スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

不要な家電など廃品回収の副業は不思議な仕事…稼ぐ仕組み

      2017/08/04

不要な家電など廃品回収の副業は不思議な仕事…稼ぐ仕組み
今回のテーマは、

不要な家電など廃品回収の
副業は不思議な仕事…稼ぐ仕組み

について紹介します。

安く仕入れて高く売る

これは確かに商売の鉄則ですが、

その目利きにはやはり
スキルがいるものです。

例えば、
最近住宅街でやたらと見かける
中古家電やバイクの回収トラック、

廃品回収の仕事と言えば昔は

「不要になった古新聞、古雑誌~」

というのが定番でしたが今では

「カラーテレビ、ビデオデッキ、パソコン、
ミニコンポ、オートバイなど…」

と移り変わり、

「写らなくても、動かなくても構いません」

と続くのが不思議ですね。

一体どうやって儲けを
出しているのでしょうか。

古い家電の儲けのカラクリ

古本であれば、

古本屋に持っていけば
もちろんお金になります。

この辺りはリサイクルショップを
使えばどんなものでもある程度
お金になるものです。

が、それもめんどくさいし使わない、
という場合は捨ててしまう人もいます。

ただ家電は少し話が違います。

家電リサイクル法の施行以来、
不要になった家電を廃棄するのでも
結構なお金がかかるようになったため、

消費者側から言えば、

「無料で引き取ってくれるなら願ってもない」

という訳ですが、

一体引き取る側からすれば、
果たして儲かるのでしょうか。。

もしかしてヤバい仕事なのでは?…

という思いも生まれますが、
ここでその真相を探ってみましょう。

使えそうなものは海外に送られる

調査して見ると、

テレビや電化製品などは
あまり古いものは引き取ってもらえず、

中古として売れそうなものを
選別しているのです。

そしてさらに引き取ったものは、
本部に持ち込んで買い取ってもらい

そこから東南アジアや中東、アフリカ
などに輸出されるそうです。

つまりこれもやはり転売目的で
商品を仕入れているわけです。

日本製の家電メーカー製品は
世界中で人気だそうで、

壊れたものでも現地で修理するので
かなりニーズはあるそうです。

廃品回収で働く人の
収入は平日は別として、

土日であれば1日3万円になるそうで、
なかなかのものです。

本業としてなら辛いものがあっても
サラリーマンの副業なら良い仕事でしょう。

時間と場所を選ばない、
といのは副業のポイントです。

頑張り次第で報酬は高まる

この仕事の求人も
バイト情報誌で簡単に見つかります。

「中古家電・バイク引き取りスタッフ」

で探してみましょう。

ギャラは完全出来高制で

「月収30万円以上可能」
「頑張り次第で月収50万円も可能」
など威勢がよいですね。

またギャラだけでなく、
注目すべきは勤務時間帯で、

「都合のよい時間帯、曜日でOK、
土日のみの副業歓迎」

となっているところが多いです。

ただしこれだけでなく、
車のリース代も取られるらしく、

これが1日1000円なのが
辛い所ですね。

また最近では警察がうるさく、
古物商の免許は必要だそうです。

古物商とスキルが必要な仕事

ちなみに古物商は
地元の警察署に申請すれば
誰でも取れますが、

費用は3万くらいかかります。

土日のみの仕事で、
1日3万稼げるのであれば

その程度の費用と手間は
なんでもないですが、

廃品回収の仕事は、
回る地域や流し方などにも
色々とノウハウがあるらしく、

やってみたものの
全然稼げないと言う事もある、

ハイリスクハイリターンの副業と言えます。

この辺りはやはりスキル
目利きの熟練度が必要、

つまり技術を必要とする副業です。

時給換算でお金が欲しい人は
別のものを選んだ方が良いのです。

これを踏まえた上で、

そのあたりのリスクを覚悟の上、
求人を探したり、

自宅に入ってきた
「廃家電、無料で回収」という
チラシの連絡先に電話してアプローチしてみましょう。

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法