スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

副業の目的は気分転換でOK、お金より仕事のやりがいを求める

      2016/10/16

副業の目的は気分転換でOK、お金より仕事のやりがいを求める
今回のテーマは、

副業の目的は気分転換でOK、
お金より仕事のやりがいを求める

について紹介します。

副業で得られるお金以外の
メリットで忘れてはいけないのが、

日ごろのストレス解消や
気分転換になると言う事。

私の知人はIT業界で働く
33歳の男性、

社内では同僚にも
人木置かれる優秀な経理マンで、
出世頭の係長ですが、

休日に副業として
引っ越し補助のアルバイトをしています。

日給は一万円で、
仕事は肉体的にハードですが、

月に6回働くと六万円になるそうです。

でも、彼曰く、
副業の魅力はお金ではないと言います。

濃密な人間関係が新鮮だそうで、

普段、本業ではシーンとした
オフィスで仕事をしているので、

親方に怒られたりする事も
けっこう快感だそうです。

元々この副業は
派遣会社経由でゲットしたそうですが、

今では親方に気に入られ、
派遣会社を通さず、

直接仕事をもらえているそうです。

スポンサーリンク

本業とは全く違う仕事なので、
日ごろのストレス解消になり、
気分か転換になるのはうなずけます。

マンネリ化した日常を
変えてみたいという願望を
多かれ少なかれ誰でも持っているはずなので、

内勤の人は外を出歩く副業の仕事だったり、

1人で完結する仕事の人なら
共同作業が多い仕事を副業にする

というように本業とは対極の
仕事を副業にすれば気分転換になります。

また自分の趣味が活かせる
副業も良い気分転換になります。

エリートサラリーマンの私の知人は、
14年間も続けている副業があります。

それは、週一回夜の6時から11時まで
バーでバーテンダーをしているのです。

お酒やカクテルか好きな彼は、

バーの雰囲気が好きで、
お客と接するのも楽しいと、

もともと本業の年収が低い時代に
始めたこの副業がずっと続いているそうです。

彼の副収入は月1万5千円程度だそうですが、
この副収入をもう10年間も銀行から下ろさず、
貯金額は増えているそうです。

つまり生活費などのお金は
すべて本業で賄える、

彼にとって副業は、仕事というよりも
仕事の後の大人のクラブ活動のようなもので、

楽しんで仕事の気分転換をしながら、
お金をもらえるという、

まさに天職なのです。

この時代そういう仕事ができる事は
幸せな事ですね。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法