スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

良い眠りと開運の為の寝具、運気を良くする寝室の特徴と作り方

      2017/12/28

良い眠りと開運の為の寝具、運気を良くする寝室の特徴と作り方
今回のテーマは、

良い眠りと開運の為の寝具、
運気を良くする寝室の特徴と作り方

について紹介します。

運の良くなる家作り、、家の中で
玄関の次に大切なのが寝室です。

寝室と言うのは眠る場所、

良い眠りと言うのは良い運を呼び込みます。

良い眠りが出来ない状況だと、、、

当然一日の疲れはとれないわけですし、
財運も健康運も失ってしまうのです。

なので運の良くなる
寝具選び、寝室作りは重要です。

寝室を作る上で大切なのが、

睡眠中の体や精神は無防備であり、
環境からの影響を受けやすいと言う事です。

意識を通じてではなく
無意識に直接影響するのです。

つまり、

寝室が乱れていれば、
乱れた悪い情報が精神に入り込むのです。

また風水的に考えると、

寝室と言うのは、心臓・血管の
循環系との密接な関係もあります。

寝室の環境が悪いと不眠になり、
体力・気力の低下、ストレスの
蓄積だけでなく、

心臓病の恐れまで出てくると言う事です。

なので、注意が必要です。

逆に快眠できる運の良い寝室作りが出来ると、
それだけで運も良くなります。

まず寝室も、玄関と同じく、

寝室の運気を高めるために
もちろん基本は片付けと掃除です。

その上で、以下に紹介するいくつかの
運気を良くするテクニックを加えてみて下さい。

運気をよくする寝室の特徴と作り方

それではこれからいくつか、
寝室に手を加えて運を良くしていく
方法を紹介していきます。

○照明は蛍光灯を避ける。
寝る時は部屋を真っ暗にする。

照明は控えめに、色は蛍光灯のような
寒々しい色は避けましょう。

温かみのある電球色が良いですね。

特に眠りに入る入眠環境として
蛍光灯はよろしくありません。

間接照明を多く取り入れると
安れげる雰囲気になります。

また寝るときは、すべての照明を消し、
部屋を真っ暗にすることで、質の良い
深い睡眠を得ることが出来ます。

○寝具は落ち着ける色を選ぶ。

寝具やカーテンなどの色使いを
気にすると良いですね。

色には周波数があり、周波数の高い色
例えば赤などは活発的な色です。

なので寝室には向きません。

薄い紫、青、緑、茶色など
落ち着ける色が良いでしょう。

○鏡は寝る前に布で隠す

鏡と言うのは、気を反射する作用があります。

寝室におくと、気が活発化して
落ち着かず寝つきが悪くなります。

寝室に鏡がある場合など、
寝る際は布で隠すと良いでしょう。

○テレビやパソコンなどはベッドから遠ざける

テレビやパソコンなどの電気機器は
電磁波を発生させます。

これは脳に影響を与えるので
ベッドからは遠ざけると良いでしょう。

寝室のテレビは不眠や精神の
不安定さをもたらすとも言われます。

快眠をもたらす開運寝室の風水

○玄関と寝室はなるべく離す

玄関と言うのは、動きが多いので
「陽」「動」の場と言われます。

逆に寝室と言うのは、
静かに横になるといった、

「陰」「静」の場です。

なので家の中でいくつかの部屋から
寝室を選べるという場合、

玄関からなるべく離れた位置を
選ぶのがベストです。

また騒音やヘッドライトの明かりが
入ってくる道路からもできるだけ
離れた方が良いでしょう。

○暗いイメージの置物、小物を置かない

暗い「気」のエネルギーを
受けてしまうような暗いイメージの
置物を寝室には置かないほうが良いです。

○広すぎない部屋を選ぶ

寝室はあまり広い部屋でない方が良いです。

広い部屋と言うのは脳にとって
落ち着かない傾向があります。

私たちは室内が自分の気で満たされて
いないと不安感が増してくるものです。

程良い広さの方が自分の気が満たされるので、
安らかに眠ることが出来ます。

○窓の近く、梁の近くは避ける事

窓の近くにベッドがあると、

温度差が発生して自律神経が
興奮してしまいます。

なので壁際が最適でしょう。

また梁の真下と言うのも圧迫感を
受けるので避ける方が良いでしょう。

寝室の運気を良くするメリット

良い眠りと開運の為に
寝具や寝室にこだわる事、

寝室の運気を良くすると、
さらに素晴らしい効果があるのですが、

寝室の運気が悪いと
なかなか寝付けなくて寝不足になり、

ダルイ身体と脳のまま仕事をしたり
休日をゴロゴロ無駄に過ごしたり、

睡眠の質が低下すると、
人生の質まで低下してしまいます。

しかし寝室の運気を上げる事で

良い眠りで熟睡が出来るようになり、
気持ちのいい朝で目覚めることができます。


すっきりとした目覚めは気分を
リフレッシュさせ運気もパワーアップします。

さらに習慣にしてほしいのが、
朝、起きたらまず窓をあけて換気をする事、

朝一番に新しい空気を部屋にいれることは、
新しい気のエネルギーを部屋の中に
循環させる事が出来ます。

さらに朝の太陽の光を浴びることは、
運気を上げるだけでなく、

健康の面でも、セロトニンレベルを上げるなど
すっきり爽やかに一日を過ごす事が出来ます。

寝ている間に運気を補充する

もちろん生理学的に見ても、

人生のクオリティは活動面だけでなく
睡眠の充電期間が重要なのですが、

風水は別名「寝床学(しんしょうがく)」
とも呼ばれ、

寝ている環境が運気に
大きな影響を与えるとされています。

人は寝ている間に運気を補充します。

当然寝室の空気も運気と共に
体に吸収されるのです。

現在の寝室、寝具の環境があなたの
運気を左右すると言っても過言ではなく、

寝室環境を整えるのは重要です。

寝る時間は人間の人生の時間の
3分の一ほどを占める重要な時間です。

寝室に何の障害もなく、
ぐっすりと眠れる環境であれば、

翌日の活動も精力的になれます。

また休息が十分に取れていないと、
精神面も不安定になってしまう恐れがあります。

良い眠りを取れるよう
これらの特徴や作り方を参考に
しっかりと整えていきましょう。

以上、開運のための寝室作りのコツを
いくつか紹介しましたが、

出来る所から実践してみて下さいね。

 - 運気を味方に付ける成功法則