スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

週末農業はサラリーマンでも二足のわらじ可能な副業、仕組み

      2017/08/17

週末農業はサラリーマンでも二足のわらじ可能な副業、仕組み
今回のテーマは、

週末農業はサラリーマンでも
二足のわらじ可能な副業、仕組み

について紹介します。

都会でサラリーマンとして
働いていると、

衣食住すべてが自然と
接する機会がなくなります。

ここで副業でなんとか
自然を取り入れると言うのは
良いアイデアではないでしょうか。

最近、注目度の高い農業ですが、

その影響もあってか副業の世界でも
週末農業を始める人が増えています。

もともと「兼業農家」という言葉があるくらい、

農業には二足のわらじには適しています。

農家は儲かる仕事?

かつては、
農業では食べられないから・・
農業後継者の座を捨ててサラリーマンへ

というのが普通だったこの流れも、
最近では変化をしつつあり、

サラリーマンが農家を目指したり、
二足のわらじで兼業する人が増えています。

最近では食べられる
農家も多くなっており、

年収1000万円を超す
農家も増えているそうです。

もちろん工夫と努力次第でしょうが、

そこで副業としての農業も
注目なのですが、

ただし、新規参入には
それなりの工夫も必要です。

またお金を稼ぐ…という点から
みると、成功例は案外少なく、

普通より一層の
創意工夫などが求められます。

そこでここでは、
サラリーマンでもできる
副業としての週末農業の

魅力や可能性、注意点など紹介しましょう。

副業農業の作業はどれくらい?

専業と違い農業を副業でやるならば、
それほど作業的に手間はかかりません。

畑に出るのは月に2~3回程度です。

週末に二日通うだけでも、
100坪くらいの農業は行えるのです。

お米ならば、
田植えさえしてしまえば、
後は3回くらい田んぼに行けばよいですし、

田植えと収穫以外に
草取りに行くくらいです、

や雑草が増えても、
専業ではないのでほどほどで妥協します。

「儲ける」と言う観点だけで
行けば確かにハードルは高いですが、

そこそこで良い、ただ週末くらい
自然の中で汗をかきたい…

と言うリフレッシュ気分であれば
メリットが多い仕事です。

週末農業で収入を得るには

週末農業で気をつけたい所は、
販路の確保が難しい所です。

地元の農協に参加して出荷する
にしても農協は市販されている
価格の2分の1から3分の1くらい
でしか買ってもらえません。

コスト面で考えると、
儲けを出すのは難しいですが、

自宅のガレージを利用して
ガレージセールで直販するなど
工夫をしている人もいます。

有機無農薬の野菜は人気が高いので、
そういったアピールをすれば
良い売り上げになります。

あるいは珍しい食べ物
などを栽培するのもいいでしょう。

ハーブや漢方の材料になる
特殊なものを育ててもいいです。

通販などで取り寄せてくれる
ファンなどがつけばしっかり
利益も出せるでしょう。

副業農業で収入を増やす工夫

ただ農作物を作って売る以外に
工夫の余地もあるのです。

サラリーマンが農業をしたい

と言う理由はやはり
時々自然と触れてリフレッシュしたい
と言う思いがあると思います。

つまり同じ気持ちを
抱えている人が多いと言うこと、

農業体験をしてもらう事で
収益を上げる事も出来ます。

例えばジャガイモ掘り体験で

体験料で1000円もらえば
100人来れば10万円になります。

小学生とお母さんのグループが
ジャガイモ掘り体験に来て、

満足してジャガイモのお土産を
持って帰っていただく事も出来ます。

そういったビジネスモデルを
広げて行くのも興味深いですね。

また農業には「農閑期」がありますが、

その時期には土地に生ずる
雑木や草類を加工して
民芸品を作りだす方法もあります。

木の皿、竹細工、麦わら帽子や
ペンダントなど、

手作り教室を開いたり、
民芸品店などで売ってもらえる
かもしれません。

また興味深い話では

「紅葉した葉」というのが全国各地の
料亭で高値で売られているそうです。

山へ行くと秋には紅葉した
葉を山成しますが、

これは和食など
高級料理の色どりに欠かせません。

そこで山に出かけ
紅葉した葉を拾って売って、

相当の収入を上げている人もいるそうです。

週末農業に向いている人

自分の適性を見極める

と言うことが重要です。

作業がリフレッシュにならず
ストレスになるならば、

副業はやめたほうがいいです。

週末農業に向いている人は、

食への関心が強い人、
アウトドア生活が好きな人、
自然が好きな人

こういった人は向いていると言えます。

もしきっかけがあって、
実際に農業体験をしてみて

「おお、農業って意外と面白いな」

と感じる人はチャレンジ
してみると良いでしょう。

市民農園などを覗いてみても
良いかもしれません。

週末農業でも、かなり本格的な
野菜作りができますし、

家族や子供たちと体験すれば
家族の絆も強まるかもしれません。

子供達の学びの機会にもなります。

野菜を作って食べる楽しみの他にも、

自然の中で自己解放ができ、
心の安らぎを得ることができ、
感性が豊かになり、

同じ趣味の友人も作れます。

そういったメリットがあるので、
興味がある人はぜひ

週末農業を体験して見ると良いでしょう。

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法