スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

バレない副業の一つ代筆屋、ゴーストライターの仕事や特徴

      2017/08/18

バレない副業の一つ代筆屋、ゴーストライターの仕事や特徴
今回のテーマは、

バレない副業の一つ代筆屋、
ゴーストライターの仕事や特徴

について紹介します。

表舞台に立つ人の裏には
プロフェッショナルがたくさんいます。

有名芸能人のセンスは、

放送作家、ヘアメイク、
ファッションコーディネーターなど、

その道のプロが集結し、
そのスターを作り出すのです。

一般的に、著名人になり代わって
著書などを執筆する人を

ゴーストライターといいます。

アイドル本を実は本人が書いてない、、
などかつては白い目で見られたものですが、

最近では一つの職業として、
副業としての代筆屋、ゴーストライターとして
世間にも認知されてきた感があります。

スポンサーリンク

書くスキルが求められる

また同じように、一般の人を対象に、

本来は自分で書くべき私的な
書類や手紙などの文章を書くのが代筆屋で、

公的な手続き書類などの代筆は
行政書士の出番になりますが、

結婚式のスピーチや就職活動の
志望動機などで、

プライベートな文章を代筆する
ゴーストライターの需要が増えています。

もちろんこの仕事に必要な
スキルは書く事、ライティング能力です。

文才というものは
誰にでもある訳ではなく、

ましてやフォーマットが決まった
公的な文書ならいざ知らず、

本人の主張や個性を盛り込んだ
文章をうまくまとめるのは難しく、

頭の中で書きたいことがイメージできても、
それが誰が読んでも分かるような文章に
まとめるにはそれなりのテクニックが必要です。

また自分の意見を述べるよりむしろ、
クライアントさんに成り代わって書くので、
その人の気持ち、考え方を
代弁する能力も必要です。

文章が苦手な人の救世主

こうしたテクニックを駆使して
本二の望む文章を書きあげる
代筆屋、ゴーストライターは

文章に関する駆け込み寺のようなもの。

物を書くのは時間も場所も選ばないので、
副業にも最適です。

出版や記事投稿など
大げさに考えなくても、

意外と書く機会は生活であります。

お金を払ってでも書いて欲しい、
という人はたくさんいます。

この仕事を始めるのは
特別な資格なども要りません。

日本語能力と文章力に自信があれば、
個人でホームページと名刺を作り、
すぐに営業を開始できます。

また代筆を請け負っている
会社にフライーランサーとして登録し、
仕事を回してもらうのも手です。

各ジャンルは広い方が有利ですが、
冠婚葬祭用のスピーチ台本やあいさつ状など、

得意分野に特化する方が
仕事を得やすくなります。

まずは地道な営業から

もちろん有名人の文章の
代筆などができれば、

報酬も高まる事でしょう。

自分自身の能力を
上手くアピールしていくことが
仕事につながるので、

中には行政書士の資格を売りにして
代筆を副業にしている人もいます。

どれだけ稼げるかは、
クライアントさんとの交渉次第ですが、

一般的な相場としては、
100文字あたり1000円くらいが
相場です。

最近であればウェブライター
もちろん需要が増えています。

が、やはりゴーストライターが
一般的に完全に認められている。

という訳ではないのも真実で、
気をつけるべきポイントです。

なお、卒業論文などは、
代筆が発覚した場合、

依頼主が退学など処罰の対象に
なってしまう事もあるので気をつけて下さい。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法