負の特許で
一攫千金を狙う副業、

発明家の仕事と特徴について
ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法