スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

フリーター、非正社員のための副業スタイルは仕事の掛け持ち

      2016/10/15

仕事を掛け持ちする副業スタイルにおいて、
フリーターや非正社員の人は、

少し考え方が違います。

オイシイ副業スタイルというのは、

給料は安いながらも
安定した本業があることが大前提です。

本業に副業という
+αが加わるからこそ「オイシイ」と言えるのであり、

不安定なバイトを複数掛け持ちしても、
生活はあまり豊かにはなりません。

なぜなら第一に、バイトでは社会保険に
加入できない事が多いからです。

スポンサーリンク

社会保険なしという事は、
健康保険や年金などは全額自己負担。

この負担がかなりバカにならないのです。

またアルバイトでは、

業績が悪化すると
簡単にクビを切られますが、

失業しても失業保険が
一円ももらえないのが痛いですね。

その点、正社員はどうかと言えば、

社会保険料の半額を
会社が負担してくれるばかりか、

そう簡単にリストラにもなりません。

万が一失業したら、
雇用保険が最低でも給料の
5割を90日間保証してくれるのです。

収入面で、フリーターや非正社員では、

きっかり働いた時間×日数分しか
給料をもらえないのに対して、

正社員ならば

勤務日数にかかわらず
毎月決まった月給が支給されるのも大きいです。

さらに決定的なのはボーナスで、

最近ではあまり期待できなくなったとはいえ、

正社員なら年に二回、
給料とは別に何カ月分も支給されるので、

これがあるとないとでは大違いですね。

なのでフリーターさんや非正社員さんは
安定した仕事をゲットするのが先決ですが、、

今の時代、正社員になるのは
以前のように簡単ではないのが悩みですね。

なのでここで、フリーターの人へ
アドバイスできる事は、

バイトでも良いからとりあえず
社会保険に加入できるクチに
ありつくことが安定収入の道でしょう。

ちなみに、
健康保険と厚生年金は

労働時間が一般社員(正社員)の
4分の3以上の契約で働いていれば
加入できます。

正社員が週40時間勤務ならば、
週30時間以上勤務でOKです。

また雇用保険も、
週30時間以上勤務すると
正社員と同じ一般被保険者として加入できます。

また、週30時間以上勤務でも
雇用保険に加入できますが、

その場合、短時間労働日保険者となり、
受給面で不利なので注意して下さい。

いずれにせよ、
加入条件を満たしていても、

現実には、
会社が加入手続きをしてくれなければ、
まったく意味がありません。

なので社会保険なしにバイトをしている人は、
社会保険ありの仕事を探して、

そこでまずは安定収入を
しっかりと確保して見てはいかがでしょう。

それから美味しい副業生活が始まるのです。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法