スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

早朝の副業、始業前の仕事はサラリーマンにとって理想の時間帯

      2017/08/06

早朝の副業、始業前の仕事はサラリーマンにとって理想の時間帯
今回のテーマは、

早朝の副業、始業前の仕事は
サラリーマンにとって理想の時間帯

について紹介します。

本業があってなかなか
時間の自由が利かない、

サラリーマンにとっての
理想的な副業の時間帯はいつでしょう?

「平日は急な残業もあるし、
平日深夜と土曜の昼間かな」

というのがよくある答えですが、

実は早朝というのは理想なのです。

皆が働き出す前に働いておく、

同じ副業に取り組む…

と言ってもちょっとした意識の
違いだけで結果が出たりします。

ちょっとした工夫をできる人が、
成果を出せる人なのです。

スポンサーリンク

隙間時間に詰め込むのは…

平日の夜間から深夜までなら、
当然それだけ睡眠時間が削られ、

翌日、疲れが取れなかったりして、
本業にしわ寄せがいきがちです。

土日のというのもせっかくの休みを
丸々潰してしまうのはきついですね。

家族の時間、プライベートの時間が
ゼロではストレスも溜まります。

どちらも一カ月くらいの
短期アルバイトならば問題ないでしょうが、

長期のレギュラーでやる
アルバイト副業ならちょっと大変です。

やはり人間の体は休みを
必要としているものだからです。

そこで、レギュラーバイトとしての副業の
理想的な時間は早朝となるのです。

早起きは三文の徳

その理由としては、まず第一に
スケジューリングがしやすい点です。

出勤前の時間は誰でも
完全なオフの時間ですね。

通勤途中の時間を使って副業で
ひと稼ぎすれば、

電車もガラガラでゆったり座って通えますし、

何より体力的にまだ
疲労感がないので、

仕事前に軽く体を動かして
一汗かくラジオ体操感覚で
健康にもメリットがあるのです。

それでいて、
アフター5と土日は完全休養なので、

無理なスケジューリングで
身体を壊す心配もありません。

早起きは三文の徳と言いますが、
まさに絶好の稼ぎどきなのです。

人がやらない所に目をつける

早朝の2,3時間に出来る
都合の良い副業はたくさんあります。

ビジネスモデル型の
自分でやる副業は当然のこと、

勉強やスキル磨きであっても
ステップアップの良い時間です。

労働型のバイトもたくさんあります。

例えば、

ビル清掃の仕事、

よく探してみると、
通常の9時から5時の勤務以外にも

夜間や早朝の2~3時間単位の募集もあり、

オフィス街では
人の集まる前の「6~8時」
という募集も良くあります。

これなら出勤前のひと稼ぎに
ぴったりで、通勤も楽チンです。

ビス清掃の仕事で言えば、

本格的な床ワックス清掃
(土日や夜間に多い)はなしで、

フロアのごみ回収と掃除機かけなど
簡単な業務であることが多いです。

ちょっと時間をずらすだけで
美味しい副業は見つかるのです。

しかも短期間で早朝では、

できる人は限られているため、
時給は1500円と抜群に
条件がいいところもあります。

朝はゴールデンタイム

2時間で一日3000円、
週五勤務なら月収で6万円になります。

また体力に多少自信がある人は、
宅配便の配送センターで

忙しい時期だけ
荷物の仕分けスタッフとして

二週間~1カ月程度の短期で
早朝出勤するという仕事もあります。

7月と12月という繁忙期だと、

朝5時から3時間程度の募集があり、
時給は最高1300円程度です。

ビル清掃よりも格段に募集が多いため、
ありや付きやすい仕事でもあります。

またこの手の副業は、
年齢制限が緩やかなので、

将来年をとっても
続けられるのが魅力の一つです。

クタクタになるまで深夜働く、
というのは心にも体にも負担があります。

であれば、少し早めに起きて
朝に仕事をした方が良いのです。

どれだけ美味しい副業があっても、
ありつけなかったら絵に描いた餅です。

こう言った確実に稼げる
仕事をしておくと、

いざという時に絶大な威力を発揮します。

早朝の副業、始業前の仕事は
サラリーマンにとって理想の時間帯です。

ぜひこの時間を無駄にしないよう、
生産性を高めて行きましょう。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法