スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

ピアニストが重宝する副業、ピアノ生演奏で稼ぐ仕事と特徴

      2017/08/08

ピアニストが重宝する副業、ピアノ生演奏で稼ぐ仕事と特徴
今回のテーマは、

ピアニストが重宝する副業、
ピアノ生演奏で稼ぐ仕事と特徴

について紹介します。

音楽というのは人の心を動かす。

古くから人間が奏でてきた
生活と切っても切れないもの、

もちろんオーディオ機器は進化し、

レコード、テープ、CD、MP3など
音楽を聴く道具はありますが、

やはり生は独特です。

ピアノの生演奏をバックに
ディナーを楽しみ、

優雅なひと時を過ごす…

ゴージャスな雰囲気を
音楽で演出する仕事は、

ピアノを弾くことが好きな人には
魅力のある副業です。

スポンサーリンク

生演奏スキルはお金になる

プロになるには厳しい世界ですが、

腕があればこのスキルで稼ぐ事はできます。

古今東西、楽器を弾ける人の
ニーズは必ずあるからです。

本業がありながらでも、
合間時間に仕事ができます。

ランチタイムの仕事もありますが、
ほとんどがディナータイムが勤務時間なので、
昼間の本業に差し支えないのが特徴です。

そんなピアノの生演奏の
仕事の口を探すためには、

ピアノ生演奏を売りにしている
店に直接問い合わせるか、

ピアノ奏者を派遣している
音楽事務所を通すのが基本です。

楽器で稼ぐ仕事の見つけ方

インターネットや求人誌で
募集を探し見つけることができます。

またホステス募集の求人広告に

「ピアノができる方求む」

と書かれている事もあります。

ただし、こうした店では
生演奏の合間に接客をする
場合もあります。

他にもホテルのラウンジとなると、
音楽事務所と契約している
ケースがほとんどですが、

直接交渉の余地もあります。

友人や知り合いのツテやコネ、
紹介で仕事が回ってくる。

ということも多いですから、
普段から営業努力を忘れず、
顧客開拓をしておきましょう。

他にもボーカリストが生演奏を
バックに歌を聞かせるバーなどもありますが、

こちらはあくまでも歌が主役で、
ピアノはその伴奏に過ぎないことを
覚悟しておきましょう。

ピアノ一本で稼ぐのは困難だが

様々な楽器のスキルがあれば、
もちろん演奏で稼ぐ事は可能でしょう。

が、やはりピアノができる
が一番需要が多いでしょう。

日本だけでなく外国人の
需要にも答えられれば、
さらなる報酬アップが期待できます。

なおこのピアノ演奏の副業のギャラは、

18時から24時の間に、
30分の演奏を3ラウンドして
1万円前後のギャラが相場です。

仕事を得やすくするために、
お客さんから幅の広いリクエストに
こたえるために、

常にレパートリーを増やす
努力をしなければいけません。

ピアノを趣味で弾くだけ、

では物足りず、かといって
プロになるわけでもない。

人前で演奏して稼げれば、

楽しくピアノも副業も続けられます。

どこで演奏するにしても
その音色が素晴らしければ、

顧客やファンが付き、
そうなると給料の他にも
チップなども期待できますので、

ピアノが弾ける人は
さらなる収入がアップできる
良い副業と言えるでしょう。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法