スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

介護が必要な人を支援する副業ホームヘルパーの仕事と特徴

      2016/10/14

介護が必要な人を支援する副業ホームヘルパーの仕事と特徴
今回のテーマは、

介護が必要な人を支援する副業
ホームヘルパーの仕事と特徴

について紹介します。

介護保険法の施行や
高齢化を背景として、

介護ビジネスに注目が集まっています。

その中でも最も身近に副業できる仕事が
ホームヘルパーです。

ホームヘルパーというのは、
ケアマネージャーや家族らが作成した
ケアプランに従って、

日常生活の支援や
身体介護を行います。

時給は仕事により幅があります。

調理、選択、清掃、買い物など
「生活支援」として分類される業務は

時給800から1200円程度です。

食事や入浴、排泄の介助、
身体の清拭など、

身体介護に分類される業務は
時給1200~1800円程度です。

スポンサーリンク

週末のどちらかを
一日フルに働いた場合、
月収は数万円になりますが、

収入としては一般の派遣業務と
同程度になります。

もっとも、福祉の仕事は、
単なる副収入の手段としてだけでなく、

人の役に立てると言う
やりがいの面も大きいはずです。

また、将来家族が介護が
必要になった場合にも、

実経験があれば安心です。

ホームヘルパーの仕事を得るのには、
まずホームヘルパー二級の資格を取得します。

なお、正確には
ホームヘルパーは国家資格ではありません。

厚生労働省が定めた
研修カリキュラムの修了を証明するものです。

ただ一般に資格と呼ばれる事が多く、
ここではそれにならっています。

ホームヘルパーは
三級から一級まで三つのレベルがあります。

三級は50時間の研修で
修了認定がもらえますが、

求人上はあまり価値がありません。

二級が最も一般的で、
これを条件とする求人がほとんどです。

研修時間は130時間です。

一級は、二級を修了し、
一年以上の実務経験がある人でないと
受講できません。

ホームヘルパーの養成研修講座は
自治体などの公的機関が行うものと、

介護を専門とする民間企業が
行うものとがあります。

前者は受講料が実費程度と定額ですが、
その分人気がありなかなか受講できません。

市町村や管掌地区の社会福祉協議会
などに問い合わせると良いでしょう。

課目を設けている職業訓練校もあります。

一方、後者の民間研修の場合は
八万円前後の受講料がかかります。

ただし、ビジネスパーソンの場合は、
雇用保険による「教育訓練給付制度」によって、

受講料の40%(限度額20万円)が戻ってきます。

受講先の講座が制度の対象と
なっているか確認しましょう。

給付金制度の詳細は
ハローワークに問い合わせてください。

ホームヘルパーの仕事を得るには、

研修(講義と実技)を修了して
晴れて認定を得たら、

公的機関、民間の介護会社、
老人ホームの施設、
介護を主体とするNPOなど

求人を探して登録します。

NPOやボランティア団体の場合は、
報酬が支払わないことがあります。

ヘルパーの仕事は一般の
アルバイト情報誌にも掲載されています。

副業でホームヘルパーをするには、

平日夜間か週末のいずれかが
主体になりますから、

本業に無理のない範囲で
勤務シフトを調整して下さい。

起床介助や就寝前準備など、
特定の行為だけを平日の夜間
或いは早朝に行う

巡回型サービス介護もあります。

<内容>

介護保険制度の範囲内で
要介護者に「生活支援」または
「身体介護」を行う。

<収入>

生活支援:
時給800~1200円

身体介護:
時給1200~1800円

<条件>

ホームヘルパー2級の認定を
受けていることが望ましい

<探し方>

福祉関連の公的機関を探すか、
介護専門会社や関連NPOに登録する。

派遣、アルバイト情報からも
求職は可能です。

<注意点>

他人の家に上がりこむことからも
マナーはシビアに、

ヘルパーがやってはいけない
事も決められています。

以上、副業カタログ
「ホームヘルパー」の仕事

介護保険制度のもとで要介護者を
支援する副業について参考にしてください。

スポンサーリンク

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法