スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

副業としてインターネットビジネスの基本、仕事の種類や特徴

      2017/08/27

副業としてインターネットビジネスの基本、仕事の種類や特徴
今回のテーマは、

副業としてインターネットビジネス
の基本、仕事の種類や特徴

について紹介します。

副業の歴史を振り返ると、
転換期はいくつかありますが、

最も大きな変化は
インターネットの出現でしょう。

情報確信は私たちの働き方を変え、
生活を激変させました。

いまどきの副業と言えば、
インターネット関連のビジネスを
忘れてはいけませんね。

黎明期はただ趣味の世界だったのですが、
今では誰でも使うようになり、

自分のホームページやブログを持てば、
世界を相手にビジネスができる時代です。

では副業としてのインターネットビジネスの
基本について今回は解説していきましょう。

インターネットビジネスの副業の
メリットは大きく二つあります。

一つはコストが低くスタートできる事、

インターネット接続料や
電気代を除けばコストがかからない所、

二つ目が、
時間と場所の制約がない事です。

インターネットにつながった
パソコン一つがあれば、

どこからでも仕事ができるのに

サラリーマンとしての本業の
仕事をしているときでも、

遊んでる時、寝ている時でも、
仕組みさえ整えれば、

ホームページが勝手に稼いでくれます。

これは副業にとって大きな
メリットになるのです。

ネットを使う基本は三つの稼ぎ方

が、もちろん楽に簡単に
稼ぎ出せるわけではありません。

仕組みづくりに時間がかかったり、

メールなどでお客さんからの
問い合わせに対応する事はありますが、

時間がある時に返事を書けばいいので、

まさにインフラとしては、副業として
夢のようなシステムを実現してくれるのが、
インターネットビジネスです。

このネットビジネスの世界で
著名な起業家で大御所の方に
川島和正さんという方がいますが、

彼によると、
ネット副業には大きく三つあり、

「ネットでモノを売る」
「ネット広告を掲載する(アフィリエイト)」
「ネットで情報を売る」

という三つに分けられると言います。

この基本から派生したたくさんの
稼ぎ方がありますが、まず基礎からです。

それぞれ順番に解説しましょう。

まずはネットオークションから

インターネットビジネス副業その1.
「ネットでモノを売る」

まず商売の基本である
モノの販売があります。

インターネットで物を売る形としては、
自分で店を立ち上げる

オンラインショップを立ち上げる方法と、
ネットオークションに参加する

方法があります。

また変形としては、

在庫を持つ必要のない、
商品の仕入れや梱包、発送などの
業務を業者が代行する

ドロップシッピングという形もあります。

まず誰でも手軽に始められ、
低コストでネットで物を売れるのが
ネットオークションですね。

副業スタートのきっかけとして、
手始めにオークションで家にある不用品を
売ることから始める人も多いです。

案外お金になってびっくりする
という人が多いです。

もちろんそのうち売る物が無くなりますが
そこで仕入れの必要性が出てきます。

またせどりという方法もあり、

これはもともと古本業界の用語で

A書店で安く買った古本を
B書店に持参してそれより高き価格で
引き取ってもらう行為を指すのですが、

つまり、その差額を利益にする行為です。

これをネットビジネスに応用して、

古本屋で安く仕入れてきた
本やCD、DVDなどを

ネットオークションやアマゾンで売る
「ネットせどり」という方法も
おなじみの手法です。

ネットの世界では
本でも、家電でも不動産にいたるまで
なんでも売買されているので、

その差額を狙った転売ビジネスは
インターネットで物を売る副業の代表です。

ただしインターネットでも
売ってはいけないものはあります。

常識で考えて分かる事ですが、

違法コピーのソフトや、
著作権違反したDVDを売ったり、

公序良俗に反する行為に手を出すのは
もちろんいけません。

紹介するだけでお金が稼げる

