スピリチュアルと脳の成功法則〜人生好転のテクニックの数々〜

最先端の脳科学から古代オカルトまで..「科学」と「非科学」を融合した成功法則

文章を書くのが好きならライター、作家として副業、仕事する

      2017/08/18

文章を書くのが好きならライター、作家として副業、仕事する
今回のテーマは、

文章を書くのが好きならライター、
作家として副業、仕事する

について紹介します。

考えるのに必要なのは脳だけです。

つまりそれが仕事になれば、

いつでもどこでも稼ぐことができます。

もちろん書くとなれば、
紙やペン、パソコン入りますが、

インプットとアウトプットの
スキルが高まればそれだけ、

情報化社会では価値になるのです。

雑誌の記事やウェブサイトの記事を書くのが
ライター/作家の仕事です。

メルマガの代行執筆も増えています。

この副業で求められる
スキルの一つが専門性です。

技術的なバックグランドがあり、
実務に根差した内容を的確に
まとめる力が必要です。

ライティングは特殊技能

フリーのライターならば
平日も自由に動けるため
取材もこなせますが、

副業では時間の制約で
取材は困難です。

したがって取材の必要がない
記事の執筆が中心となり、

その意味でも本業や趣味で培った
誰にも負けない専門性が必要になるのです。

興味深い、他人に読んでもられる
文章を書けなければ仕事にはなりません。

もう一つは企画力です。

読者の興味を惹きそうな
コンテンツを提案できる
発想力が求められます。

仕事を得る方法は、
出版社の知り合いに当たるのが最短です。

ライターを募集している
専門誌もあるので、

雑誌の奥付などをチェックしましょう。

ウェブライターであれば、
それを募集するポータルサイト
などがあるのでチェックしましょう。

報酬はピンからキリまでですが、

最初に実力が認められるまでは
安く請け負うのが基本です。

匿名でできるのがライター

また単行本の出版に
チャレンジしたい人は
作家を目指すのも良いですね。

ペンネームで出版すれば、
副業でも周りにバレずに、
印税を得ることができます。

企画書を書いて
出版社に売り込むのが正攻法ですが、

競争が厳しい世界でもあり、
無名の作家の場合はなかなか
取り上げてもらえません。

そういう場合は、
ライターや作家と出版社とを
結び付ける仕組みを利用すると良いでしょう。

もちろん文章力や企画力がある
と言う前提ですが、

出版の戦略セミナーなどに出れば、
可能性は高くなるでしょう。

「東京ライターズバンク」や
「企画のたまご屋さん」を通じて
多くの人が単行本の出版を果たしています。

しっかり自分を売り込めれば
大きなチャンスが広がります。

ライター、作家としての副業の特徴

<内容>

雑誌、ウェブサイトなどの記事を執筆する、

または単行本を出す、

いわゆる物書きの仕事、

<収入>

雑誌でページ1~2万円、
単行本で初版印税数十万円

<条件>

企画力と人間性が求められる、
自分を売り込む営業力も必要

<探し方>

出版社の知り合いを当たる、
出版社に売り込む、
東京ライターズバンクなどを利用する、
雑誌の奥付をチェックする、

<注意点>

出版不況の影響もあり、
売れる企画をすぐ書けるライターや
作家が求められている

以上、副業カタログ
「ライター/作家」の仕事、

専門性を活かして物書きになる、
企画力が求められる副業
について参考にしてください。

 - 副業の天才になり"リッチ"になる方法