スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

クロスワードや数独を作る仕事、頭を使う副業パズル作家

      2017/08/08

クロスワードや数独を作る仕事、頭を使う副業パズル作家
今回のテーマは、

クロスワードや数独を作る仕事、
頭を使う副業パズル作家

について紹介します。

昔ながらのパズルをやると
没頭して気がつかないうちに
時間が過ぎていることがあります。

一つ完成した後は快感で、
また次にやりたくなる、

人を病みつきにさせるものです。

電子ゲームやテレビゲーム隆盛の
現代社会でも、

クラシックなパズルには
根強い愛好者がいます。

そんなパズルを制作する
パズル作家という副業も人気です。

根強いファンがいる市場

クロスワード、迷路、ナンクロ、
カックロや数独など、

書店やコンビニにも
専門のコーナーが設けられ、

さまざまな書籍や雑誌が並んでいます。

週刊誌や新聞にも乗りますから、
ファンはそれだけ多いという事。

この出版不況と言われる時代でも、
コンスタントに売れ続けていると言います。

また脳トレブームが人気に拍車をかけ、
パズルファンは年々増える一方です。

そういった需要は増える一方で、

供給側のパズルのプロ作家というのは、
意外に少ないそうです。

なぜかと言うと、
パズルファンは目が肥えていて、
解きごたえのない問題には容赦ないからです。

長く愛され続ける仕事

この現象を裏に返せば、
期待に答えるだけの創造性があれば、

プロでもアマチュアでも
関係なく受け入れられると言う事、

プレッシャーは大きいですが、
新鮮な発想を披露できる場がある
のはチャンスも大きいです。

アナログからデジタルに、
提供する媒体は変わっても、

パズルそのもののやり方、
パズルを楽しむ人に変わりはなく、

末長く続けられる仕事でもあります。

パズル愛好家の中には、

パズル制作側に転身したいと
思った人も少なくないでしょうが、

パズル作家を目指すなら、
普段購読している専門誌への
投稿から始めましょう。

実際に今でも活躍している作家の多くは、
専門誌が企画する投稿コーナーなどに応募し、

何度か採用されるうちに
出題者としてレギュラー化した
ケースも多いです。

頭を使い続けられる脳トレ

地道な方法ですが、
これが最も確実な方法です。

あるいはパズル作家として
ホームページやブログに
自分の作品を載せていると、

仕事依頼も来るかも知れません。

いずれにしろ、パズル作成は、
頭を使う事はボケ予防になり、
健康にも良い事です。

ただパズルを解くだけだと
一円のお金にもなりませんが、

作成者側になれば
一挙両得と言えます。

誰にでもできる仕事…
ではありませんが、才能が
あるならチャレンジしましょう。

大御所になれば
収入も大きく増えますが、

最初に副収入として始めるなら
パズル1問5000円程度が相場、

一度認められたらば、
常に人材が不足している業界なので、

需要は大きいので、
活躍の場は広がっていくでしょう。

長く活躍できる安心もあります。

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法