インターネットビジネス副業その2.
「ネット広告を掲載する(アフィリエイト)」

自分のウェブサイトに広告を掲載し、

そこにリンクされた商品購入ページへと
ユーザーを誘導する仕組みを

アフィリエイト(affiriate)と呼びます。

元々アフィリエイトは
「提携」とか「加盟」という仕組みですが、

ネットの仕組みと相性がよく
近年爆発的に広がっている手法です。

何か物を売ったりサービスと
売る必要がなく紹介するだけで
ビジネスになる手軽さも人気です。

ウェブサイトやメールマガジンを見た人が
そこにリンクされている企業の広告をクリックし、

商品の購入や会員登録、資料請求などを行うと、

リンク元であるサイトの運営者(広告主)
から報酬が支払われます。

広告主とサイト作成者を集め、
お互いを結びつける役割を果たす

アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)
と呼ばれる業者が出現し広まりました。

アフィリエイトには広告がクリック
されただけで報酬が支払われる

「クリック課金型アフィリエイト」

代表的なサービスが
グーグルアドセンス

商品の購入などの成果があって
初めて報酬が支払われる

「成果報酬型」

代表的なサービスは
アマゾンアソシエイト

の二種類があります。

書評ブログなどに
貼り付けられた本の写真をクリックすると
アマゾンの画面に飛ぶようになっていますが、

あれがアフィリエイトです。

カリスマ書評ブロガーになれば
アマゾンアソシエイトの収入だけで
月60万円ほど稼ぐそうです。

ホームページやブログを作り、
広告は貼り付けるだけで収入になるので、

リスクはないですし、
簡単に始められるので

副業としての人気は高いですが、
そう簡単に稼げるわけでもなさそうです。

一定のアクセスのある人気
サイトでなければお金にはならず、

アマゾンアソシエイトなら
1冊売れても50円ほどの収入なので、

一定以上稼ぐには
色々と工夫が必要です。

アフィリエイトには
ブログやホームページ以外にも

いまならSNSやユーチューブ
メールマガジンも利用できます。

メールマガジンというのは
メール形式の記事を

購読を希望する読者に
定期的に配信するサービスの事で、

ブログやホームページ、SNSと組み合わせれば
相乗効果でそれぞれのアフィリリンクへと
誘導も期待でき、

収益も増えて行きます。

こうした継続的な工夫が
「ネット広告を掲載する(アフィリエイト)」
で稼ぐコツと言えそうです。

コンテンツを販売する

インターネットビジネス副業その3.
「ネットで情報を売る」

一般に情報商材と呼ばれる

ビジネスノウハウ、アフィリエイトのヒント、
ダイエットや、視力回復術、
モテル方法やナンパの方法

…など、自分が会得した

お金を払っても他人が読みたくなるような
内容を文章や動画コンテンツなどにまとめ、

小冊子やCD、DVDやダウンロード形式で
ネット上で販売する、

情報起業というやり方も、
インターネットビジネスで副業をするのに
うってつけの方法の一つです。

これは在庫を持つ必要もなく、

まさしくどこでも商売ができる
副業にぴったりの仕事です。

一度自分が書きあげたコンテンツが
どんどん売れて行くとなると、

お金を刷っているようなもので、
有名作家が印税で暮らせるほどの
ビジネスモデルができ上がります。

ただ現実的には情報商材というのは
中味が玉石混交と言われ、

数万円のマニュアルが売られていても、
内容がしょぼい…

といったクレームもあります。

通常の本や雑誌のように
書店で中身を確かめられないので
後でトラブルになる事もあるようです。

またセールスレターという
紹介文をうまく書き上げなければ
お金にはならないのも難しい部分です。

成功すれば儲けも多いですが、
難易度も高めなのが

この「ネットで情報を売る」
インターネットビジネス副業の特徴です。

以上、まずは基本編を紹介しました。

ネットで稼ぐための応用技も
このサイトでは紹介していきますが、
まずはこの流れを理解しましょう。

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法