スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

宝くじ販売店オーナーか販売員の仕事かどっちの副業を選ぶ?

      2016/10/16

lottery
今回のテーマは、

宝くじ販売店オーナーか販売員の
仕事かどっちの副業を選ぶ?

について紹介します。

宝くじを当てて億万長者!

という夢を見るのも良いですが、

どうせなら宝くじというをステムを使って
堅実に稼ぐ副業を始めた方が、

現実的な収入が増える可能性は高いです。

宝くじというのは
昭和20年の第一回発表以来、

販売額は年々と増え続け、
平成13年にはついに1兆円の大台に乗ったそうです。

懐がさみしくなり続ける
日本のサラリーマン事情をよそに

宝くじ市場は活況そのものです。

され、ここで、
サラリーマンが副業をするならば、

高さ1.7メートル、幅1.2メートル
小柄なボックスの下に

「この売り場から2等が出ました」

という張り紙を誰しも見たことがある
宝くじの販売店のオーナーになる道、

宝くじの販売実績は、
第一に駅前周辺、

第二にビジネス街、繁華街
と言われていますが、

会社組織で全国展開する
販売者の年間売り上げは
1000億程度にのぼるとの事、

いっぽうで個人事業主でも
立地条件が良いと
年に1億ほど売り上げが出るそうです。

スポンサーリンク

宝くじの売り場と言えば、
宝くじ元請け銀行である
みずほ銀行が有名ですが、

同行展開の売り場は意外と少なく
全国で400程度、

最大の売り場を展開するのは
日本ハーデスという会社で
約2000か所、

以下、煙草組合関係が1900、
スーパーのサービスカウンター、
JRの益売り関係と続くそうです。

さて宝くじ販売をしたとして
その収入源は宝くじ販売手数料一本です。

手数料は当選立て替え金手数料を含め、

100円当たり8円弱…

年間総額で1億円分の
宝くじを販売したとすると、

年収約800万、
月額は67万円程度にないsます。

実際にサラリーマンをしながら副業で
宝くじ販売をしている人によれば、

「月に3,4日売り場を手伝う事もありますが、
それ以外はアルバイト任せです。

その他、備品、換金準備金などの
減価償却費が15万円ほどなので、

アラルは32万円ですね。

個人の場合、営業時間は自由なので、
時間を延長すれば販売額は増えます。」

とのこと、

現在では全国に宝くじ売り場は
1万6000か所ほどあるらしく、

開業したければ、各自治体の窓口に
販売許可申請をして(年4回受け付け)

資産審査をクリアすれば
販売許可が出ると言う仕組みです。

ちなみに、アルバイトを雇うなら、
収益から支払うのですが、

時給1000円が相場で、
経験3年以上のベテランなら1300円程度、

彼らの労働時間はまちまちですが、
1日8時間、25日働いて
月額給与が20~25万といった所、

サマージャンボなどの発売時期は
超多忙となるので時給50円ほどアップするそう、

という事はここで、もう一つの選択肢として、

時給が800円から900円という
コンビニやファーストフードの販売員より、

給料が割高で
それほどきつい仕事ではない、

宝くじの販売員の道も、
副業アルバイトとして
なかなかの業種の一つでしょう。

選択は任せますが、
オーナーの道を目指すなら、

宝くじ売り場というのは
同じ商品を売るために、

食い合い状況が予想されると
許可がおりにくく、

200万円程度の準備金も必要です。

誰でもできる気軽な副業とは言えませんが、

たまに見せのヘルプをするだけで
利益は月に25万ほど出てるなら、
悪い仕事ではないです。

宝くじを買って億万長者という夢を描くか、
それと自分で売って稼ぐか、

賢い副業スタイルを目指すならば
当然…

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法